2019.05 本場所 6日目 朝 情報!

■鶴竜
小結碧山を寄り切りで下し、5連勝とした。。
横綱白鵬に続き、新大関の貴景勝まで土俵からいなくなった。
看板力士が相次いで休場する中、存在感を高めているのが一人横綱の鶴竜だ。
ここまで引く相撲は見られず、大関以上ではただ一人5連勝。
「体がしっかり反応している。良かった」と涼しげに言った。

■栃ノ心
両足を俵にかけて抵抗する北勝富士を、力強く土俵の外へと運んだ。
踏み込みが鋭かったから、相手の突き押しにもひるまず、左で前まわしを引くのが速い。
右をこじ入れて得意の形に持ち込み、「こういう相撲を取れるのは久しぶり」。
今場所の状態の良さを確信したようだった。

■朝乃山
平幕で唯一の5連勝発進を果たした。
過去1勝5敗と苦手にしている東前頭10枚目輝を、右四つで寄って追い詰め、最後はすくい投げ。
終盤の5連敗で勝ち越しを逃した先場所の失敗を生かし、今場所は禁酒などで体調管理を意識。
三役候補として期待された大器がいよいよ本領発揮だ。

■炎鵬
5日目、4勝1敗で序盤戦を乗り切った。
関取最軽量99キロの小兵は土俵上を軽快に動き回り、館内を連日沸かせている。
「イメージ通り、自分の動きができている。充実感は(これまでの)倍くらいある」と満足そうだった。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 5日目 昼 情報!

■貴景勝

新大関 貴景勝が右足を痛め、夏場所5日目の16日から休場することになった。

師匠の千賀ノ浦親方によると、診察を受けた結果、右ひざ付近のじん帯を痛めたということ。

休場は、去年の春場所以来、2回目。

千賀ノ浦親方は「貴景勝は、きょうから休場します。本人が言うくらいだから痛みは相当あると思います。出場は無理ですね。このまま相撲人生を終わらせるわけにはいかないので休場するしかないです。本人がいちばん残念に思っています。次の場所に向けて時間をかけて治していきたいと思います」と話した。

そのうえで、夏場所に再出場するかどうかについては「難しいかなと思っていますが、今の時点では何とも言えません。これからの相撲人生が長いので無理させないようにしたい」と話した。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 5日目 朝 情報!

■鶴竜
遠藤を退けて、上位陣でただ一人の勝ちっ放し。
鋭い出足から突いて出て、タイミング良くはたいて泳がせた。
背中も見せた相手を難なく押し出し、「相手をよく見て動けた。とにかく落ち着いていた」と振り返った。
今場所は立ち合いで主導権を握って攻めることができており、「前に出てからなので余裕がある」。
順調に白星を重ね、表情に自信が満ちている。

■栃ノ心
玉鷲の攻めをしのいで4連勝。
土俵際まで押されたが、左からおっつけてまわしをつかんで出ると、相手が巻き替えて左が得意の上手に。
引き付けて膝も使って寄り切り、「我慢できた。きょうの白星は大きい」。紅潮した顔で充実感をにじませた。
けがを抱える右膝の状態も良さそう。
大関復帰に必要な10勝へ着々と白星を重ねているが、「まだ、これからでしょ。一つずつ大事に取っていきたい」と気を引き締めた。

■貴景勝
4日目、新大関の貴景勝は小結御嶽海を寄り切って3勝目を挙げた一番で右膝の内側を負傷。
16日の状態次第で、休場する可能性が出てきた。
もろ差しになった貴景勝がジリジリとにじり出る。
御嶽海を寄り切った瞬間、館内の熱気は最高潮に達した。
だが、その歓声はすぐにざわめきに変わった。
土俵の上には、右膝を押さえ、顔をゆがめる新大関の姿があった。

■朝乃山
4日目、平幕でただ一人の全勝と好調だ。
6連勝だった昨年初場所以来となる初日からの4連勝に「前に前に出られたので良かった。自分の相撲を取り切ることが白星につながっている」と手応えをにじませた。
腕力のある錦木を立ち合いから圧倒した。
鋭い踏み込みから得意の右四つとなり、一気に寄り切り。
それでも25歳の有望株は充実の内容にも慢心はない。
「(残りが)まだまだあるので、しっかりと切り替えて自分の相撲を取り切るだけ」と冷静に先を見据えた。

※二子山親方休場
審判を務める二子山親方が15日の夏場所4日目を休場した。
3日目の取組で貴景勝が土俵下に落ちた際に、負傷した。
4日目は玉ノ井親方が代役を務めた。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 4日目 朝 情報!

