初場所 7日目情報!

鶴竜

大相撲初場所(東京・両国国技館)を途中休場した横綱鶴竜(34=陸奥)が正念場を迎えている。
今場所は体調が整わない中で強行出場。
本番では準備不足を露呈して3場所連続の休場となった。
白鵬(34=宮城野)に続くリタイアで横綱不在の事態となったが、両者の置かれた立場は大きく異なる。
鶴竜の場合は近いうちに結果を残さなければ、進退問題に発展しかねない状況だ。
今場所の鶴竜は金星3個を配給するなど低迷。
5日目(16日)に日本相撲協会に「左足関節炎で2週間の患部安静」との診断書を提出して途中休場した。
師匠の陸奥親方(60=元大関霧島)は「左足首が痛くて、踏ん張りが利かなかった」と話す一方で「なかなか風邪が治らなかった。体重が10キロ近く落ちて心配していた」と明かした。
鶴竜は年末年始にかけて風邪の症状を訴え、本番直前にも再び体調を崩した。
本人も「体重が落ち過ぎた。パワーが伝わっていない」と不振の理由を挙げていた。
今回の休場の引き金となったのは、一連の体調不良だった可能性が高い。
最初から出場を回避する選択肢もあったはずだが、簡単には休めない事情もあった。
ここまで鶴竜は2場所連続で休場中。
しかも先場所は初日に腰痛で休場する大失態まで演じてしまった。
今回の強行出場には、3場所連続休場だけは避けたいとの思いがあったのか。
陸奥親方は「2場所休場して、焦っている部分もあったのでは」と横綱の心中を推し測った。
白鵬も故障がちになったとはいえ、連続休場は2場所が最長。
周囲から限界説が持ち上がる前に、復活優勝して雑音を封じ込めてきた。
実際、先場所は休場明けでV43を達成し、健在を誇示している。
同じ横綱の休場でも、鶴竜と白鵬とでは置かれている立場が大きく異なるということだ。
次の春場所(3月8日初日、大阪府立体育会館)は最低でも優勝争いができなければ、逆風が強まることは避けられそうにない。
日本相撲協会の八角理事長(56=元横綱北勝海)は「今度は万全の状態で出てきてほしい」と話しだ。
ここから復活した姿を見せられるのか。

 

貴景勝

大相撲初場所は横綱が不在の中、6日目を終えて勝ちっ放しが平幕の正代ただ1人、1敗で大関 貴景勝や三役経験のある遠藤などが追う展開です。
7日目の18日は、三役で唯一1敗を守っている大関 貴景勝が結びの一番で小結 阿炎と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗、突き押しが得意の力士どうし、立ち合いから互いに激しい攻め手を出すことが予想されます。
貴景勝は鋭く踏み込み得意の強烈な突き押しで相手の出足を止め、休まず一気に攻めて勝負を決めたいところです。

 

豪栄道

玉鷲を一方的に押し出し2勝目。
カド番で苦戦が続いていたが、「内容は良かったと思う。この相撲をいいきっかけにしないといけない」。

 

朝乃山

朝乃山が連敗の悔しさを一掃する一気に前に出る相撲で、妙義龍を寄り切った。
「うまく運べたと思う。(上手は取れずも)右が入ったならかまわず出ていこうと。連敗していたんでホッとしています」。
3連勝からの2連敗は消極的な内容でもあった。
「過去には戻れない。でも負けたことは、これからの相撲人生につながってくる」。
悔しい連敗から抜け出しまた1歩、階段を上がった。

 

阿炎

大相撲初場所は7日目、小結 阿炎は大関 貴景勝と対戦します。
阿炎は、長い手を生かした回転の速い突っ張りで相手を突き放し距離を取って攻め続けることができれば勝機が出てきそうです。

 

遠藤

東前頭筆頭の遠藤(29=追手風)が、関脇高安(29=田子ノ浦)を突き出し、1敗を守った。
かち上げをしのぐと、下から攻め、相手の引きに乗じて前に出た。
1敗を守り、優勝争いに踏みとどまった。
支度部屋では、いつも通りに言葉少な。
「勝って良かったです」「しっかり集中できています」とだけ口にし、静かに帰り支度をした。

 

御嶽海

大相撲です。
初場所6日目。
三役復帰を狙う御嶽海は、大関の貴景勝と対戦しました。
16日、横綱・鶴竜の休場で不戦勝となり、3勝2敗となった御嶽海。
17日の相手は大関の貴景勝。
過去の対戦は7勝6敗で御嶽海がリードしていますが、御嶽海は「突き落とし」で敗れ、3勝3敗となりました。
7日目は小結の大栄翔と対戦します。

 

