本場所 7日目 情報!

白鵬

大相撲九州場所6日目は15日、福岡国際センターで行われ、一人横綱の白鵬が平幕明生を危なげなく上手出し投げで下し、1敗で単独トップに立った。
張った左で素早く上手を取って出すと、相手が両手をついた。
横綱が「決まるとは思っていなかった」と振り返ったあっけない決着。
藤島審判長(元大関武双山)は「攻防のある相撲を期待していただけに残念」と渋い表情だった。

高安

カド番大関の高安は妙義龍に寄り倒され、3連敗で2勝4敗。

貴景勝

大関貴景勝は玉鷲に押し出されて2連敗で3勝3敗となった。

御嶽海

関脇御嶽海は宝富士に寄り切られて4敗目を喫し、場所後の大関昇進は絶望的となった。
御嶽海が宝富士にも完敗し、平幕に3連敗。
相手十分の左四つになって頭をつけたが、踏ん張り切れずに寄り切られた。
「中に入ろうと思ったが、あまりにも痛過ぎて起き上がっちゃった」。
3日目の取組で右まぶたを切った影響を認めた。
三役在位は17場所連続。
先場所は12勝で賜杯を抱き、今場所の成績次第で大関昇進の機運を高めることもできるが早くも4敗。
「我慢が足りないね」。原因は分かっていると言いたげだった。

遠藤

遠藤がうまさを存分に発揮し、朝乃山との小結対決を制した。
相手十分の右四つとなって出られたが、左でおっつけてから巻き替えに成功。
もろ差しを果たすと、慌てた朝乃山が再び右を差しにきたところを狙いすまして投げで仕留めた。
納得の相撲だったのだろう。
支度部屋では多くを語らないが、巻き替えのタイミングの良さに水を向けられると、3度うなずいた。
先場所の雪辱を狙った朝乃山も「うまさにやられた。くそー」と苦笑いを浮かべて脱帽。
八角理事長(元横綱北勝海)は「遠藤は下がったが左からおっつけて、うまく相撲を取ったんじゃないか」と感心した。
初日に豪栄道を破ってからは白星から遠ざかっていたが、朝乃山の地力を技巧で封じてきらりと光る存在感を示した。
連敗を4で止めたこの日の白星は今後へ弾みがつきそうで、「自分らしくやるだけ」と表情を引き締めた。
けが人が相次ぎ、上位陣のふがいなさも目立つ中で、連日大声援を受ける人気者が奮起すれば一年を締めくくる場所が盛り上がる。

朝乃山

新小結朝乃山は小結遠藤に下手投げで敗れて2敗目。

妙義龍

実力者の妙義龍が、2016年夏場所以来、3年半ぶりに高安から白星を挙げた。
立ち合いでは中に入れなかったが、引いてうまく距離を取ってもろ差しに。
捨て身の首投げにも構わず寄り倒した。
流れよく大関を破って星を五分に戻し、7日目は埼玉栄高の後輩、貴景勝戦。
「あまり難しいことを考えず、自然体でやっていますよ」。虎視眈々と大関連破を狙っている。

明生

白鵬への初挑戦は完敗。
不成立となった最初の立ち合いで中に入ることはでき、「差し身は上位でも通用する。来場所も対戦できるように頑張る」と手応えも。

玉鷲

貴景勝のいなしにうまく対応し、よく見て押し出す。
「なるべく距離を詰めてと思った。大関というか貴景勝に勝ったことがうれしい」と満面の笑み。

松鳳山

小兵の炎鵬をうまく料理。
対戦成績を4戦全勝とし、「やりやすくはないけど、常に上手を早く、中に入れさせないこと」と攻略法を披露。

豊山

左に大きく動いた石浦にうまく取られ、2敗に後退。
「攻め急いでしまった。引きずらないように、切り替えてやる」

刈谷市制施行70周年記念事業 令和二年春巡業 大相撲刈谷場所

『刈谷市制施行70周年記念事業 令和二年春巡業 大相撲刈谷場所』が2020年4月4日(土)に開催される。
愛知県刈谷市での大相撲巡業の開催は2年ぶりで、市制70周年を記念して行われる。
巡業では横綱の白鵬、鶴竜をはじめ、幕内力士ら約270人が参加予定。
当日は、力士たちの熱い取組はもちろん、握手会などの触れあいや相撲の禁じ手をコミカルに実演する「初切」、 力士が唄う「相撲甚句」の披露など、巡業ならではのお楽しみも予定されており、 相撲を見たことがない方も充分楽しめる。
チケットは、11月16日(土)10:00から各プレイガイドにて一般発売がスタートする。

大相撲九州場所(福岡国際センター)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!そんな方はこちらをクリック☆