力士予想

■対象は幕内力士
p10角界ピラミッド大相撲星取クイズは、言ってみれば、活躍する力士の予想くらべです。対象となるのは幕内力士のみ。番付の最高位が横綱で、そこから上位42人が幕内力士です。右図は相撲界の番付(階級)を表したもので、青い部分が幕内です。
この42人の幕内力士の中から、まず活躍しそうな力士9人を選びます。ただし横綱・大関からはたった1人しか選べないのでご注意ください。クイズは諸々の都合上、予想番付にしたがって行われます。予想番付は実際の(日本相撲協会が発表した)本番付と多少違っている場合もあります。実際には十両の力士が、予想番付で幕内力士になっていたら、その十両力士も選ぶことができます。


■先発9力士を選ぶ
各力士には「持ち点」が与えられます。9~2点枠に選べるのは三役(関脇と小結)と平幕の力士で、1つの点数枠に1人ずつ選んでください。
1点枠に選べるのは横綱か大関に限られます。横綱や大関はいずれ劣らぬ強豪ですが、優勝してくれそうな最も強そうな力士を1人選んでください。これで「先発メンバー」は完了。彼らが勝つたびに、その持ち点が得点されます。


補欠3力士を選ぶ
選んだ力士が休場した場合には、別な力士が補充されます。補欠力士は3人まで選んでおくことができます。三役と平幕からは2人、横綱と大関からは1人です。
三役と平幕から選んだ2人の補欠力士には、補充の優先順に1、0と申込用紙に記入してください。横綱と大関から選んだ補欠力士には0と記入してください。
補欠力士を選ばず、運を天に任せることもできます。その場合、東前頭1枚目以下の力士で「先発メンバー」に入っていない力士を、上から順に2人が補欠になります。西は東より格下なので、東前頭1枚目、西前1、東前2、西前2、東前3…の順で未登録力士が補充されます。横綱・大関の補欠は、「先発メンバー」に入っていない番付最下位の大関が補欠になります。


■申込用紙への記入例
p10b2

この申込用紙を提出した人の「先発メンバー」は、
 9点枠 旭天鵬  
 8点枠 照ノ富士 
 7点枠 千代丸  
 6点枠 高 安  
 5点枠 豪 風  
 4点枠 誉富士  
 3点枠 豊 響  
 2点枠 佐田の富士
 1点枠 白 鵬  
の9人です。

補欠は、
 関脇以下の欄から 
 遠 藤(第一候補) 
 時天空(第二候補) 
 横綱・大関欄から  
 鶴 竜      
の計3人です。