本場所 9日前 情報!

■白鵬
大相撲秋場所で、3場所ぶり43度目の優勝を目指す横綱白鵬が29日、東京都墨田区内の部屋で、朝稽古に汗を流した。
この日は軽めの稽古に終始。稽古場に姿を現すと、10分ほどの柔軟で体をほぐした。
土俵に入ると、三段目の若い衆相手に、立ち合いの踏み込みの確認を入念に7本繰り返し、受けの稽古も17本。
18分ほどで土俵を離れ稽古場から引き揚げた。
相撲を取る稽古は、16日の夏巡業を最後に行っていないが、ペース配分を考慮しながら秋場所に向け調整を続けるようだ。
部屋を引き揚げる際には、かねて親交があり、この日発表されたラグビーW杯代表で、2大会連続のキャプテンとして選出されたフランカーのリーチ・マイケルについて言及。
「日本で開催されるW杯だから、日本中の人をわかすために活躍してほしい。何よりも勝つ。そのことに尽きる」とエールを送った。
リーチ・マイケルはラグビーの普及のためにモンゴルから、母校の北海道・札幌山の手高に留学生を招くプロジェクトに取り組んでおり、その際に白鵬が協力の手を差し伸べている。
「リーチさんだからできる素晴らしい社会貢献」と、異国の地で活躍する同じ境遇にあるスポーツマンをたたえていた。

■栃ノ心
大相撲秋場所を通算3度目のカド番で迎える大関栃ノ心が29日、東京都墨田区の出羽海部屋へ出稽古し、関脇御嶽海らと12番取り、10勝2敗だった。
勝ち数はまずまずだが、名古屋場所途中休場の引き金となった古傷の右膝が万全ではなく「まだまだ力が入らない。左足だけで相撲を取っている感じ」と、すっきりしない表情だった。
左肩にも故障を抱える中、まわしを取ってからの引き付けは健在。
そこから一気に寄り切れず、振ってから攻め直すなど出足に力強さを欠いた。
碧山との稽古では右膝をかばって途中で相撲をやめる場面もあった。
カド番脱出へ、まずは勝ち越しを目指す。普段と違う重圧がかかる場所となるが、報道陣の「やることをやるだけか」との質問に「そう」と短く答え、決意を示した。
16場所連続三役在位の御嶽海は10番で、2勝8敗と精彩を欠いた。

■貴景勝
右膝負傷で先場所全休し大関から陥落した関脇貴景勝が29日、都内の部屋で連日、幕下相手に相撲を取った。
前日より2番増やし、14本取って、鋭い出足と押しの圧力で全勝した。
踏み込みの低さ、当たりの強さも文句なし。患部の動き、強度に不安はなかった。
この日は右膝に加え負傷していない左膝にも同様にテーピング。
片足だけ可動域が制限されることに違和感がありバランスを取った。
「自分にとって合った形、力が入りやすいように。不安を消していく」。細心の注意を払い、最善の方法を試行錯誤していく。
関取衆との稽古は再開しなかったが、「スタミナ、相撲勘を戻さないといけない。痛さはない。番数をこなしたい」。初日にきっちり照準を合わせている。
名古屋場所前以来となる相撲を取る稽古を再開したばかり。
また、自身が起こした暴行問題の引責で昨年12月に引退したモンゴル出身の元幕内貴ノ岩のアディヤ・バーサンドルジ氏が訪れ、消滅した貴乃花部屋、転籍した千賀ノ浦部屋で寝食をともにした貴景勝らと再会した。
所用で数日前に来日した同氏は、現行制度では秋場所で10勝すれば大関へ復帰できる貴景勝について「相撲勘はすぐ戻る。体の張りもある。(大関復帰は)大丈夫でしょう」。
かつての弟弟子の太い二の腕を、頼もしそうに触れた。

カテゴリー: News

本場所 10日前 情報!

■豪栄道
右肩のけがで名古屋場所を途中休場した大関豪栄道が28日、東京都足立区の境川部屋で佐田の海と15番取った。
低く当たって一気に押すだけでなく、右おっつけ、巻き替えなどの動きも確認。
相撲を取る稽古は前日に始めたばかりで、「まだ本調子じゃない。メリハリをつけてやれることをやっていきたい」と話した。
秋場所は8度目のカド番で迎えるが、「出るからには優勝を目指す。高い目標を持たないとやりがいがない」と力強く言った。

