春場所 14日目

朝乃山

大相撲春場所(大阪府立体育会館)で関脇朝乃山(26=高砂)の大関取りが現実味を帯びてきた。
12日目(19日)は幕内隆の勝(25=千賀ノ浦)を押し倒して10勝目(2敗)。
大関昇進は三役(関脇・小結)の地位で「3場所合計33勝以上」が一応の目安とされ、今場所の朝乃山の場合は12勝が必要。
ただ、平成以降で「32勝」で昇進したケースも3例ある。
元横綱稀勢の里(33)の荒磯親方も、そのうちの一人。
荒磯親方は解説を務めたNHKの大相撲中継の中で、朝乃山の33勝未満での大関昇進の是非を問われると「大関のような相撲。僕はそれでもいいのかなと思います」と見解を述べた。
あくまでも昇進の可否は審判部が判断することとはいえ、親方衆の間でも朝乃山は高い評価で一致している。
日本相撲協会の八角理事長(56=元横綱北勝海)も「ここ1年ぐらい、ずっと2桁(白星)。(昨年5月の夏場所で)優勝してから自信をつけた」と安定感を評価している。
大関の地位に“空席”があることも追い風だ。
大相撲の番付では東西に大関、関脇、小結の三役は欠かせない。
今場所は貴景勝(23=千賀ノ浦)が38年ぶりの一人大関となり、横綱鶴竜(34=井筒)が不在となった西大関を兼任している。
しかし、大関の力士が東西に並び立つのが本来の形。
残り3日間の内容次第では「33勝」に到達しなくても、昇進の機運が一気に高まる可能性がある。
朝乃山は「一日一番、自分の相撲を取り切るだけ」と目の前の一番に集中する構え。
初の無観客開催となった異例の場所で、看板力士の地位をつかめるか。

御嶽海

大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)13日目の20日、上松町出身で西前頭3枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭7枚目・宝富士(伊勢ケ濱部屋)を寄り切りで下し、10勝目(3敗)を挙げた。
2桁勝利を達成したのは、2度目の優勝を飾った昨年9月の秋場所以来だ。
相手得意の左四つを許すまいと、右を固めて頭から当たった。
左を浅く差し、右からのおっつけで宝富士の差し手を封じると、そのまま膠着状態に。
じっくりと勝機をうかがう御嶽海との我慢比べに根負けした相手の引きに乗じて足を運び、2本差して寄り切った。
県相撲連盟選手強化副部長の中村協和さん(73)=木曽町福島=は「前に出る押し相撲が取れている」と今場所の御嶽海の相撲を評価する一方で「立ち合いの迫力は不足している。まだまだ本来の相撲ではない」と、175キロ程で推移する体重の影響を指摘する。
3場所ぶりの2桁勝利を喜びながら「残り2日間は来場所につながる相撲を。頑張ってほしい」とエールを送った。
白鵬、鶴竜、碧山が2敗でトップに並ぶ。
御嶽海は14日目の21日、朝乃山と共に3敗を守る東前頭9枚目・隆の勝(千賀ノ浦部屋)との初顔・相星対決に挑む。

