2019.07 本場所 12日目 情報!

■鶴竜
単独トップを堅持した。
琴奨菊に得意の左四つで寄り立てられたが、すかさず反撃。
「慌てなかった。そこからの動きがよかった」。
最後は豪快に突き倒した。
初日からの11連勝は昨年春場所以来で、この場所ではただ一人出場した横綱として優勝を遂げた。
今場所は4大関が不在となった中、「自分の相撲に集中する気持ちは変わらない。より集中してやるだけ」と自覚をにじませた。

■白鵬
4年ぶりの不戦勝で10勝目を挙げた。
対戦相手の大関高安が左肘の負傷で11日目から休場したため。
白鵬にとっては15年夏場所以来、6度目の不戦勝となった。
勝ち名乗りを受けて支度部屋に戻ると「(言うことは)何もないっしょ。ノーコメント」と苦笑いした。
この日の朝、白鵬はまわしをつけずに土俵上を歩くなどして、土の感触を確かめた。
高安の休場は、稽古場へ降りる直前に把握。
負荷こそ少ないものの、相撲を取らない日でも欠かさず運動を行い「いつも通り動くことが大事」と強調した。
4大関が休場し、両横綱が優勝争いを展開している今場所。
初日から11連勝と好調を維持している横綱鶴竜について、この日の朝稽古後に「重さと速さ、そんなに強く当たっているわけではないけど、そこに圧力がある。頭も下がっている」と評価。
4大関が休場したことについては「言うことはないよ」とした。

■御嶽海
3連敗を免れた。
明生十分の左四つに組んでも、両まわしを引き付けて徐々に体勢を整える。
粘る相手を寄り切り、「冷静だった」と振り返った。
連覇が懸かった名古屋場所。
11日目を終えてトップの鶴竜とは4差だが、優勝争いの中心にいる両横綱との対戦を残しており「ちょっと面白くしていきたい」。
まずは1敗の白鵬に挑む。

■朝乃山
好調な力士を圧倒した戦いぶりに、スケールの大きさを改めて感じさせ北勝富士に完勝。
「止まらないようにと思っていた。体が動いた」。
得意の右は入らなくても、鋭い当たりから構わず前進。
相手を土俵下へと吹っ飛ばした。
北勝富士が7連勝中であることは知っていた。
それだけに「俺が絶対に止めてやる、それくらい気合が入っていた」という。
学生時代には「1度も勝ったことがなかった」相手を、昨年秋場所以来の対戦で難なく倒し、成長した姿を示した。
東前頭筆頭に番付を上げ、上位陣と初めて総当たりする本土俵を「勉強の場所」と位置づけていた。
11日目を終えて5勝6敗。
役力士との対戦は終えており、優勝経験者として、新三役昇進に向けて勝ち越すことが期待される。
高安が休場して4大関全員が不在になった。
峠を越した感がある上位陣が多い中、朝乃山は次を担うべき存在の一人。
「今場所は簡単にはいかないと思っていたが、自分の相撲を取れている」。
手応え十分に残り4日の相撲に全力を注ぐ。

■照強
会心の内容で2敗を守った。
真正面からぶつかって攻め込むと、腕力が強い錦木の差し手を封じ、もろはずでの押し出し。
「伸び伸びと取れている。今場所一番の相撲」と自賛した。
12日目は同じ兵庫県出身の大先輩で好調な妙義龍に初挑戦。
「気持ちをしっかりとそこに持っていって、良い相撲を取りたい」。
優勝争いを少しでも盛り上げたい思いもあってか、意欲十分の口ぶりだった。

※大相撲名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)
大相撲を見逃した!もう一度見たい!方はこちら。