大相撲ニュース

白鵬

上機嫌の白鵬が口にしたひと言が重かった。
「一番稽古をしている自信がある」
1年を締めくくる九州場所。
朝稽古で1時間以上かけて基礎運動に励んだ。
これまで通りの綿密さに加えて「今場所はてっぽうが多かった」という。
右手小指を骨折して秋場所を休場し、その不安を補うような稽古を重ねた。
誰よりも努力しているという自負を示したのは、その九州場所の一夜明け会見。
言葉通りに受け止めれば、背中を追うはずの若手はさらに差を広げられてしまう。
ほかの力士に「もっと稽古をしろ」と促しているようにもとれる。
2019年の大相撲はけがに満ちていた。
左の胸や腕の負傷に苦しんだ横綱稀勢の里が1月に引退し、白鵬を含めて横綱、大関は毎場所のように痛みを訴えて休場を繰り返した。
さらに、近づいていると言われる世代交代を担うべき若手もけがで足踏みした。
目立ったのが、大関昇進で最も明るい話題をもたらした貴景勝。
新大関の夏場所で右膝を痛めて一度は関脇に陥落し、大関復帰を決めた秋場所の千秋楽にも左胸を負傷した。
いつもどこかに不安を抱え、稽古に打ち込めない時期が長く続く。
九州場所では「まずはけがをしないこと」と繰り返した。
力を蓄えて上を目指すというより、まず15日間の場所をどう乗り切るか。
九州場所で右目の上を切ってから力が出せなかった御嶽海も含めて、現実的な問題に精いっぱいだったとも言える。
34歳になった白鵬もけがは多い。
休場も多い。
ただ、出る場所では体調を整えてくる。
長い間の稽古で培った体力と経験に、類いまれな体の軟らかさと丈夫さといった多くの要素があるからだろう。
相撲そのものの強さだけでなく、稽古を通して闘う体に仕上げる能力は並外れている。
白鵬ほどの経験と実績のない若手が世代交代の針を進めるには、鍛えながら結果を出し続けるしか道はない。
貴景勝や御嶽海の押し相撲に比べて、けがのリスクが低いとされる四つ相撲の朝乃山は、その意味で大きな可能性を持つ。
大栄翔や明生も、稽古熱心さでは定評がある。
今年は壁の高さを見せつけた白鵬も、安定感は年々失われつつある。
いつかはくるはっきりとした世代交代が来年であってもおかしくはないが、けがをして稽古ができなければその争いに参加できない。
上位に休場が相次ぐ中で新しい時代をたぐり寄せるには、年6場所を通して体調を整える力が求められる。
<第8回日刊スポーツ大相撲大賞(5)>
今年6場所すべて幕内に在籍した力士の中で、1番あたりの平均時間が最も長い「相撲を楽しんだで賞」は、白鵬(34=宮城野)だった。
不戦勝、不戦敗を除いた出場57番の平均は13・8秒。
2位逸ノ城より0・6秒長かった。
07年秋場所では、わずか平均4・93秒で横綱昇進後初、通算4度目の優勝を飾っている第一人者は「それは面白いデータだね」と、目を見開いた。
「隠岐の海、御嶽海…。もろ差しを許すことが多くなった。脇が甘くなったということかな」と、苦戦の多さが要因と分析する。
それでも包丁を扱う人に例え「包丁を素人は1週間でダメにする。少し上手な人は1カ月。でも達人は自然とさばくから、いつまでも刃こぼれしない」と説明。
力任せに取組相手を料理するのではなく、時には相手の力を利用する。
取組時間は長くても、実は自身に負荷をかけず料理できる現在こそ、技術の粋と自任する。
また平均では白鵬よりも1・5秒短いが、年間の取組時間が最も長い「土俵に長くいたで賞」は竜電(29=高田川)だった。
皆勤で不戦勝もなく、90番の総取組時間は1102・9秒。
「長い相撲になったら拍手が起きるような力士になりたい」。
じっくり攻めてスタミナ勝ちこそ真骨頂だ。
2人に共通したのは「取組時間の長さ=誇り」ということだった。

