2019.07 本場所 10日目 昼 情報!

※安美錦
大相撲の元関脇で関取最年長の西十両11枚目、安美錦(40=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋)の引退が名古屋場所10日目の16日、決まった。
名古屋市内の同部屋の宿舎前で取材に応じ「これまではけがをしても治療してまだやるぞと思ったが、(今回は)初めて今後を考えた。勝負師として一線を退く時が来たかな。何も悔いはない」と話した。
安美錦は魁皇に並び歴代1位の関取在位117場所とした今場所2日目に古傷を抱える右膝を痛め、3日目から休場していた。
1997年初場所で初土俵を踏み、2000年初場所新十両、同年名古屋場所で新入幕。
多彩な技を生かした取り口で人気を集め、関脇には6場所在位。
左アキレスけん断裂の大けがも乗り越え、39歳で再入幕した17年九州場所で敢闘賞を手にした。
幕内在位97場所は歴代3位、三賞受賞12度(殊勲4、敢闘2、技能6)は同10位タイ。金星は8個獲得した。