初場所 初日情報!

白鵬

大相撲初場所(東京・両国国技館)の初日を翌日に控えた11日、同所で恒例の土俵祭りが行われ、三役以上の力士が出席した。
2場所連続となる44度目の優勝を目指す横綱白鵬(34=宮城野)は、初日で新三役の小結大栄翔と対戦。
優勝した先場所で唯一敗れている相手に、連敗は許されない。
17年以来3年ぶりの年間最多勝を視野に、まずは20年最初の場所で好スタートを切る。
昨年の夏場所以来、4場所ぶりに東横綱の“定位置”に就いた白鵬は淡々としていた。
「(東西で)目線も変わってくるし、土俵入りも変わってくる。その辺を思い出してやっていきたい」。
この日は土俵祭り出席後、国技館のエントランス前で九州場所の優勝額を贈呈された。
「あとはやるのみです」。スイッチが入ったかのように、緊張感を漂わせた。
初日は突き押し相撲のホープ、大栄翔を迎え撃つ。
九州場所では立ち合いのかちあげが不発で、一方的に押し出された。
6日の横綱審議委員会(横審)による稽古総見では、三番稽古でその大栄翔を指名して相撲を取った。
「いろいろ試してみたかった」と、横審委員から批判を浴びているかち上げを多用。
大栄翔の出足を止めて12番を全勝と圧倒し、本場所へのイメージを膨らませた。
白鵬にとって、初場所は年6場所の中で最も優勝回数が少ない。
昨年も初日から10連勝と賜杯へ一直線だったが、3連敗して失速すると右膝の違和感などで無念の途中休場。
15年以来5年ぶりとなる5度目の優勝を飾り、相性の悪さを拭い去りたい。
「(今年の3月で)35歳になる。35歳で年間最多勝というのがあってもいいのかもしれないね」。
年6場所制となった58年以降では、59年に年間最多となる77勝を挙げた34歳の元横綱栃錦が最年長。
数々の記録を塗り替えてきた第一人者は、新たな記録をモチベーションに20年を出発する。

 

貴景勝

大相撲初場所(12日初日、東京・両国国技館)を翌日に控えた11日、同所で恒例の土俵祭りが行われ、三役以上の力士が出席した。
大関貴景勝は平常心で初日に臨む。
前日の土俵祭りを終えた心境を「普通ッス」と表現した。
昨年はケガもあり大関昇進、陥落、大関復帰と激動の1年を過ごした。
今年は目標の綱とりへ、まずしっかり足場を固めていきたい。
初日は妙義龍だが「しっかり集中してやるだけ。ケガのないよう、していきたい」と大関の地位をまっとうすることを誓った。

 

朝乃山

大相撲初場所(東京・両国国技館)の初日を翌日に控えた11日、同所で恒例の土俵祭りが行われ、三役以上の力士が出席した。
新関脇として土俵祭りに参加した朝乃山は「気持ちは変わりません。15日間自分の相撲を取るだけです」と平常心だった。
昨年は夏場所で初優勝し、秋場所から2場所連続2桁勝利中。
勢いに乗って迎える初日の相手は、過去1勝3敗と合口の悪い前頭の御嶽海。
「気持ちは先場所と同じ。挑戦者として相撲を取るだけです」と番付は気にせず1日一番に集中する。

 

阿炎

右脚の負傷で状態が不安視される小結・阿炎について、師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)は東京都江東区の錣山部屋で「大丈夫。(初場所に)出られますよ」と説明した。
4場所連続小結の阿炎は7日の出稽古で相撲を取った際に右膝付近をひねるような体勢になり、途中で稽古を切り上げていた。
病院での検査結果も踏まえ、出場の判断をしたという。

 

御嶽海

関脇だった昨年九州場所で負け越して18場所ぶりに三役から平幕に陥落した御嶽海(27=出羽海)は、昨年秋場所の優勝額贈呈式に出席した。
「またこの気持ちを味わいたい」と自身3度目の優勝へ意気込んだ。
朝乃山との新旧関脇対決に向けて「楽しみ。負けるわけにはいかない。自分は27歳で今が一番力が出ると思う」と1学年下の相手に対抗心を燃やした。

 

炎鵬

日本相撲協会は10日、人気小兵力士の西前頭5枚目炎鵬(25=宮城野)に、初場所で初めて15日間指定の懸賞がつくことを明らかにした。
自身がCM出演して話題となった「そごう・西武」など、4社から指定の懸賞がついて合計62本。
担当者によると昨年九州場所での指定懸賞数は1桁台だったというが、番付を上げるとともに人気も上昇。
力士指定懸賞は大関貴景勝が唯一の100本超えとなる218本で最多。
申込み総数は2021本となった。

 

