その他

■力士登録の不備
・持ち点が1つ書き忘れてあれば、補欠の第1候補にその持ち点を充当します。
・持ち点が2つ以上書き忘れてあれば、持ち点の大きいほうから順に補欠の第1候補、第2候補を充当します。3番目以降は、休場処理と同様に東前頭筆頭以下の未登録力士を充当します。
・持ち点が全く書かれていなければ(白紙)クイズへの参加自体が無効になります。
・同じ持ち点が2つ書いてある場合は番付の高いほうを有効とします。
・横綱や大関に9~2持ち点を記入していたり、0~9以外の数字その他の文字が書かれている場合はそれを無視し、無記入の状態と同様に処理します。


■記入の不備
・提出された申込用紙は自動読み取り機によって登録されます。よって機械の誤読を避けるために以下の事項に注意してください。
・申込用紙を折り曲げたり汚したりしない。
・書き直しができるように必ずエンピツで記入する。
・エンピツの色は黒、濃さはHB以上のものを使う。
・文字が飛んだりかすれたりするので、ボールペンやサインペンは使わない。
・修正液の使用は禁じます。
・機械が判読できなかった文字は、人が見て再度チェックします。人でも判読できない文字は無記入と同様に扱います。
・1と7、2と3、6と8、0と9などは誤読しがちなので、特に丁寧に記入してください。


■異議の申し立て
・全体成績は4日目、個人成績は5日目から発表されます。所属の道場か直接小社にお問い合せください。
・ご自分の計算結果と成績発表が異なる場合は、小社に対して異議申し立てをすることができます。
・異議申し立ては中日の午前中まで受け付けます。それ以降はいかなる理由があっても受付しかねますのでご注意下さい。
・異議申し立てにより力士の誤登録などが判明した場合は、中日(8日目)の成績から正規に修正されて発表されます。