正代

両横綱不在の場所で、西前頭4枚目正代(28=時津風)が単独トップに立った。
大関経験者の西前頭6枚目栃ノ心を下して、15年秋場所の新十両昇進以降では自身最長となる、初日から6連勝とした。
6日目の平幕単独首位は昨年秋場所の隠岐の海以来。
出身の熊本で東京五輪の聖火ランナーとして走る予定の関脇経験者が好調だ。
大関貴景勝、遠藤ら平幕5人が1敗を守った。
約3年間三役から遠ざかる正代が、無欲に先頭をひた走っている。
右差し、左ははず押しで、栃ノ心にまわしを与えないまま電車道の快勝。
「立ち合いが良かった。当たって2歩目、すごく前に出ている」。
11勝を挙げた先場所に続く好調ぶり。
単独トップに立ったが「緊張しますね。まあ1敗もたくさんいるから」と、人ごとのように笑った。
「すごい調子がいいってわけじゃない…なんで連勝しているんだろ」と首をかしげる。
年末年始は熊本・宇土市の実家に帰省して1週間滞在。
「ぐうたらしてたら太りました」と、普段165キロ前後の体重は170キロ近くまで増えた。
「いいボディーバランスなのかも。それが(好調の)原因だったら怖いですね」。
その熊本で、郷土力士として東京五輪の聖火ランナーを務める予定だ。
場所が終われば、必ずと言っていいほど実家に帰省するほど地元愛は強い。
「光栄なことですよね」と、素直に喜んだ。
五輪競技に相撲はないが、ユーチューブで視聴することも多いボクシングに注目する。
16年のリオ五輪にライト級で出場した成松大介(自衛隊)は熊本農高、東京農大でともに2学年上。
「大学の時に面識がある。すごいですよね」。
東京五輪のボクシング会場は国技館。
身近な存在に刺激を受けながら、五輪前に同じ会場で大暴れしている。
昨年は同じ大卒で自身より若い朝乃山が初優勝を果たし、発奮材料となっている。
昨年12月の冬巡業では「朝乃山関や若い子がでてきているので、僕も負けないように頑張りたい」と発言するなど、燃える対抗意識を隠さない。
今年の目標は三役に戻ること。
「まだまだ前半戦。何も考えてません」。
年始に引いたおみくじは末吉だったが、現状の視界は良好だ。

 

豊山

昨年は4戦全敗だった輝に土をつけ、「同世代でよく知っている相手。絶対に負けたくなかった」。
1敗を守って「どうなるか分からない場所にしたい」と意欲。

 

照強

平成7年1月17日、兵庫県・淡路島を震源に未曽有の被害をもたらした阪神大震災から、まもなく節目の25年となる。
「その日」の夜、震源地に近い兵庫県洲本市の病院で誕生したのが、大相撲前頭14枚目の照強(24)=本名・福岡翔輝、伊勢ケ浜部屋=だ。
「自分は運命の日に被災地で生まれた。頑張る姿を見せることで、故郷の人を笑顔にできれば」。
初めて幕内で迎えた初場所は、12日の初日から3連勝。
「スポーツの力」を体現する天命を背負い、土俵に上がり続ける。
自宅で激しい揺れに襲われた母親が洲本市の病院に運ばれ、男の子を出産したのは地震発生から約15時間後の17日午後9時。
体重2922グラム。
負傷者を搬送する救急車が出入りし、院内がごった返す中で生を受けた。
もちろん、自身に震災に遭った記憶はない。
だが「母親からは、病院に行ったら救急車のサイレンがすごかったことや、けが人がいっぱいいる中で生まれたことなど、震災の大変さは聞いている」と話す。
幼いころは体が小さく病弱だったが、小学4年のとき、飛び入り参加した地域の相撲大会で準優勝したのをきっかけに、相撲道場に通うようになった。
中学3年のときに全国大会でベスト16入りし、卒業後に伊勢ケ浜部屋に入門。
しこ名は被災地への思いも込め「周りを照らすように強くなれ」と、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)がつけてくれた。
初土俵は22年3月の春場所。
身長169センチの小兵ながら、元横綱日馬富士や元関脇安美錦らを抱えていた大所帯の伊勢ケ浜部屋で相撲道を突き進んだ。
特別な日に生まれたという意識が、関取衆でも20番以上申し合いを重ねる日がある名物の猛稽古を耐えさせた。
28年11月の九州場所を全勝で制して十両に昇進。
昨年3月の春場所で淡路島出身の力士としては53年ぶりとなる新入幕を果たした。
7月には出身地の南あわじ市から、知名度アップに貢献してほしいと初の「ふるさと応援大使」に委嘱された。
11月の九州場所も8勝7敗で勝ち越し、今年の初場所を幕内力士として迎えることができた。
「幕内で自分の誕生日に土俵に上がるのは初めて。これも一つの運命かな」と照強。
震災から25年となる今年は、自身にとっても入門から10年の節目の年。
今後の相撲人生を懸けた重要な一年となる。
例年、誕生日の「1月17日」は初場所中。
これまでも、その日の朝には欠かさず、震災の犠牲者に黙祷をささげてから土俵に上がってきた。
だが、自身の相撲までは変えない。
取組前に大量の塩をまき、持ち味のスピードを生かして攻める。
「誕生日だからといって頑張るのではなく、一番一番大事に取っていきたい。自分自身が集中して相撲を取ることで、応援してくれる人にも恩返ししたい」。
その気持ちが、ぶれることはない。
一方で、四半世紀が過ぎ、阪神大震災を知らない世代が増えている。
「でも、阪神大震災以降も自然災害がいっぱい起こって、被災する人は増えている。相撲中継を見ていて照強が出てきたら、阪神大震災を思い出してもらえたら。そして、一人でも応援してくれる人が増えたら、自分の励みにもなる」。
震災の日に生まれた「運命の子」は、自身の活躍が被災者を勇気づけると信じ、土俵に向かう。
照強翔輝(てるつよし・しょうき=本名・福岡翔輝)
平成7年1月17日生まれ、兵庫県三原町(現南あわじ市)出身。
南あわじ市立三原中学校から伊勢ケ浜部屋に入門。
28年の九州場所で幕下優勝を飾り、十両に昇進。
30年の夏場所から5場所連続で勝ち越す活躍をみせ、31年の春場所で新入幕。
名古屋場所では12勝3敗と好成績を収め、敢闘賞を受賞した。

