初場所 3日目情報!

白鵬

土俵に背中から落ちた白鵬は、口を真一文字にきつく結んだ。
因縁の対決だった。
昨年の九州場所12日目、立ち合いで遠藤は白鵬の左の張り手と右のかちあげをまともに食らい、敗れ、鼻血を流した。
横綱審議委員会が、「横綱として見苦しい」と白鵬に苦言を呈した一番だ。
迎えたこの日。
立ち合いに衆目が集まった。
白鵬は横審の苦言を意に介さないかのごとく、先場所と同じく左の張り手と右のかちあげを繰り出した。
ただ、遠藤は同じ手はくわなかった。
藤島審判長(元大関武双山)は「かちあげを読んでいた」。
左にまわりこんで、かちあげをかわした。
左下手を深くとり、横綱得意の右差しを許さない。
強引にきた上手投げを3度耐えて、最後は左足で外掛けをし、白鵬を仰向けに土俵にたたきつけた。

 

鶴竜

鶴竜は阿炎のもろ手突きを受けて後退したが、うまくはたき込んで連敗を免れた。
途中休場した昨年秋場所を最後に白星から遠ざかっていただけに「そういった意味では一つ断ち切れたね」と一息ついた。
白鵬と貴景勝が敗れ、早くも横綱、大関陣に土つかずがいない状況となった。
「まだ何も始まっていないということ」と言い、「そんなに良い相撲ではなかったが、こういう感じで一日一日を重ねて、感覚が戻ればいい」と先を見据えた。

 

朝乃山

新関脇の朝乃山は、張り手を交えて攻めてきた玉鷲に「一瞬カッとなった」という。
直後に安易なはたきで流れを悪くしかけたが、左の下手を引いて事なきを得た。
御嶽海に続いて苦手の玉鷲も退けたが「悪い癖が出た。冷静に落ち着いて取らないと」と反省した。
好調な滑り出しにも「まだ2日目。切り替えて自分の相撲を取れるようにしたい」と慎重な口ぶり。
白鵬と貴景勝が敗れて早くも上位陣に連勝がいなくなり、ますます注目を集めそうだ。

 

遠藤

クールな遠藤が珍しく感情を出した。
白鵬をあおむけに倒すと土俵上で小さくうなずき、にやつきを抑えるように舌も出した。
九州場所の雪辱を果たそうと、期するものがあったのだろう。
「勝ってよかった」。
短い言葉に充実感がにじむ。
先場所の白鵬戦では左で張られた後、乱暴なかち上げを受けて鼻血を流した。
同じようにやられるわけにはいかない。
「しっかり集中して相撲が取れている」という相撲巧者は、立ち合いから考えた取り口を見せた。
ずれるように当たって、うまく左を差した。
結び目の奥までつかんだ下手を生命線に、白鵬の執拗な投げを左足も巧みに使って残した。
最後は切り返しながら、のしかかるようにして倒した。
2日続けての金星獲得。
八角理事長(元横綱北勝海)は「これで浮かれる力士じゃない。あしたもやってくれると思う」。
豪栄道戦にも期待した。
殊勲星に送られた遠藤コールは「うれしかった」と素直に振り返った。
横綱戦を終えても館内を沸かせるチャンスはまだまだある。

 

御嶽海

12日に初日を迎えた大相撲初場所。
三役から平幕に落ちた御嶽海は新関脇・朝乃山に敗れ黒星スタートです。
先場所負け越し3年ぶりに平幕に落ちた前頭2枚目の御嶽海。
今場所、勝ち越して三役復帰を目指します。
初日の相手は新関脇・朝乃山でした。
御嶽海は鋭い立会いで前に出ますが押し切れずに引いてしまいます。
その後は朝乃山に上手を引かれ寄り切りで敗れました。
黒星スタートです。
2日目は大関・豪栄道と対戦します。

 

炎鵬

大相撲初場所初日の12日、西前頭5枚目の炎鵬は北陸製菓(金沢市)の揚げあられ「ビーバー」のキャラクターをあしらった化粧まわしを着けて幕内土俵入りに臨んだ。
白星を飾った炎鵬は「(高崎憲親)社長も来ていたので、勝つ姿を見せられて良かった」と喜んだ。
化粧まわしは、ビーバーが炎鵬と同じ赤色の締め込みを着けているデザインとなっている。
高崎社長が金沢市西南部中時代に炎鵬の兄と同級生だったこともあり、北陸製菓が寄贈した。
炎鵬は幕内土俵入り直後に、白鵬の横綱土俵入りで太刀持ちを務めるため大慌て。
急いで化粧まわしを変えて横綱土俵入りに臨み、「久々に走った」と笑った。
高崎社長は「本当にうれしかった。取組も逃げずに前に出る姿勢が感じられて感動した。思わず叫んでしまった」と話した。

 

琴恵光

大相撲初場所2日目の結果です。
延岡市出身前頭十三枚目の琴恵光は、前頭十二枚目千代丸を押し出し今年の初白星。
1月14日は前頭十四枚目志摩ノ海との取り組みです。

 

琴勝峰/豊昇龍

成人の日に十両の土俵で20歳の琴勝峰と豊昇龍がそろって白星を挙げた。
昨年九州場所が新十両の琴勝峰は矢後を寄り切って連勝発進。
この日は師匠や関取衆とお祝いの食事会があるそうで、「勝ててよかった。昨年以上に躍進していきたい」と決意を述べた。
元横綱朝青龍のおいの豊昇龍は、元小結の千代鳳を押し出して新年初白星。
「きのうは本当に緊張していたが、これで自信がついた。今年はできるだけ番付を上げていきたい」と抱負を語った。

大相撲初場所(東京両国国技館)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