■栃ノ心
3日目、力強さが戻ってきた。
不得手な左四つだったが、がまんして引きつけの強さにものをいわせて隠岐の海を寄り切った。
このへんでつまずくようでは10勝は無理。
3連勝は最高の滑り出しといっていい。
状態も良さそうだし、大関と違い序盤は下位が相手でやりやすいこともあり、どんどん乗っていける。
負け越せば陥落という先場所の方がプレッシャーがあって後ろ向きだった。
大関復帰に10勝という明確な数字が示されている今場所は、もういくしかないと吹っ切れていて、のびのび取っている感じだ。
あと7番勝てば戻れるわけで、とにかく白星を積み上げ中日を1、2敗で折り返せれば復帰が見えてくるだろう。

■御嶽海
高安を破った。
大関を十分に押し込んでから、はたきで仕留めた。
完敗した初日の鶴竜戦とは見違えるような鋭い踏み込みからの攻めで、白星を先行させた。
新大関の貴景勝に挑む4日目を見据え、「自分の相撲を取れば負けないと思う」。
5連勝中で7勝3敗という合口の良さもあって自信満々に言った。

■北勝富士
3日目、埼玉栄高の後輩に当たる貴景勝に対し、先輩の意地を示した。
気迫あふれる突き、押しで新大関に土をつけ「あんまり覚えてない。前に出ることだけを考えた」と興奮冷めやらぬ面持ちだった。
新三役だった先場所は小結で7勝8敗。
平幕で出直す今場所も連敗発進だった。
「上がってきた時は、とりあえずがむしゃらに押していた。もっと燃えていた」と初心に帰ったことが奏功した。
押しに徹して殊勲の星を挙げ「真っ向勝負で押し切った。自分の中でも一つここからという気持ち」と余韻に浸っていた。

■遠藤
豪栄道を破って初白星を挙げた。
右から張って出て左差しを果たし、低い姿勢で一気に寄り切り「しっかり体が動いてよかった」とうなずいた。
初日から4連敗した春場所同様に、序盤は上位戦が続く。
今場所は貴景勝、高安に連敗後、3人目の大関を撃破。
「きょうみたいに、一番ずつしっかり自分の相撲を取っていくだけ」と引き締まった表情で話した。

■炎鵬
持ち味を存分に発揮した。
168センチ、99キロと関取では最も小兵。
立ち合いで右手を出して佐田の海を惑わせると、潜り込んですぐに右足を抱えての足取り。
素早い動きと技で館内を沸かせ、「この体だからできる勝ち方がある」と胸を張った。
新入幕の場所。
映像を見るなどして相手の研究も怠らない。
「どんな勝ち方でも勝つことが大事。できることを最大限にやる」と力強く話した。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 3日目 朝 情報!

■鶴竜
危なげなく連勝スタートを切った。
初日の御嶽海戦と同様に鋭い踏み込みで北勝富士を圧倒し、一気に勝負を決めた。
右足の古傷への不安も和らいでいるようで「本当にいい感じで思った通りに当たれている」と言葉に実感を込めた。
白鵬が休場した中、ただ一人綱を張る状況にも気負うそぶりは見せない。
「自分の相撲に集中してやるだけ」と、どっしり構えていた。

■高安
2日目、新元号「令和」になって初の本場所で初優勝を狙う大関高安は、人気の平幕遠藤を突き出して初白星を挙げた。
「前へ出て勝負を決めることができてよかった。場所前の準備もしっかりできた。調子は全然悪くない」
1月の初場所限りで引退し、この日2度目となるNHKテレビのゲスト解説を務めた荒磯親方は放送後、「1日で修正した。これから。もっともっとよくなる。自分にも経験がある。ちょっとしたことで何かがかわる」と明言。
現役横綱、大関陣でただ一人賜杯を抱いた経験のない弟弟子が、新たな時代とともに名を刻むことを期待した。

■貴景勝
4場所連続の連勝発進を決めた。
大関経験者の西前頭筆頭琴奨菊を懐に潜り込ませず、突き出しで退けた。
新大関が初日から連勝するのは昨年名古屋場所の栃ノ心以来、平成以降では14人目。
NHK中継の解説を務めた元横綱稀勢の里の荒磯親方も絶賛する圧勝劇を見せた。
場所前は新しい取り口を模索したが、同親方が成長を認める本来の突き、押し相撲を基本線に、連勝をさらに伸ばしていく。

■栃ノ心
持ち前の力強さが戻ってきた。
大栄翔を右四つですぐにつかまえると、難なくつり出し。
内容が伴う連勝発進に「気持ちがいい。帰ってご飯をおいしく食べられる」と上機嫌だ。
今場所10勝以上での大関復帰を狙う中、幸先良く滑り出し、「緊張はするが、変な気持ちはない。このままいきたい」と口ぶりにも勢いがあった。

※元幕内清ノ森の檀崎政夫さん死去
檀崎 政夫氏(元幕内清ノ森、元木瀬親方)
日本相撲協会によると、4月20日午前0時23分、誤嚥性肺炎のため東京都内の病院で死去、84歳。
秋田県出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 2日目 朝 情報!