 

木崎海

17日に行われた大相撲6日目、十両・木崎海と平幕・勢の取組が、ネット上の相撲ファンの間で物議を醸している。
木崎海は0勝5敗、勢は1勝4敗と、どちらも黒星が大きく先行している中で迎えた今回の取組。
立ち合い、踏み込んだ勢は左に回り込みながら逃げる木崎海を攻め、最後は自らも倒れ込みながら土俵外へ押し倒して勝利を収めた。
しかし、木崎海は勢に押し倒された勢いで頭から土俵下に落下。
その衝撃による影響からか、うつ伏せの状態のまま1分ほど起き上がることができず。
この光景に会場は騒然とした空気に包まれ、ネット上のファンからも「もしかして首を痛めたのか」、「脳震盪の可能性もあるかも」と心配の声が多数挙がった。
問題となっているのは、落下の衝撃で動けなくなっている木崎海への対応。
力士が取組の際に生じたアクシデントで動けなくなった場合、裏手に用意されている車椅子が搬送に用いられることが一般的。
しかし、今回車椅子は用意されず、木崎海は駆け付けた若者頭・栃乃藤の肩を借りる形で、自力で歩いて裏手に下がっていった。
おぼつかない足取りで下がっていく木崎海の姿を受け、ネット上のファンからは「なんで車椅子使わず歩かせてるの?おかしくない?」、「首を痛めたかもしれない人間を自力で歩かせるとか協会は何考えてるんだ」、「無理矢理立たせて状態が悪化したらどうするんだ、現場の人間もちょっとは考えろよ」と批判が噴出している。
なお、この後の取組では平幕・志摩ノ海に寄り倒しで敗れた平幕・剣翔が左足を痛めて動けなくなるアクシデントも発生したが、剣翔は裏手から出てきた車椅子で搬送されている。
ファンの中にはこの2番を比較して、「剣翔には車椅子使ってるのに、なんでさっきの木崎海には使わなかったんだ」と苦言を呈する人物も複数見受けられた。
その後、土俵下に落下した際に首を強打したことが判明し、車椅子で病院に向かったとも伝えられている木崎海。
多くのファンが軽傷であることを願っており、協会の公式発表や各メディアによる続報は大きな注目を集めることになるだろう。
なお、17日19時30分時点では、なぜ木崎海に車椅子を用いなかったのかについて協会の公式サイト、及びに公式ツイッターでは特に発表や見解は出されていない。
こちらについても続報が待たれるところだ。

 

錦木

大相撲初場所6日目(17日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西筆頭の千代翔馬を小手投げで下し、4勝目(2敗)を挙げた。
錦木は相手の右変化にバランスを崩し、もろ差しを許すも抱えてこらえる。
左を巻き替えたところで、寄ってくる千代翔馬をタイミングよく右小手投げで転がした。
7日目は中入り後に東前頭15枚目の東龍と対戦する。

 

大相撲初場所(東京両国国技館)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