本場所 10日前 情報!

■白鵬
休場明けの大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で4場所ぶりの優勝を狙う横綱白鵬が30日、福岡県篠栗町の宮城野部屋で稽古を再開し「稽古できる喜び。その気持ちが(疲れに)勝っている」と相好を崩した。
この日はストレッチや四股、てっぽうで入念に体をほぐして土俵に入った。
幕内の石浦と14番取って13勝。
力強い出足で一気に距離を詰める場面が目立ち「小兵で的が小さいけど、後半はしっかり当たれた」と納得顔だった。
先場所は右手小指骨折で2日目から休場したが「巡業でしっかりやってきたことが今日につながった」と状態に不安はなさそう。
9月上旬に日本国籍を取得してから、本場所ではまだ1番しか取っておらず「体もそれなりにつくったと思うしね」と初日が待ち切れない様子だ。
稽古の最後には炎鵬を指名し、威勢のよい声とともに胸を出した。
充実感をにじませた第一人者は山あいの冷え込みも意に介さず「もう慣れている。気持ちいい。最高」と心地よさそうに汗を拭った。

■高安
左肘の負傷で大相撲秋場所を全休し、九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)が3度目のカド番となる大関・高安(29=田子ノ浦部屋)は30日、「ケガの功名という言葉通りになるよう頑張ります」と反転攻勢を誓った。
この日は福岡県大野城市の所属部屋で行った荒磯親方(元横綱・稀勢の里)との三番稽古で5勝17敗。
番数を重ねるうちに本来のパワーを発揮し5連勝する場面もあったが、「(最初は)ちょっとした恐怖心があったのかも。時間がない。これでダメなら、ケガするようなら本場所なんか出られない」と悲壮な決意を固めた。
稽古後の痛みを問われても「そんなに言うほどでは。“かゆい”ぐらいです」と強がる。
演歌歌手(30)と結婚することが明らかになり、31日には当地でツーショット会見に臨む。
周囲の祝福ムードに水を差すわけにはいかない。

■貴景勝
大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)を控えた29日、大関に復帰した貴景勝(23・千賀ノ浦)が福岡・篠栗町の部屋で稽古を再開した。
9月の秋場所は優勝決定戦で左胸を負傷。
今場所の出場が危ぶまれる中、いきなり「出ますよ。優勝しないといけない」と出場と優勝をダブル宣言した。ただ、今も左胸の状態は万全ではなく、先行きは不透明なままだ。
この日の貴景勝は四股などの基礎運動のほか、ぶつかり稽古で若い衆に胸を出して汗を流した。
9月の秋場所は千秋楽の優勝決定戦で左大胸筋を部分断裂。
加療6週間の大ケガを負った。
今場所の出場の可否が関心を集めるが、貴景勝は「もう、出ますよ」と早くも出場を明言。
「大関に戻ったから優勝を狙わないといけないし、優勝しないといけない」とV宣言まで飛び出した。
ただ実際には、左胸の状態は万全ではなく、先行きは見通せない。
秋巡業には中盤から途中合流したものの、現在に至るまで相撲を取る稽古は再開できていない。
11月1・2日には二所ノ関一門の連合稽古も予定されているが、本人は「(参加は)分からない。胸の調子次第」と一転して慎重な姿勢を示した。
今場所の貴景勝が置かれている状況は、カド番で迎えた7月の名古屋場所とも重なって見える。
右ヒザの負傷を抱える中で、師匠の千賀ノ浦親方(58・元小結隆三杉)に強行出場を直訴した。
師匠は関取衆との稽古が再開できていないことを理由に休場を勧告。
約5時間に及んだ説得の末、本人も最終的に休場を受け入れた。
千賀ノ浦親方は貴景勝の状態について「(当初の予想より)治りが早くて、相当にいい。出るつもりでやっていく」と言いつつも、最終的な判断に関しては「いい稽古ができていれば出場する」と条件をつけた。
今回も場所前の関取衆との稽古内容が、出場可否のカギを握ることになりそうだ。
周辺を取り巻く環境面では“追い風”が吹いている。
九州場所の宿舎は昨年は仮設だった稽古場が新築され、雨風の影響を受けることがなくなった。
30日には新たに発足した後援会による激励会も開かれる。