千代丸

協会員に1人でも新型コロナウイルス感染者が出た場合は中止──そんな条件のもと無観客で始まった大相撲春場所。
力士らには所属部屋で朝晩2度の検温を義務づけ、37.5度以上の発熱が2日続けば休場となり、容態によってはPCR検査を受診させるとしていた。
そんな状況下で「高熱力士」が出るたびに、相撲協会は右往左往の対応を迫られた。
相撲協会に“最初の危機”が訪れたのは初日(3月8日)の夜だった。
序二段の力士に40度近い熱が出た。
2日目に休場が判明したことで報道陣に注目されたが、親方がインフルエンザの検査を受けさせたところ陰性。
翌日の朝に36.7度まで下がると、この序二段の力士は5日目から土俵に復帰し、その日に寄り切りで白星を挙げた。
次の危機が訪れたのは6日目(3月13日)の昼頃。
序ノ口の力士の発熱が判明する。
病院では「胃腸風邪」と診断されたが、翌日の朝になっても38度から下がらなかった。
当然、2日連続で発熱したことでPCR検査を受けさせると思われたが、協会は「毎朝の検温を判断材料にしており、(前日の昼に発熱したので)2日連続に該当しない。明朝の検温で(PCR検査を受けさせるか)決める」(鏡山危機管理部長)という判断に。
強引な解釈にも思えるが、この序ノ口の力士もまた翌日(8日目)には平熱に戻った。
9日目から土俵に復帰し、歴代ワーストの89連敗の記録を持つ服部桜に勝利している。
「場所中に風邪を引いたりすると、扁桃腺が弱い力士などは高熱が出ることが少なくない。通常なら大事をとって千秋楽まで休ませる。ところが、今場所は熱を下げては即土俵に戻すという“スピード復帰”が繰り返された。とにかく、新型コロナウイルスではないことをアピールしたかったのではと勘ぐりたくもなる」
そして、最大のピンチがやってきた。幕内力士の千代丸(九重部屋)が40度の発熱で休場したのだ。
7日目(3月14日)の打ち出し後の検温で38.6度。
翌朝は39.7度とさらに上がった。
この時点で8日目の休場届を出したが、やはり「毎朝の検温を基準としているので(PCR検査に)該当しない」との判断。
宿舎2階の個室で隔離されたが、翌16日(9日目)の朝も40度の熱があり、ようやくPCR検査を受けることになった。
「力士の職業病ともいわれる、足の傷口から細菌が入る『蜂窩織炎』の疑いが強かったが、ルール上は新型コロナウイルスを調べるPCR検査をするしかなかった。
検査の結果は陰性。
協会幹部も胸をなでおろす一方で、千代丸もスピード復帰となった。
体温が下がったといっても10日目の朝の時点で37.7度の高熱。
蜂窩織炎は皮膚と皮下組織に細菌が感染し、増殖する急性感染症です。
激しい痛みを伴うことも多い。
にもかかわらず、検査結果が出るとすぐに11日目の取組を決める取組編成会議に間に合うように再出場の手続きをした。
この会議も通常は午前11時からのものが、今場所は午後1時に変更されていた。
審判部に大人数が集まらないようにする感染リスク軽減策のひとつだというが、結果としてアクシデントを予想していたかのような好都合の展開となった」
千代丸は7日目まで5勝2敗と好調で、まだ勝ち越しの可能性が残っていたとはいえ、熱があるなか3日の休みを挟むだけで11日目から異例の早さで土俵に復帰した。
それによって新型コロナウイルス感染の噂をかき消し、協会も中止の危機を回避できた。
綱渡りが続いた無観客場所の“殊勲賞”の候補のひとりだろう。

白鵬-碧山

通常、翌日の取組は前日午前中の取組編成会議で決めることになっている。
ただ昨年から、優勝争いや三賞選考、勝ち越しや負け越しに絡むことなどを考慮し、千秋楽の取組は14日目の全取組終了後に決めることが、ほぼ慣例となっていた。
これを今場所は、14日目の取組もギリギリまで優勝争いを見据え、結果が出た時点で取組を編成することになった。
12日目終了時点で単独トップに立っていた平幕下位の碧山(33=春日野)が敗れ、トップは2敗で3人が並び、1差の3敗に3人がつけるという再び大混戦になった。
この結果を受けて14日目には、結びの一番は想定通りに横綱鶴竜-関脇朝乃山戦が組まれたが、その一番前は横綱白鵬-碧山の2敗対決が組まれた。
番付優先の通常なら白鵬-貴景勝の横綱、大関戦が組まれるが、6勝7敗の貴景勝の不振もあり、優勝争いを優先した格好だ。
千秋楽は白鵬-鶴竜戦の横綱対決が確実に組まれると思われる。
このため貴景勝は、横綱戦2つのうち白鵬戦が今場所、なくなることが確実となった。
審判部の柔軟ともいえる対応に八角理事長(元横綱北勝海)は「いい取組を作るために審判部がね(考えたこと)。
横綱、大関が少ない(3人)ということもある。普通なら横綱、大関陣で優勝争いだから」と、いわゆる「割崩し」に理解を示した。
今場所は史上初の無観客開催となっただけに、最後までより優勝争いを面白く-という意図がかいま見える判断だ。

琴恵光

大相撲春場所13日目、琴恵光の結果です。
延岡市出身で十両5枚目の琴恵光は20日、十両11枚目の翠富士を破り、10勝3敗としました。
十両初優勝を目指して、11勝2敗の琴勝峰を追っています。

