本場所 11日前 情報!

鶴竜
大相撲秋場所(9月8日初日、両国国技館)の新番付が発表された26日、横綱鶴竜(34=井筒)が東京・墨田区の部屋で会見した。
7月の名古屋場所では7場所ぶり6度目の優勝を飾り、自身2度目の連覇に向けて「巡業中はしっかり体をつくってきた。今場所に集中したい」と意欲十分。
優勝10回の大台も視界に入れ「そういう目標を立てないと、やっている意味がない。一つひとつ、積み重ねていきたい」と意気込んだ。
24日にはバスケットボール男子強化試合の日本―ドイツ戦を観戦。バスケ経験者でもある鶴竜は試合前の“始球式”で見事に3点シュートを決めて満員の観客をどよめかせた。
鶴竜は「(3点シュートは)モンゴルでも、だいぶ騒がれているみたい。小さいころにやっていたから。ワクワク感があって、すごく楽しかった」と笑顔。
NBAウィザーズ入りして注目の八村塁(21)からは「(シュートのフォームが)めっちゃきれい。すごかったですね」と驚いた様子で声をかけられ、鶴竜は「今度、プライベートで応援に行きます」と応じたという。
角界でも屈指のNBAファンだけに「ちょうど、友達がワシントン(ウィザーズの本拠地)に住んでいるので。応援に行けたらいいなと思っています」と目を輝かせた。
鶴竜のシュートの様子はネット上でも大きな話題となった。次は本職の土俵でも沸かせる構えだ。

貴景勝
大相撲秋場所(9月8日初日、両国国技館)で大関から関脇へ転落した貴景勝(23)は27日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で番付発表後初の稽古を行った。
四股やすり足、てっぽうなど入念な基礎運動で汗を流し、幕下以下の力士に胸も出した。早ければ28日にも、7月の名古屋場所前以来となる相撲を取る稽古を再開する。
稽古場の壁に掛けられている地位の木札が、真新しいものになっていた。
貴景勝のしこ名の横にはこれまでの「大関」が消え、「関脇」へ掛け替えられた。
新大関だった5月の夏場所で右膝を負傷して途中休場。
名古屋場所は全休し「(秋場所では)優勝したい。無理と思うかもしれないが、優勝したいと思わなければ10勝できない。10勝を目標にすれば5勝しかできない。8勝とすれば1番も勝てない」と、独特の勝負観を吐露した。
関係者によれば、夏巡業を全休した8月の約1カ月間は母校の埼玉栄高相撲部の学生と寝食をともにしてリハビリ、トレーニングに取り組んだ。
「初心に戻った。純粋になれた」。米大リーグで活躍するダルビッシュ有投手らを顧客に持つトレーニング指導者、山本義徳氏(50)の栄養学の著書を次々と読破。自身の体と向かい合った。
在位わずか2場所で大関から陥落したが、秋場所で10勝すれば大関へ復帰できる。

炎鵬
大相撲の力士会が27日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、十両、幕内力士が体重を計測した。
幕内力士の平均体重は162.6で、前回の計測時からマイナス1.3キロ。
名古屋場所で技能賞を獲得した人気力士の西前頭11枚目炎鵬(24=宮城野)は、体重98キロを計測。前回の計測に続き、最軽量関取となった。

幕内長身・重量ランキング
《長身》
1位:白鵬 192センチ・逸ノ城 192センチ・輝 192センチ
4位:栃ノ心 191センチ・碧山 191センチ・竜電 191センチ・隠岐の海 191センチ・東龍 191センチ・貴源治 191センチ
《重量》
1位:逸ノ城 224キロ
2位:碧山 199キロ
3位:千代大龍 190キロ
4位:友風 181キロ・琴勇輝 181キロ

子ども相撲「魁皇杯」
直方市出身の大相撲の浅香山親方(元大関魁皇)が同市役所を訪れ、大塚進弘市長に「地元から力士を」と小学生対象の相撲大会「魁皇杯」の創設を提案するとともに、市内に常設の相撲場設置を要望した。
浅香山部屋の所属力士は現在、11人。県出身者はいないという。
親方は「相撲の世界に入ったのも、土俵があり、小学生のころに大会に出たから。育ったまちと相撲でつながりを持ち続けたい」と「魁皇杯」への思いを語った。
子ども対象の相撲大会は、市が昨年度に開催のための予算をつけたものの、土俵がないなどの理由で実現に至らなかった。
親方は「筑豊の小学生を対象にまず始め、中学生などに広げたい」との意向も明かした。