■御嶽海
先場所2度目の優勝を果たし、今場所での大関昇進を狙う関脇御嶽海は30日、福岡県新宮町の出羽海部屋で稽古を行い「巡業の疲れも取れたし、動きはいいかな」と手応えを口にした。
四股やすり足など基礎運動に加え、幕下力士相手に20番ほどぶつかり稽古を行い、鋭い出足を披露した。
31日からは同じ出羽海一門で、関脇栃ノ心らを擁する春日野部屋へ出稽古するといい「準備はできてますよ」と話した。
関取衆との稽古で調整のペースを上げる構えだ。

■阿炎
小結・阿炎が30日、福岡県篠栗町の錣山部屋宿舎で申し合い稽古を再開し、十両彩らと7番取った。
もろ手で相手を起こす立ち合いを試したが、中に入られる場面もあった。
稽古で取るのは約2週間ぶりといい「自分のペースでやろうと思った。良い感覚は覚えている」と振り返った。
昨年5月の夏場所から4場所連続で負け越した反省から、さまざまな力士の取組映像を見て研究するようになったそうで「少しでも勝てるようにいろいろやってきた」。
今年は5場所連続で勝ち越し。

■遠藤
小結・遠藤が29日、福岡市内の追手風部屋宿舎で四股やてっぽう、すり足などの稽古で汗を流した。
11月10日に初日を迎える九州場所に向けては、「気持ちは変わらない。頑張りたい」と落ち着いた表情で話した。
先場所は三役で初めて勝ち越した。
5月に結婚していたことが明らかになったこともあり、一層注目を浴びそうだが、「自分のペースでやっていきたい」と平常心を強調していた。

■北勝富士
平幕・北勝富士(27・八角部屋)が1日、東京都内の同部屋で会見し、大阪市出身で会社員(31)との婚約を発表した。
劇団四季の「ライオンキング」を見た9月4日、終演後に誰もいなくなった「2人だけの舞台」というロビーでプロポーズ。
4年の恋を実らせた。
そして迎えた秋場所初日は横綱・白鵬を撃破して金星奪取。
「最高のスタート」を切りながら2日目からまさかの6連敗。
ただ、そこから8連勝し「サプライズできた」と笑った。
来年1月に結婚して6月に都内で、結婚披露宴を予定している。

■朝乃山
大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)を新三役として迎える小結朝乃山(25・高砂)は30日、福岡市内の部屋で相撲を取る稽古を再開した。
同部屋の朝玉勢に4勝2敗、寺沢に4勝と、幕下2人に計10番で8勝2敗。
今月27日まで全20日(台風で中止の1日除く)の秋巡業は、15日間で朝稽古の土俵に立った。
最後の2日間は休養に充て、広島・三原市で行われた25日の巡業以来、5日ぶりに相撲を取り「少し体がなまっていたかも」と話しつつ、勝った8番はすべて得意の右四つからの完勝だった。
付け人を務める2学年下の寺沢とは、プロ入り後、初めて相撲を取った。
ぶつかり稽古で胸を出したことはあったが、相撲を取ったのは朝乃山が近大4年時に、寺沢のいた東洋大に出稽古した時以来、約4年ぶりだという。
稽古後、寺沢が真横にいる状況で「とても先場所、幕下で負け越した(3勝4敗)とは思えないほど力強かった」と、寺沢に聞こえるように冗談めかして話したが、奮起を期待しての愛情の裏返し。
寺沢は人懐こい笑顔を見せつつ、恥ずかしそうにしていた。朝乃山は続けて「付け人なので、強くなってほしい。付け人の力をつけてあげるのも自分の役目」と、三役力士らしく風格を漂わせた。
31日からは出稽古を予定している。
「小結になりましたけど、挑戦者という気持ちを持ち続けないと。小結で終わりじゃない。まだ上があるので」と話し、力を込めていた。

※高島親方
大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で、日本相撲協会の審判部長代理を高島親方(元関脇高望山)が秋場所に続いて務めることになった。
審判部副部長の藤島親方(元大関武双山)が30日、明らかにした。
審判部長を務めていた先代阿武松親方(元関脇益荒雄)が高血圧などの体調不良により9月に退職したのに伴うもの。

※元貴乃花親方
貴乃花は昨年10月、弟子の貴ノ岩の暴行事件に関するトラブルが原因で相撲協会を退職。
同月、元妻の元フジテレビアナウンサーと離婚。
記事では、河野に明け渡した都内の〝5億円豪邸〟のローンの支払いが億単位で残っているなど、貴乃花の困窮ぶりが明らかになった。
見かねた兄弟子の貴闘力が、1回100万円の地方イベントの仕事を持ちかけるが、プライドが高い貴乃花は拒否。
結局、2人は疎遠になってしまったという。

カテゴリー: News

本場所 11日前 情報!