松鳳山

12日に初日を迎える大相撲初場所(東京・両国国技館)を前に、前頭七枚目の松鳳山(二所ノ関)がインタビューに応じた。
8勝7敗で勝ち越した九州場所については「身体も動いてすごいよかった」と振り返りながらも「勝ち越してから連敗したので、そこがよくなかった」と反省も口にした。
6日目の炎鵬(宮城野)戦については「(変化のことは)あんまり頭になかったですね。でも土俵から飛び出すかと思いました。やばい!みたいな。俵が一気に迫ってくる感じだったので、よく止まれて振り返れたなと思います」と振り返った。
今年の抱負については「1年通してケガをせずにいい相撲を取り続けられて、若手みんな上がってきてますから、その若手に負けないような元気な相撲を取れればいいかなと思います」と語っている。

 

石浦

石浦は所属する宮城野部屋で4日に行われた朝稽古中、兄弟子の幕下・宝香鵬にダメ押しをされたことに立腹して膝蹴りや拳で殴るなどし、宝香鵬もこれに応戦したことで殴り合いの喧嘩に発展。
これを受けて協会はコンプライアンス委員会からの意見も踏まえ、9日の臨時理事会で処分を決定するとしていた。
協会が定める暴力禁止規定では、関取の暴力は1場所出場停止が基準とされている。
しかし、9・10日の各メディアの報道によると、協会は石浦を1場所出場停止にはせず、1カ月の報酬減額(20%減)とけん責処分に。
また、応戦した宝香鵬についてもけん責処分のみにとどめたため、両名は共に初場所へ出場する見込みであるという。
基準より軽い処分を下した協会に対し、ネット上のファンは「処分が甘すぎる、こんなのお咎めなしと変わらないじゃないか」、「石浦が先に仕掛けたんだから、基準通りの出場停止が妥当だろ」、「こんな処分で済ませてたらまた同じようなことが起こるぞ」と反発。
同時に、「貴ノ富士と扱い違いすぎるだろ」、「拓郎よりも軽い処分なのは意味不明」、「貴ノ富士や拓郎と比べても明らかに不公平な処分」と、元十両・貴ノ富士や元立呼び出し・拓郎を絡めた批判も複数寄せられている。
「貴ノ富士はしこ名が『貴公俊』だった2018年3月に付け人への暴力により1場所、拓郎は2019年10月に後輩呼び出し2名へ手を上げたことにより2場所の出場停止処分を受けています。協会に異議を唱えるファンは、今回の処分内容が過去の事例と比べて『フェアじゃない』という思いを抱いているようです」
処分を伝える報道の中では、協会やコンプライアンス委員会が“石浦、宝香鵬は共にこれまで暴力を振るったことはない”、“両名に怪我はなくどちらも猛省している”、“いじめや制裁といった要素もない”といった事柄を理由に、今回の一件を「悪質性は高くない」と判断したと伝えられている。しかし、その判断に納得していないファンも多いようだ。

 

大相撲初場所は12日に東京・両国国技館で初日を迎える。
石川・七尾市出身の西前頭11枚目・輝(25)=高田川=は、2020年の目標に「三役、金星、優勝」を掲げた。
10年春場所で初土俵を踏んでから間もなく10年。
輝にとって節目の1年が始まった。「もたもたしている場合ではない。(10勝した)先場所でいい相撲が取れたが、今場所それを出さないと」と気合を入れた。
1学年上で、富山市出身の関脇・朝乃山(25)=高砂=が昨年夏場所で優勝したことが、刺激となった。
16年春場所で初土俵の朝乃山は年上だが、角界では輝が兄弟子だ。
それだけに「同年代が優勝すると、うらやましいし、悔しい。自分も優勝したい。まだ三役(経験)も金星もないので」と活躍を誓った。
飛躍の年にするためにも、好発進したいところ。
「やるからには誰にも負けるつもりはない。目標は優勝だが、2桁勝ってもっと上に行きたい」と闘志を燃やした。

 

境川理事

日本相撲協会審判部は10日、東京・両国国技館で取組編成会議を開き、同所で開催される大相撲初場所(12日初日)の、初日と2日目の取組を発表した。
前任の阿武松部長(元関脇益荒雄)の退職で空席となっていた審判部長を、代理で務めることになった九州場所担当部長の境川理事(元小結両国)も会議に出席。
「横綱、大関にとっては(三役以下の)上位が元気だから、初日からたいへんでしょう。面白い取組になるのでは」と熱戦を期待した。
次期大関候補と目される新関脇の朝乃山(25=高砂)については「誰と当たっても力は拮抗している。頭1つ、2つ抜けているのはいない」と若手成長株とはいえ、飛び抜けた存在でないことで混戦にも期待。
「いかに上手に出だしを行く(滑り出す)かがカギ」と見通しを示した。
9度目のかど番で臨む愛弟子の大関豪栄道(33)については「尻上がりに良くなっている」と期待を込めた。

 