■栃ノ心
右膝と左肩の負傷で大相撲名古屋場所を途中休場した大関栃ノ心が28日、同部屋で2カ月ぶりに申し合いを行い、平幕の碧山と計10番取って1勝9敗と精彩を欠いた。
立ち合いの厳しさがなかったため得意の左上手を引けず、上体を起こされて押し出される相撲がほとんど。
「(まわしが)取れない、当たれない、足が出てこない」と嘆き、3度目のカド番となる秋場所に向けて悲壮感を漂わせた。
右膝は今も痛みがあり「力が入らない」。過去2度のカド番と比べても「駄目ですね」という。
それでも「負けても落ち込まず、最後までやること。そうすれば少しずつ良くなる。休んでいても治らない」と前を向く。
痛みをこらえて稽古を続け難局に立ち向かう。

■貴景勝
大相撲秋場所を控えた27日、大関から関脇に陥落した貴景勝が東京台東区の部屋で行われた稽古に合流。
ぶつかり稽古で若い衆に胸を出すなどして汗を流した。
7月場所は右ヒザの故障で全休。場所後も部屋の稽古には姿を見せず、母校の埼玉栄高を拠点に治療やリハビリを行っていた。
貴景勝は約1か月に及ぶ“隠密トレ”について「自分がやるべきことはケガを治すこと。ヒザが動かない状態でここ(部屋の稽古場)に立っていてもしようがない。埼玉栄のヒザ専門の先生がいるので。(部屋ではやれない)治療もあるし、トレーニングもある」と説明した。
一方で、角界内では今回の貴景勝が取った単独行動を疑問視する向きもあった。ベテラン親方の一人は「自分の弟子なら認めない」と断言する。
その理由は監督責任がある師匠の目が届きにくいこと。
本来なら部屋頭の貴景勝は若手力士を指導する立場でもあるからだ。
大ケガや病気による入院でもしない限り、長期間の別行動はよしとされない風潮は今も根強い。
ただ、貴景勝自身も周囲から異論が出ることは折り込み済みのようだ。
「(別行動を)千賀ノ浦親方に認めていただいてありがたい。部屋のみんなにも、指導できる時はしてあげたいですけど。自分のリハビリで部屋にいないことを理解してもらって、みんなにも感謝しないといけない」と話し、師匠を含め部屋全体が納得済みであることを強調した。
貴景勝は近日中に相撲を取る稽古を再開し、本番に向けてペースを上げていく構え。
大関に復帰するためには10勝が必要となる中で「優勝したい。それを目指さないと10勝はできないし、10勝を目指したら5勝で終わる」と断言。
自ら選んだ方法が正しかったことを証明するためには、結果を残すしかない。

■遠藤
大相撲秋場所8場所ぶりに三役へ返り咲いた人気の小結遠藤は28日、埼玉・草加市の追手風部屋で大栄翔ら関取6人と11番取って8勝3敗だった。
「初日までまだある。ここからしっかり相撲を取っていく」。新小結だった平成30年夏場所は足首などの状態が思わしくなく1場所で陥落しており、万全の備えに気を配る。
東京場所前恒例の身長、体重測定では9キロ減の149キロだった。
夏巡業で食を細くしたこともあり「ショックだった…」というが、前回は測定後に正装での写真撮影が設定され、着物のほか多くの小物などを身につけていたという。
今回は浴衣で臨み、その“誤差”も指摘した。稽古でも体つきに変化はなく、立ち合いに軽さは感じられなかった。

※大相撲下関場所
大相撲の冬巡業となる下関場所が12月3日、県立下関武道館で開かれることになり、日本相撲協会巡業部の枝川親方が28日、PRのため下関市役所を訪れた。
下関場所の開催は2015年10月以来4年ぶり。九州場所の後、十両以上の力士ら総勢約270人が参加する予定。
公開稽古に始まり、気迫あふれる取組のほか、髪結いの実演、横綱の綱締めなどもある。「ぶつかり合う音など迫力を感じてほしい」と枝川親方。
豊真将、豊響といった力士が輩出した下関。枝川親方は、岩国市出身で相撲協会理事長も務めた故放駒親方(元大関魁傑)にも触れ、「後に続く力士が出てほしい」と期待を込めた。

カテゴリー: News

本場所 11日前 情報!