■鶴竜
9月に師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)を亡くした横綱・鶴竜が、移籍した陸奥部屋で初めて稽古を行った。
てっぽうなどの基本運動に加え、ぶつかり稽古で胸を出し、「(初土俵から)18年がたって、また新弟子に戻った気持ち。頑張っていく」と気を引き締めた。
先場所途中休場の要因となった左膝にはまだ不安が残るが「新しい部屋の人たちにいい報告をしたい。そうすれば、天国の師匠もホッとするでしょう」と亡き師匠のためにも結果を求めていく。

■御嶽海
秋場所で2度目の優勝を果たした関脇御嶽海(26=出羽海)が福岡・新宮町の部屋宿舎で会見した。
今場所で12勝以上すれば大関に昇進する可能性があり「10勝は絶対条件。先場所と同じ12勝できるようにしたい」と意気込んだ。
一方で、勝負の場所を前に「不安です。本当に10勝できるのかなと…。自信はない」と弱気な言葉も口にした。
関脇で2回優勝し、三役の連続在位17場所は昭和以降で単独2位。
ただ、三役で10勝以上は優勝した2場所に限られる。
「三役で2桁(10勝以上)が少なすぎる。心の問題。落ち着いていれば(10勝以上は)取れると思うけど、そこまで安定していない」と冷静に自己分析した。
今月の秋巡業の過ごし方にも“誤算”が生じた。積極的に相撲を取る稽古に参加する一方、基礎運動に割く時間が不足。
「土俵に上がる回数は増えたけど、そのぶん大事な基礎運動ができなかった。悔いが残る。(本番まで)あと2週間あるので、カバーしないといけない」と課題を挙げた。
故郷の長野は台風の影響で甚大な被害に見舞われた。
御嶽海は先場所で獲得した殊勲賞の賞金200万円の全額を長野県に寄付。
12月にはボランティアで被災地に入り支援活動を計画している。
御嶽海は「勝っている姿を見せて、少しでも元気になってもらえれば」と話した。

■阿炎
九州場所は13年ぶりに小結が4人となる。
阿炎(25=錣山)、遠藤(29=追手風)、北勝富士(27=八角)、朝乃山(25=高砂)の4小結は29日、福岡国際センターで行われた赤ちゃん抱っこイベントに参加。
新三役の名古屋場所から2場所連続で勝ち越し中の阿炎は「優勝狙って、突っ走っていきます」と威勢よく意気込んだ。
世代交代の空気が角界を包む中、夏場所で優勝した朝乃山ら若手・中堅力士が、幕内上位に名を連ねる。
ライバルひしめく九州場所だが、阿炎は「(ライバル意識は)ない。全員敵なので。負けない。1抜けします」と宣言。
今や優勝宣言は“恒例”になっているが「そろそろ優勝しないと、口だけになっちゃう。優勝目指します」とハッパをかけた。
もっとも新三役の場所から8勝、9勝を挙げており「ちょっとずつ進んでる」。今年は一度も負け越しがなく、年間最多勝争いでも関脇・御嶽海(26=出羽海)と並ぶ。
タイトルについては「御嶽海というバケモンがいるので」と謙遜するが、「肩を並べてることを自信につなげて、張り合ってみようかな」と笑った。
初日までは横綱・白鵬(34=宮城野)の胸を借りに出稽古に行くプランもあり「この2週間が勝負。しっかり体を作っていく」。
優勝、そして年間最多勝という最高の結果で1年を締めくくるべく「1番1番集中して。自分の相撲を出せたらいい」と場所を見据えた。

■朝乃山
朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB、高砂部屋)が新小結に昇進し、西の2番目に就いた。
富山県出身力士では1985(昭和60)年九州場所の琴ケ梅以来34年ぶりの新三役となる。
朝乃山は福岡市中央区の高砂部屋で記者会見し「小結で終わらない。もっと上の番付がある」と抱負を語った。
九州場所の小結は朝乃山に加え、東に阿炎(錣山部屋)、西に遠藤(石川県穴水町出身、金沢学院高OB、追手風部屋)が就き、東の2番目で北勝富士(八角部屋)が返り咲いた。
小結4人は2006年九州場所以来13年ぶりとなる。