大相撲初場所

平成から令和へと元号が変わった昨年納めの場所を制したのは、34歳の横綱白鵬だった。
世代交代が叫ばれている昨今だが、43度目の優勝を果たした先場所の相撲内容を見る限り、他の力士との実力差は依然として大きな開きがあると言わざるを得ず、いまだ若手にとって大きな壁として立ちはだかっている。
遠藤戦のかち上げは物議を醸したものの対戦相手によってさまざまなバリエーションを見せる立ち合いからは、強さだけでなく誰よりも研究熱心であることも垣間見える。
1月6日に行われた横審稽古総見では先場所唯一、黒星を喫した新小結の大栄翔を稽古相手に指名すると計12番。
右からかち上げて相手の出足を封じて四つに組み止めるといった万全の内容で圧倒した。
現役最強ではあるが幕内最古参の白鵬。
場所前の調整ぶりから白鵬にこれと言った死角は見当たらない。
しかし、連覇となると2年半前の平成29年7月場所まで遡らないといけない。
しかも39回目の優勝を果たしたこの場所以降、賜盃を抱いた翌場所は休場というパターンが続いている。
現役最強ではあるが幕内最古参でもあり、優勝で場所を締めたときの代償は体力的にも小さくなく、ケガや疲労からの回復力が全盛期に比べて衰えているのかもしれない。
また、前半で星を1つ、2つ落とすとモチベーションが大きく低下するのか、休場を決め込む傾向にもある。
新たに「優勝50回」という目標を公言したが、適度に休場を挟みながら万全に仕上げた場所のみに出場していけば、その良し悪しはともかく不可能な数字ではないだろう。
横綱鶴竜は「年6場所皆勤」目標。
対照的に2場所連続休場から再起を期す横綱鶴竜は「年6場所皆勤」を今年の目標に掲げる。
しっかりと土俵を務めれば、優勝回数もおのずと積み重ねることができるということだろう。
稽古総見では遠藤、御嶽海、大栄翔を相手に計12番を完勝。
翌日も出稽古先の時津風部屋で同じく出稽古に来ていた新関脇朝乃山と10番を取って全勝だった。
低く鋭い立ち合いから左前褌を取って相手の右差しを封じ込めながらの攻めは相変わらず力強い。
3場所ぶりの賜盃奪還に向けて充実ぶりがうかがえるが、場所では1つの黒星をきっかけに大きく崩れることも珍しくなく、そのあたりが気がかりだ。
朝乃山は一気に大関取りムードへ。
1月場所最大の注目は三役での連続2桁勝ち星を目指す朝乃山だ。
新三役の先場所は白鵬と優勝を争って11勝。
今場所は大関取りに向けて足場をしっかり固めたいところ。
場所前は前述した鶴竜や元横綱稀勢の里の荒磯親方との稽古で“惨敗”を喫したが、それも決してマイナスではない。
「馬力だけでは勝てない。前傾姿勢で体を起こさないように意識しないと。悪いところを少しずつ直していきたい」と貪欲に語る。
横綱を倒してハイレベルの結果を残せば、一気に場所後の大関取りへとムードも高まるだろうが「一日一番しっかり自分の相撲を取り切ることだけ考えている。常に挑戦者の気持ちで挑む」と気負いはない。
朝乃山相手に堂々の押し相撲。
優勝争いに絡みそうなのが大関貴景勝と関脇高安だ。
大関復帰を果たした先場所は9勝に終わった貴景勝だが、稽古総見では朝乃山を相手に10番を取って6勝4敗。
内容的にも四つに組ませず押し込むなど優勢だった。
1月8日、尾車部屋で行われた二所一門の連合稽古でも高安と10番肌を合わせ、相手の強烈なかち上げにも上体が起きることなく、下から押し上げる本来の相撲を取り切った。
貴景勝「常に優勝をどん欲に目指していかないと」
現在の貴景勝は、昨年に負った右膝や左大胸筋のケガの影響も全く感じさせず、「今場所は不安なく久しぶりに本場所を迎えられる」と体調面が好調であるばかりか「最後の番付になるためには優勝しかあり得ない。常に優勝をどん欲に目指していかないといけない年」と気力も充実。
さらに上の地位も見据えている。
高安「優勝争いに加わって初場所を面白く」
貴景勝との稽古ではやや引けを取ったが、高安も元気なころの取り口が戻ってきた。
15場所務めた大関から陥落し、今場所で10勝以上挙げれば返り咲きとなるが「千秋楽までしっかり優勝争いに加わって初場所を面白くしたい」と初賜盃も視野に入れる。
他にも三役には阿炎、新小結大栄翔が顔を揃え、さらに平幕上位には北勝富士、御嶽海ら若手がひしめくが、両横綱の盤石ぶりばかりが際立った稽古総見を見た八角理事長(元横綱北勝海)は彼らについて「みんなおとなしい」と思わず漏らした。
待っているだけでは世代交代はやって来ない。
次世代力士には更なる奮起が求められる。

大相撲九州場所(福岡国際センター)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