錦富士

大相撲春場所は20日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で13日目を行い、東幕下49枚目の錦富士(23)=十和田市出身=が旭蒼天(中川部屋、西22枚目)を送り出して7勝全勝とし、初の幕下優勝を決めた。
本名・小笠原隆聖。十和田市立三本木小、十和田中、青森県立三本木農高を経て近大に進んだが中退し、2016年に角界入り。
同年秋場所が初土俵で、同九州場所の序ノ口、17年初場所の序二段でそれぞれ全勝優勝した。
17年九州場所に幕下へ昇進し、順調に番付を上げたが、19年秋場所で古傷の左肘を痛め、九州場所を休場して西幕下58枚目まで番付を落とした。
再起を懸けた今年初場所で4勝3敗と勝ち越し、今場所に臨んだ。
錦富士は「5連勝したあたりから安治川親方(元関脇安美錦)や翠富士関から『優勝を目指せ』と言われ、一つ一つを積み上げた。
けがをしないような強い体をつくり、師匠(伊勢ケ浜親方=元横綱旭富士)や安治川親方に恩返しがしたい」と語った。

千代大豪

西三段目84枚目の千代大豪(尼崎市出身)は元幕内、宇良(関学大出)との全勝対決で屈し、初優勝はならなかった。
「立ち合いは良かったが(宇良が)思ったより低く入ってきて引いてしまった」。
持ち味の突っ張りを出せず、5秒持たずに土俵を割った。
今場所は首の痛みと付き合いながらの大健闘だった。
「調子はいいが、力を出せない」。
幕下だった昨年夏、首の状態が悪化し、2場所連続で休場。
初場所で復帰しても治療は欠かせず、宇良戦の前日も電気施術とマッサージを受けていた。
新型コロナウイルス感染症の影響で実家に顔を出せず、掲げた目標は「勝ち越して親を喜ばせたい」だった。
手負いの状態ながらも6勝を挙げた22歳。
場所前の誓いを大きく上回り、存在感を示した。

篠原

大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)13日目の21日、富士市出身で西序ノ口22枚目の篠原(18)=本名篠原大河、藤島部屋=が序二段百7枚目の石原に勝ち、7戦全勝で序ノ口優勝を果たした。
この日は立ち合いから得意の突き押しで一気に押し出し。
3日目の2番相撲では、飛龍高校(沼津市)の同級生で高校横綱の実績がある西序ノ口21枚目の颯富士(18)=本名大桑元揮、伊勢ケ浜部屋=にも勝っていた。
「いい相撲が取れた。勝ち越しが目標だったので優勝はうれしい」とうなずいた。
高校2年で右手首を骨折。
3年時の全国高校総体では団体戦メンバーに入ったが、個人戦の出場はかなわなかった。
大学進学や就職を考える中、高校の一年先輩で現幕下の鈴木(19)=本名鈴木優斗、藤島部屋=の助言もあって入門を決意。
「目標は4年で関取になること。優斗さんに追いつき、追い越していきたい」と飛躍を誓った。

春場所14日目

大相撲春場所は14日目、横綱白鵬と平幕の碧山が2敗どうしの対戦、同じく2敗の横綱鶴竜と大関昇進がかかる3敗の関脇朝乃山が対戦します。
観客を入れずに行われている春場所は20日、1敗だった平幕の碧山が敗れ、白鵬と鶴竜の両横綱を加えた3人が2敗で並びました。
この3人を関脇朝乃山といずれも平幕の御嶽海、隆の勝の3人が星の差1つで追っています。
14日目の21日は、白鵬と本来は横綱とは対戦しない番付の前頭13枚目、碧山の2敗どうしの異例の対戦が組まれました。
過去の対戦成績は、白鵬が21勝1敗と圧倒していてまわしをつかんで四つに組むことができれば、横綱の優位は動きません。
20日は、引き技で敗れた碧山は立ち合いから突き押しに徹して距離を取って攻め続け、横綱を慌てさせることができれば勝機も出てきます。
一方、7日目から7連勝し、今場所初めて優勝争いのトップに並んだ鶴竜は3敗に後退した朝乃山との対戦です。
過去の対戦は不戦勝を除いて1勝1敗の五分です。
右四つになりたい朝乃山と、左前まわしを取るか、もろ差しになりたい鶴竜の立ち合いからの攻防に注目です。
大関昇進を目指す朝乃山にとっては、直近3場所の勝ち星の数、さらには昇進への機運を盛り上げる意味でも横綱から白星をあげることが求められます。
このほか、御嶽海と隆の勝の3敗どうしの初顔合わせの対戦は、優勝争いの生き残りをかけた一番となります。

大相撲取組動画

大相撲をもう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