鶴竜
大相撲秋場所(9月8日初日、両国国技館)の新番付が発表された26日、横綱鶴竜(34=井筒)が東京・墨田区の部屋で会見した。
7月の名古屋場所では7場所ぶり6度目の優勝を飾り、自身2度目の連覇に向けて「巡業中はしっかり体をつくってきた。今場所に集中したい」と意欲十分。
優勝10回の大台も視界に入れ「そういう目標を立てないと、やっている意味がない。一つひとつ、積み重ねていきたい」と意気込んだ。
24日にはバスケットボール男子強化試合の日本―ドイツ戦を観戦。バスケ経験者でもある鶴竜は試合前の“始球式”で見事に3点シュートを決めて満員の観客をどよめかせた。
鶴竜は「(3点シュートは)モンゴルでも、だいぶ騒がれているみたい。小さいころにやっていたから。ワクワク感があって、すごく楽しかった」と笑顔。
NBAウィザーズ入りして注目の八村塁(21)からは「(シュートのフォームが)めっちゃきれい。すごかったですね」と驚いた様子で声をかけられ、鶴竜は「今度、プライベートで応援に行きます」と応じたという。
角界でも屈指のNBAファンだけに「ちょうど、友達がワシントン(ウィザーズの本拠地)に住んでいるので。応援に行けたらいいなと思っています」と目を輝かせた。
鶴竜のシュートの様子はネット上でも大きな話題となった。次は本職の土俵でも沸かせる構えだ。

貴景勝
大相撲秋場所(9月8日初日、両国国技館)で大関から関脇へ転落した貴景勝(23)は27日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で番付発表後初の稽古を行った。
四股やすり足、てっぽうなど入念な基礎運動で汗を流し、幕下以下の力士に胸も出した。早ければ28日にも、7月の名古屋場所前以来となる相撲を取る稽古を再開する。
稽古場の壁に掛けられている地位の木札が、真新しいものになっていた。
貴景勝のしこ名の横にはこれまでの「大関」が消え、「関脇」へ掛け替えられた。
新大関だった5月の夏場所で右膝を負傷して途中休場。
名古屋場所は全休し「(秋場所では)優勝したい。無理と思うかもしれないが、優勝したいと思わなければ10勝できない。10勝を目標にすれば5勝しかできない。8勝とすれば1番も勝てない」と、独特の勝負観を吐露した。
関係者によれば、夏巡業を全休した8月の約1カ月間は母校の埼玉栄高相撲部の学生と寝食をともにしてリハビリ、トレーニングに取り組んだ。
「初心に戻った。純粋になれた」。米大リーグで活躍するダルビッシュ有投手らを顧客に持つトレーニング指導者、山本義徳氏(50)の栄養学の著書を次々と読破。自身の体と向かい合った。
在位わずか2場所で大関から陥落したが、秋場所で10勝すれば大関へ復帰できる。

炎鵬
大相撲の力士会が27日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、十両、幕内力士が体重を計測した。
幕内力士の平均体重は162.6で、前回の計測時からマイナス1.3キロ。
名古屋場所で技能賞を獲得した人気力士の西前頭11枚目炎鵬(24=宮城野)は、体重98キロを計測。前回の計測に続き、最軽量関取となった。

幕内長身・重量ランキング
《長身》
1位:白鵬 192センチ・逸ノ城 192センチ・輝 192センチ
4位:栃ノ心 191センチ・碧山 191センチ・竜電 191センチ・隠岐の海 191センチ・東龍 191センチ・貴源治 191センチ
《重量》
1位:逸ノ城 224キロ
2位:碧山 199キロ
3位:千代大龍 190キロ
4位:友風 181キロ・琴勇輝 181キロ

子ども相撲「魁皇杯」
直方市出身の大相撲の浅香山親方(元大関魁皇)が同市役所を訪れ、大塚進弘市長に「地元から力士を」と小学生対象の相撲大会「魁皇杯」の創設を提案するとともに、市内に常設の相撲場設置を要望した。
浅香山部屋の所属力士は現在、11人。県出身者はいないという。
親方は「相撲の世界に入ったのも、土俵があり、小学生のころに大会に出たから。育ったまちと相撲でつながりを持ち続けたい」と「魁皇杯」への思いを語った。
子ども対象の相撲大会は、市が昨年度に開催のための予算をつけたものの、土俵がないなどの理由で実現に至らなかった。
親方は「筑豊の小学生を対象にまず始め、中学生などに広げたい」との意向も明かした。

カテゴリー: News

カレンダー更新しました!

誠に勝手ながら弊社では、下記日程を連休させて頂きます。

皆様には、ご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

2019年8月9日(金)正午 ~ 2019年8月15日(木)

■キャンペーン購入版

申込締切(9月6日(金))
ホームページ受付締切(9月8日(日)正午)
成績速報配布開始(9月11日(全体のみ)/9月12日~(道場内))

■集計版

ホームページ受付締切(9月7日(土)終日中)
成績発表開始(9月8日~(道場内))