 

朝乃山

東京朝乃山後援会の発足を祝う会が20日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザで開かれた。
東京富山県人会連合会(桑山征洋会長)のメンバーや都内のファンら500人が出席。
「横綱を目指せ」と激励を受け、朝乃山関(25)=富山市呉羽町出身=は「稽古に励み、番付を上げるよう頑張る」と決意を語った。
朝乃山関は5月の大相撲夏場所で初優勝。
9月の秋場所で横綱鶴竜関を破って初金星を挙げ、11月の九州場所では新三役で11勝した。
来年1月の初場所での新関脇が濃厚で、今後の活躍を支えようと東京後援会を設立した。
発起人代表の桑山会長が「今年は幕内優勝を達成し、年間最多勝を獲得した。これからは横綱、日本のヒーローになってほしい」とあいさつし、土俵入りなどで着ける化粧まわしの目録を贈った。
山崎康至副知事と高砂親方(元大関朝潮)が祝辞を述べた。
中川忠昭県議会議長、朝乃山関の父の石橋靖さん、発起人の駒澤北日本新聞社長らを交えて鏡開きを行い、乾杯した。
あいさつに立った高砂親方は、やんちゃだったモンゴル出身の元横綱朝青龍関を育てたことを念頭に置き、「えらい目に遭いました」と冗談っぽく話し、会場を笑わせた。
続けて「今度は和製横綱。一緒に花を咲かせたい」と話すと、大きな拍手に包まれた。
高砂親方は来年12月に65歳で日本相撲協会の定年となる。
これまで「横綱を目指せ」と言われた記憶がないという朝乃山関は「定年まであと1年。少しでも近づけるよう頑張る」と、親方の思いに応えることを誓った。

 

貴ノ岩

昨年12月、付け人に暴力を振るい引退した大相撲の元幕内貴ノ岩(29)が20日、TBS系で放送された「爆報!THEフライデー」に出演。
引退後、40キロも激やせしたことを明かした。
現在、ウランバートル在住という元貴ノ岩は、「マイナス40キロになりましたよ」と40キロやせたことを笑顔で告白。
暴行事件の際に「マスコミに追っかけられてる時が一番辛かった」と振り返った。
今年3月にモンゴルに帰国したが、ほぼ引きこもり状態。母国でも“横綱日馬富士を引退に追い込んだ男”としてバッシングを浴び、食事も喉を通らず、引きこもり状態となったという。
日馬富士は17年秋、貴ノ岩を暴行し、引退している。
同じモンゴル出身の元横綱日馬富士とは「故郷が一緒だし、男同士だし、もうわだかまりはないですね」と今の心境を語った。
現在は牧場を経営。牛100頭、馬300頭を育てているという。
元師匠の貴乃花光司氏に対しては「申し訳ないという気持ちはあります。お父さんのような存在です。自分の中では心では表せないぐらい感謝の気持ちでいっぱいです」と話していた。

 

押尾川親方

大相撲の横綱白鵬関と押尾川親方(元関脇豪風)=本名・成田旭、北秋田市出身=を囲む会が20日、東京・文京区のホテル椿山荘東京で開かれた。
来年2月1日に両国国技館で開く「豪風引退・押尾川襲名披露大相撲」を前に、押尾川親方は「豪風の最後の大銀杏(おおいちょう)姿と断髪式を多くの人に見届けてもらいたい」と思いを語った。
囲む会は、引退相撲を盛り上げようと、押尾川親方と親交の深い岡田裕介東映会長が代表発起人、豪風後援会の佐藤暢男会長らが発起人となり開催。
豪風の師匠尾車親方(元大関琴風)や県選出の自民党衆院議員ら約110人が出席した。
引退相撲では断髪式のほか、相撲甚句の披露、十両と幕内の取組、櫓太鼓の打ち分け実演、横綱締め実演などを行う。
チケットは販売中。

大相撲九州場所(福岡国際センター)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