■佐田の海
大相撲九州場所のPRイベントが29日、福岡市内で行われた。
九州出身の琴恵光、松鳳山、佐田の海、正代の九州出身幕内力士らが参加。
集まったファンに来場を呼びかけ、カレンダーをプレゼントするなどして交流した。
冒頭のあいさつでは、佐田の海が「ここ数年、九州場所では勝ち越せていないので頑張ります」と、5年連続ご当所場所で負け越し中と告白。
これに、待ってましたとばかりに、直後にあいさつの順番が回ってきた正代が「僕は九州で負け越したことがないですが頑張ります」と、隣の佐田の海を見てニヤリ。
入門以来、5年連続で勝ち越し中をアピールしつつ、笑いを誘っていた。
イベント後、報道陣から目標を問われた正代は「まずは8番。それを早い段階でクリアできれば、2ケタ(白星)も見えてくる。三役に復帰したい」と、力強く話していた。

※嘉風
大相撲元関脇・嘉風の中村親方(37=本名大西雅継、佐伯市出身)が29日、大分合同新聞社を訪れ、引退を報告した。
中村親方は恩師ら関係者と一緒にスーツ姿で来社。
「相撲取りになってよかった。きついのは当たり前で、厳しいとは思わなかった」と16年間の現役生活を振り返った。
6月に負傷した右膝はリハビリで装具付きでの歩行は支障のないところまで回復しており、今後は尾車部屋付きの親方として指導に当たる。
「現役最後の方は、自分のことよりも若い衆の稽古を見る方が楽しかった。指導を頑張りたい」と後進育成に意欲をのぞかせるとともに、「(弟子たちには)固定観念を持たせずにやらせたい」と意気込みを語った。
中村親方の引退相撲・断髪式は来年10月3日、東京の両国国技館で行う。

カテゴリー: News

本場所 12日前 情報!

■高安
大相撲の大関・高安(29=田子ノ浦部屋)と演歌歌手の杜このみ(30)が結婚することが28日、分かった。
既に婚約しており、交際約2年でのゴールイン。31日に福岡市内でツーショット会見を開く。
高安は11月10日初日の九州場所(福岡国際センター)をカド番で迎える。
最愛の伴侶を得て心機一転、悲願の初優勝へ挑む。2人の出会いは16年2月に開かれたNHK福祉大相撲。
関係者によると、親交を深めたのはその後。田子ノ浦部屋と長年親交のある師匠の細川たかし(69)とともに、部屋の祝賀会や激励会に参加するようになってからだ。
関係者は「それぞれ本場所優勝、紅白歌合戦出場と大きな目標がある。通じ合う部分があり、同学年ということもあって意気投合した」と明かした。
17年に交際を開始し、今夏に高安がプロポーズして結婚を決めた。先月下旬には高安が家族を連れて、杜の故郷・札幌を訪問。両家の食事会で結婚を報告した。
同居はこれからで、挙式、披露宴については未定。杜は大関を支えることを最優先に仕事を続ける。婚姻届の提出時期について関係者は「会見で話すと思う」と明かした。
定期的に“遠距離恋愛”となる2人は、時間がない中で愛を育んできた。高安は本場所や巡業、杜も公演やキャンペーンで全国を飛び回る。
「大きな体で目立つのでデートはなかなかできなかった。知人を交えて食事することが多かったようだ」と関係者。互いに仕事を頑張ることで励まし合ってきた。
名古屋場所が行われた今年7月には、杜も同地の御園座で前川清(71)の座長公演に出演。高安は時間を縫って観賞に駆けつけ、ステージで真剣に歌う姿に刺激を受けた。
一方、杜も大相撲を観戦し、朝稽古も見学。昨年12月のブログで「魂のぶつかり合う相撲の文化に触れ、勝ち負け関係なく相手を思い遣る心遣いなど、人としてもお勉強させていただきました!!改めて、相撲が大好きになった一年でした」とつづった。
周囲は「大関は土俵では強く、普段は優しい。杜さんは誠実で男らしい人柄にほれた」と話している。
杜は細川の一番弟子。幼少期から民謡で鍛えてきた力強い歌声を武器に、NHK紅白歌合戦出場を目指している。
報告を受けた細川も「おめでたいことだ」と“娘”の結婚を喜んでいるという。
高安は左肘の負傷で9月の秋場所を全休し、カド番で九州場所を迎える。
杜の最新曲のタイトルは「王手!」。綱獲りに“王手”をかけるべく、初優勝を目指して土俵に上がる。

