初場所 千秋楽情報!

貴景勝

貴景勝は朝乃山を攻め切れず、上手を与えて投げを食う痛恨の黒星。
2度目の賜杯獲得が消滅し、負け残りの土俵下では悔し涙をこらえるかのように歯を食いしばった。
白鵬と鶴竜の2横綱が休場した場所。
大関として千秋楽まで優勝の可能性を残せず、「もっと強くならないといけない。負けて得るものもあるが、勝って得るものの方が多い。きょうが大事だった」と自らのふがいなさを責めた。

 

朝乃山

新関脇の朝乃山(25=高砂)が、令和初の天覧相撲で意地の9勝目を挙げた。
優勝争いに絡んでいた大関貴景勝を上手投げで撃破。
3月の春場所での大関とりに向けて足固めとなる10勝に王手をかけた。
優勝争いでトップに立つ、近大相撲部先輩の徳勝龍に刺激を受けながら千秋楽に向かう。
徳勝龍に負けた正代が1差に後退し、貴景勝の優勝は消滅した。
賜杯を抱くことはできなくても、絶対に負けられない一番だった。
馬力のある大関相手に、立ち合いで突き放されて土俵際へ。
体を密着させて何とかこらえて、左上手を取った。
「絶対に離さない」。執念でつかみ続け、土俵際で上手投げ。
次は貴景勝に驚異的な粘りで残られたが、再び上手投げ。
ぎりぎりまで体を残して、貴景勝が先に落ちるのを見届けた。
まさに注目の一番だった。
優勝に向けて後がない貴景勝と、来場所での大関とりに向け2桁勝利が必要な朝乃山。
取組前に八角理事長(元横綱北勝海)は、天皇陛下に「どちらも負けられない一番です」と説明。
熱戦をご覧になった天皇陛下は「いい一番でしたね」とお話しになり、八角理事長は「よく残ったと思います」と話した。
それでも朝乃山本人は「本当は前に出ないといけない。相撲内容は悪かった」と反省した。
先輩の背中を見て発奮する。
優勝争いトップの徳勝龍は、同じ近大出身で7学年上の先輩。
巡業では食事に誘ってもらうなどしてかわいがってもらっているという。
「青木さん(徳勝龍)の相撲を見ていたので」と徳勝龍が勝ったことで、より気合が入っていた。
「ここまで来たら頑張って欲しい」と言いつつも、すぐに「でも優勝したらやっぱり悔しい。いい刺激になる」と引き締めた。
2桁白星に向けて「自分の相撲を取り切るだけです」と欲は出さない。
「本当は優勝争いに入りたかったけど、もたもたして入れなかった。後は来場所につながる相撲を取りきるだけ」と静かに闘志を燃やした。

 

北勝富士

輝を押し出して、東前頭2枚目で自己最多に並ぶ11勝目。
「相手は上体が高いので、下から攻めていった。これも日々の積み重ね」

 

御嶽海

勝ち越しに王手をかけてから3連敗で千秋楽へ。
「負けても自分の相撲を取れればいいんじゃないですか」とぶっきらぼうに。

 

炎鵬

大相撲初場所(東京・両国国技館)で幕内炎鵬(25=宮城野)が“主役級”の大活躍だ。
自己最高位の西前頭5枚目で1大関を含む三役陣4人を撃破。
13日目(24日)には勝ち越しも決めた。
関取最小兵となる身長168センチ、体重99キロの体から繰り出す多彩な技で大きな相手を翻弄。
いまや横綱や大関にも負けない人気を誇っている。
来場所以降も「炎鵬旋風」は続くのか。
炎鵬は小結阿炎(25=錣山)の突っ張りをかいくぐって懐に飛び込むと、相手の左足を両腕で抱えながら鮮やかな足取り。
三役陣と初めて顔を合わせた今場所は1大関、2関脇、1小結を撃破し、白鵬(34=宮城野)と鶴竜(34=陸奥)の両横綱が不在の中、ファンを沸かせている。
強敵揃いの幕内上位での勝ち越しに「自分でも驚いています。今まで(場所の)後半戦で勝てないことが多かった。少し成長できたのかな」と大きな手応えを得た様子。
兄弟子で休場中の白鵬に対しては「いい報告ができる」と喜んだ。
次の春場所(3月8日初日、大阪府立体育会館)では、さらなる番付上昇が確実。
そこで好成績を残せば、新三役の地位も夢ではない。
今後も「炎鵬旋風」は続くのか。
審判部副部長の錦戸親方(57=元関脇水戸泉)は「相手が炎鵬の術中にはまっている。タイミングをずらすのがうまい。体が小さいから、やりにくいだろうね」と好調の要因を分析する。
一方で「あとはケガ。舞の海も小錦に押しつぶされてケガをした」と指摘した。
小兵力士の代表格である舞の海は1996年7月場所で体重が約200キロ重い小錦にのしかかられて左ヒザを大ケガ。
2場所連続で休場し、それ以降は番付も下降線をたどった。
今場所の炎鵬も取組後の支度部屋では首から背中にかけて入念にアイシングを施すなど、体が悲鳴を上げつつある。
大型力士との激闘が続けば、故障のリスクが高まるのは小兵の宿命。
幕内屈指の人気者の今後はそんな宿命との闘いにかかっている。

