2019.07 本場所 2日前 情報!

■嘉風
日本相撲協会は5日、大相撲の東前頭11枚目嘉風(尾車)が名古屋場所を休場することを発表した。
嘉風は、日本相撲協会に「右膝外側側副靭帯損傷で、今後2カ月の治療を要する見込み」の診断書を提出した。
前頭6枚目で臨んだ夏場所は、中盤の5連敗を含むなど4勝11敗だった。
前頭11枚目で全休となれば、2007年夏場所以来約12年ぶりに、十両に陥落する可能性もある。
加療期間は2カ月の見込みで、9月の秋場所の出場も不安視される。