■御嶽海
日本相撲協会は28日、九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の新番付を発表し、秋場所で2度目の優勝を飾った関脇・御嶽海(26=出羽海部屋)が大関昇進への強い思いを語った。
目標に掲げたのは、大関昇進の目安とされる3場所合計33勝に到達する12勝。
土俵上で雄姿を見せ、台風19号で甚大な被害を受けた故郷の長野県を勇気づける。
17場所連続で三役を張る御嶽海が“三役からの卒業”を狙う。
福岡県新宮町の出羽海部屋での会見で「自分の相撲を取って10勝以上。先場所と同じ12番を取れるようにしたい」と意気込んだ。
名古屋場所は関脇で9勝、秋場所は12勝3敗で並んだ貴景勝との関脇同士の優勝決定戦を制した。
九州場所で12勝なら3場所合計33勝。協会審判部は大関獲りとは明言していないが「上がれなくても次につながる数字」と大関を見据えた。
秋巡業では土俵での稽古が増えた分、「基礎運動が少なかった」という反省点もある。不安を払しょくして目標を達成するために「前に出ることを忘れないように」と攻めの姿勢を貫く。
最近3場所は黒星発進だけに「序盤が大事」とスタートダッシュも意識した。
故郷の長野県は台風19号により千曲川が氾濫し、甚大な被害を受けた。
被災者のために、秋場所の殊勲賞の賞金200万円を支援に充て、500ミリリットルの飲料水2000本も送った。
「早く元の生活に戻ってもらいたい」という思いから、12月には知人のリンゴ農園の泥などを除去する作業に出向く計画もある。
物資だけでなく、土俵上での活躍が地元の人々のためになるということも理解している。
「勝っている姿を見せて元気になってもらえれば」。大関獲りは、地元への何よりの恩返しになる。

■朝乃山
新小結・朝乃山は福岡市内の高砂部屋で会見し、「素直にうれしい。予想は前頭筆頭だった。無事(三役に)上がれて良かった」と笑みをこぼした。
小結4人は13年ぶりだけに番付には驚きもあった。
前頭2枚目の先場所は10勝して存在感を示して着実に番付を上げているが、師匠の高砂親方(元大関・朝潮)は「三役で2桁勝たないと大関を口にしちゃいけない」と言い切る。
御嶽海ら同年代のライバルが上位で活躍することに「負けられない」と闘志を高めつつ、目標を問われ「とりあえず、勝ち越してから2桁を目指したい」と意欲をのぞかせた。

■遠藤
遠藤は8場所ぶりに三役に返り咲いた先場所、8勝7敗と勝ち越した。九州場所も好成績を残し、三役定着を狙う。

■炎鵬
名古屋場所から2場所連続で9勝を挙げた炎鵬は、順調に出世街道を突き進む。
角界屈指の人気者となった小兵の25歳は今年締めくくりの福岡でも躍動し、観客を沸かせたいところだ。

■若隆景
日本相撲協会は28日、大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)の新番付を発表した。
福島市出身の若隆景(24)=本名大波渥、学法福島高―東洋大卒、荒汐部屋=が東前頭16枚目に昇進し、新入幕を果たした。
県勢の幕内力士誕生は2013(平成25)年春場所で入幕し、昨年1月に引退した元幕内の双大竜(37)=本名高橋亮三、福島市出身=以来6年ぶり。
若隆景は福島市出身として双大竜に次いで2人目、学法福島高相撲部出身では初めての幕内力士となった。
全国学生相撲選手権個人で準優勝した東洋大を経て、17年春場所に初土俵を踏み、三段目最下位格付け出しでデビューした。
昨年の初場所で幕下優勝し夏場所で十両へ昇進。
十両9場所目だった先場所は西十両3枚目で9勝6敗の好成績を挙げた。
身長182センチ、体重125キロ。
同じ荒汐部屋に所属する若隆景の2人の兄は、次兄の若元春(26)=本名港、学法福島高卒=が4場所ぶりに十両に復帰し、西十両11枚目につけた。
長兄の若隆元(27)=本名渡、学法福島高卒=は東幕下13枚目となった。
大波3兄弟の祖父は元小結の若葉山。

カテゴリー: News