 

琴奨菊

幕内700勝。
区切りの白星で幕内残留も確実にし、「すごいことだよね。これからの頑張りが一つ一つ、ご褒美になっていくと思う」。

 

霧馬山

碧山に逆転勝ちし、新入幕で10勝目。
「相手の突っ張りが強くて危なかったが、勝ててよかった。あしたもいつもの気持ちでやりたい」と笑み。

 

徳勝龍

大相撲初場所14日目(25日、東京・両国国技館)、幕内徳勝龍(33=木瀬)が幕内正代(28=時津風)を突き落として13勝目。
1敗同士の直接対決を制して、初優勝に王手をかけた。
取組後は「自分は一番下の番付(西前頭17枚目)。
それより下がないので思い切りいくだけ。
(優勝は)いろいろ言われるけど、全然意識することはない。千秋楽までしっかりやりたい」と表情を引き締めた。
千秋楽(26日)は徳勝龍が大関貴景勝(23=千賀ノ浦)に勝てば優勝が決定。
1差で追う正代が負けた場合も徳勝龍の優勝となる。
2敗同士で並んだ場合は、両力士による決定戦が行われる。
徳勝龍が優勝すれば奈良県勢としては1922年の鶴ヶ浜以来、98年ぶりの快挙となる。

 

千秋楽

大相撲初場所、26日の千秋楽は優勝争いで単独トップに立つ前頭17枚目の徳勝龍が結びの一番で大関・貴景勝と対戦します。
千秋楽の結びで、幕内で最も下位の番付、「幕尻」の力士が相撲を取るのは昭和以降では初めてです。
初場所は25日の14日目、前頭17枚目の徳勝龍が前頭4枚目の正代との1敗どうしの直接対決を制し、単独トップに立ちました。
日本相撲協会の審判部は、この結果を受けて26日の千秋楽の取組を決め、結びの一番で徳勝龍と大関貴景勝との対戦が組まれました。
千秋楽の結びの一番で平幕の力士が相撲を取るのは48年ぶりで、「幕尻」の力士は、昭和以降では初めてです。
初場所は26日の千秋楽で先に土俵に上がる正代が敗れるか、結びの一番で徳勝龍が勝てば、徳勝龍の初優勝が決まります。
日本相撲協会の審判部長代理を務める境川親方は、「横綱不在の場所で本来なら大関どうしの対戦になるが、豪栄道は成績があがっていないし優勝のかかっている一番だからこのようにした」と説明していました。

 

天皇ご一家が大相撲観戦

天皇、皇后両陛下と長女愛子さまは25日、両国国技館(東京都墨田区)で開かれた大相撲初場所の14日目を観戦された。
令和になって初めての天覧相撲で、両陛下の観戦は2017年5月以来、約2年半ぶり。
ご一家は午後5時頃に会場入りし、貴賓室から幕内の9番を観戦。
身を乗り出すように土俵を見つめ、一番が終わるごとに大きな拍手を送られた。
愛子さまは幼い頃、力士のしこ名や出身地を覚えるほどの相撲ファンで、約12年半ぶり3回目の観戦となったこの日は、メモを取りながらご覧になっていた。
説明役を務めた日本相撲協会の八角理事長によると、優勝争いをしていた貴景勝関と朝乃山関の一番で、朝乃山関が上手投げで勝利すると、陛下は「いい一番ですね」と話された。
愛子さまも「土俵の高さは何センチですか」などと熱心に質問されていた。
同協会によると、国技館での天覧相撲は戦後の1955年に始まり、昭和時代は40回、平成時代は23回行われた。
両陛下は皇太子夫妻時代に計7回、国技館で観戦されている。

 

大相撲初場所(東京両国国技館)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