初場所 5日目情報!

白鵬

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が初場所(東京・両国国技館)4日目の15日、日本相撲協会に「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎により、今後2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。
白鵬は初日白星発進も、2日目に遠藤、3日目は妙義龍に敗れて2日連続で金星を配給。
白鵬にとって2日連続の金星配給は、18年初場所以来2年ぶり2回目だった。
師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)はこの日午前、都内の部屋で報道陣に対応。
「番付発表前にかかとが割れていた。菌が入り昨日の夜に熱が出た」と説明。
加えて遠藤戦で、腰を土俵上に強く打ちつけたという。
宮城野親方は「本人も頑張りたい気持ちがあった。歳も歳で古傷もある。腰も高くて出足もなかった」と弟子の思いを代弁した。
白鵬の休場は2日目から休場した昨年秋場所以来、2場所ぶり14度目。
4日目の対戦相手、東前頭2枚目北勝富士(27=八角)は不戦勝となる。

 

鶴竜

鶴竜は妙義龍に苦杯を喫し、今場所に与えた金星が3個目となった。
場所前の体調不良もあって体重が落ち、またも攻め切れずに後退。
「パワーが伝わっていない。一つ勝ったのもたまたま」と口ぶりに覇気はなかった。
昨年9月の秋場所を途中休場した直後、師匠だった井筒親方(元関脇逆鉾)が死去。
翌場所も腰痛で休んだだけに、新年を迎え、今場所に懸ける思いは強かった。
心身の歯車がかみ合わず、「この相撲では取り切れない。体をつくり直さないといけない」とも。
弱気な言葉ばかりが口を突いた。

 

貴景勝

貴景勝が、勢いに乗る遠藤を止めた。
右で前まわしを狙いながら出てくる相手に苦戦して後退したが、ふりほどくようにして応戦し、右からの突き落としで仕留めた。
遠藤は鶴竜、白鵬、豪栄道を撃破していただけに、「横綱、大関が4タテを食らうのは非常にまずいと思っていた」と貴景勝。
看板力士としての面目を保ち、「まだ4日目。ここから」と気を引き締めた。

 

豪栄道

かど番でようやく初日を出す。
埼玉栄高の後輩、大栄翔に逆転の首投げを見舞って意地を見せ、「気分を良くしてあしたからいける」と意欲的に。

 

朝乃山

朝乃山は持ち味を発揮できずに土がついた。
もろ手で出た阿炎に上体を起こされると、回転のいい突っ張りを受けて後退。
四つに組めないまま豪快に押し倒され、「駄目な相撲だった」と声を落とした。
昨年の顔合わせでは4勝1敗で、今場所は白星がなかった相手に取った不覚。
「悔しい。前に出て相撲を取りたい」と立て直しを誓った。

 

妙義龍

20代の活躍が目立つ中、33歳の妙義龍が気を吐いている。
白鵬に続き、鶴竜からも金星獲得。
「負けん気でいった。こんな経験はないし、うれしい」。
連日の結びで番狂わせを演じ、その喜びに浸った。
右、左とねじ込み、勝負をはやる横綱の出足を止めた。
低い体勢を保ったまま相手の引きに乗じて走ると、苦し紛れの首投げにも動じず、押し出す。
「慎重にいかずに、がむしゃらに出たのがよかった」。
引き技でもぎ取った前日とは違い、持ち味が存分に詰まった白星だった。
三役の常連と称されて久しい。けがに苦しむうち、埼玉栄高の後輩に当たる貴景勝が初賜杯、大関の座もつかみ取るなど若手の台頭も著しくなったが、「自分はきょうみたいな相撲でやってきただけ」。
対抗心は胸に秘め、自然体を強調する。
西前頭筆頭。
内容を伴って星を戻し、三役復帰を目指す今後の土俵へ弾みもつけた。
「気分を良くしていける。まだあるから頑張る」。
187センチ、157キロの均整の取れたいでたち。
さっそうと歩く後ろ姿は頼もしく映った。

 

北勝富士

白鵬の休場による不戦勝で白星を手にし、初日から4連勝。
「気持ちも体もゆっくりできた。残りもしっかり勝ちにつなげられるようにしたい」

 

御嶽海

大相撲初場所。
三役復帰を狙う御嶽海ですが、ここまで1勝2敗とさえません。
4日目のきょう15日は、前頭三枚目の玉鷲と対戦しました。
きのう、高安に敗れて、2敗目を喫した御嶽海。
連敗は避けたいところです。
4日目の相手は玉鷲。
過去20勝2敗と相性のいい相手です。
御嶽海が、押し出しで勝ち、2勝2敗と星を五分に戻しました。
あすの5日目は、横綱・鶴竜と結びの一番で対戦します。

 

炎鵬

関取最軽量99キロの炎鵬が、栃ノ心につられ、相手の膝付近で足をバタバタ。
深い位置で左下手を引いてもろ差しを果たしたが、両まわしを許してつかまり、高々とつり上げられた。
初対戦で大関経験者の怪力ぶりを見せつけられ、「想像していたよりも力強かった。上手を取られて腰が浮いちゃった。もう少し相撲になるかと思った」と脱帽していた。

 

豊山

大相撲初場所(両国国技館)4日目の15日、西前頭9枚目の豊山(新潟市北区出身)は碧山を押し出しで下し3勝目を挙げた。
豊山は193キロの碧山との押し相撲対決に完勝し3勝目を挙げた。
しっかり踏み込むと、相手の突っ張りを下からあてがってさばく。
休まず前に出て中に入ると、力強く相手の胸に腕を伸ばして押し出した。
「受け身ではなく(攻めの)流れを自分でつくることができた。こういう相撲を取れば自然と勝ちがついてくる」と自画自賛の内容だった。
元関脇の碧山は2018年の冬巡業で稽古をした際に左足首を負傷した相手だった。
それ以来、胸を借りるのを控えていたというが、この白星で嫌なイメージも振り払った。
「これで、一緒に稽古ができる」と意欲的だった。

 

初場所5日目

大相撲初場所は5日目、ここまで3勝1敗の大関 貴景勝は平幕の玉鷲と対戦します。
大相撲初場所は2場所連続優勝を狙っていた横綱 白鵬が15日の4日目に休場し、一人横綱となった鶴竜と大関 豪栄道がともに1勝3敗と本来の相撲とはほど遠い内容です。
上位陣の不振の中、大関 貴景勝は15日、好調の遠藤を退け3勝1敗としていて、看板力士として場所を引っ張っていく役割が求められます。
その貴景勝は平幕の玉鷲との対戦です。
過去の対戦成績は不戦敗を含めて貴景勝の7勝5敗で、ともに押し相撲が得意なだけに激しい突き押しの応酬が予想されます。
貴景勝としては、立ち合いからより低い当たりで相手を突き起こし、徹底して前に出ていきたいところです。
15日、今場所初黒星を喫し3勝1敗となった新関脇 朝乃山は、同じく1敗の遠藤との対戦で、過去の対戦成績では2勝5敗と分の悪い相手です。
朝乃山としては強く当たって相手を押し込み、左上手を取る得意の形に持ち込むことが重要です。
一方、遠藤は今場所は二横綱一大関を破るなど相撲のうまさが光っていて、低い姿勢を保って攻めていきたいところです。
ともに平幕で4連勝の北勝富士と正代の対戦も楽しみな一番です。

大相撲初場所(東京両国国技館)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