■鶴竜
鋭い踏み込みから、御嶽海を圧倒した。
一方的に押し出して仕留め、「立ち合いが良くて、その後も下からいいところに入れた。しっかり相撲に集中できた」と自賛した。
古傷を抱える右足の状態は「完璧とは言えないが回復してきている」と言う。
ただ一人出場している横綱が初場所から連敗していた難敵を退け、白星発進した。

■貴景勝
新大関貴景勝は遠藤を力強く押し出し、白星スタートを切った。
突き押し一本の取り口を不安視する声も、看板力士にのしかかる重圧も、一気に吹き飛ばすような相撲だった。
貴景勝が、大関として最初の一番を快勝で飾った。

■栃ノ心
10勝以上で大関復帰を狙う関脇栃ノ心が怪力を発揮し、白星をつかんだ。
千代大龍の強烈な当たりに耐え、左を差した。
機を見て右も差し込み、もろ差しで深々と両まわしを引くと、198キロの巨体を2度つり上げ、寄り切った。
「緊張は少しあったけど、焦らなかったね」。
豪快な“クレーン相撲”には「気持ちいいよ。(今場所)あと何回つれるかな」とニヤリと笑った。

■琴奨菊
平成生まれの大関高安に快勝した。
低く鋭く当たって左を差すと、がぶって一気に出た。
令和最初の一番を会心の勝利で飾り、「昭和は底力があるよ。そういう気持ちでもっと頑張りたい。勝っても負けても印象に残りたい」と上機嫌だった。
35歳の元大関は「相手とかは全く意識しない。この年だし一番、一番出し切ればいいかなと思う」と完全燃焼を誓った。

■炎鵬
新入幕の炎鵬が白星発進した。
徳勝龍に押し込まれたが、左からすくいながらうまく横について逆転。
「とりあえず、ほっとしている」と笑みを浮かべた。
十両でも土俵を沸かせていたが、幕内の歓声の大きさには「今までの倍以上で圧倒された」と言う。
取組では冷静だった99キロの小兵は「うまく体が動いてくれた」と振り返った。
応援に訪れた両親の前で、母の日に幕内初白星を届けた。
「今まで苦労をかけてきた。少し親孝行できたかなと思う」と誇らしげだった。

※米大統領千秋楽観戦
トランプ米大統領が今月下旬に来日し、26日の大相撲夏場所千秋楽の観戦が日程に組まれている件で、幕内優勝力士への賞を大統領が新設し、土俵上で直接授与する方向で調整していることが12日、日本相撲協会関係者の話で分かった。
トランプ氏の観戦が幕内終盤の3番となる可能性が浮上していることも判明した。
表彰式は全取組終了後に開かれ、賞の名称は「トランプ杯」などが検討されている。
トランプ氏は4月、大相撲について「ずっと興味深いと感じてきた。優勝者にトロフィーを渡す」と話していた。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 初日 朝 情報!

■貴景勝
11日には東京・墨田区の両国国技館で15日間の安全を祈願する土俵祭りが実施され、同場所が新大関場所となる貴景勝ら三役以上の力士が出席した。
貴景勝はその後、母校・埼玉栄高を訪れ、同校から大関昇進を祝う化粧まわしが贈呈された。
大きな期待を力へかえて、平成18年夏場所の白鵬以来となる新大関優勝を目指す。

■栃ノ心
11日、同所で土俵祭が行われ、三役以上の力士が出席した。
10勝以上で大関復帰となる関脇栃ノ心は「チャンスがあるから。1日1番、しっかり相撲を取りたい」と意欲を語った。
本番を翌日に控え、表情が明るい。
「大関のプレッシャーがないからね。状態? 調子いいと思いますよ」。
春場所の負け越しで大関から陥落したが、巡業、場所前を通じて充実した時間を過ごした。
「これだけ気持ちいい稽古ができたの、本当に久しぶり」。
しっかり低く踏み込み、しっかり当たる。
大関在位中は故障が連続したこともあり、できなかった立ち合いの“基本”に手応えを感じる。
「でも、稽古と場所は違うから、それが場所でできるか」と話した。

■玉鷲
11日、東京・両国国技館に新たに飾られる優勝額の贈呈式に臨み、「いいですね。思ったより大きい」と満面の笑みを見せた。
年6場所制では2番目の年長記録となる34歳2カ月で初めて賜杯を抱いた後、西関脇だった先場所で5勝10敗と負け越した。
今場所は西前頭3枚目に番付を下げたが、「またやってやろうという気持ち」と気合を入れ直していた。

■石浦
5月1日に元号が令和に変わり、気持ちを新たにした。
相撲の面でも前に出る相撲を研究してきたが、さらに先の課題を見つけている。
「前に出てからまわしを取る相撲を心掛けています。自分の形にならないと、なかなか勝たせてもらえないので」と、小兵ながら正攻法で取り続ける石浦らしい課題だ。
形も十分、体調も十分。
それが幕内で勝ち越すための条件。
先場所痛感したことを夏場所にいかせれば、幕尻からの脱出もきっとできる。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 1日前 情報!

■貴景勝
10日、新大関としての15日間を占う上で重要な、2日目までの対戦相手が決まった。
「全部勝つつもり。新しい時代を代表する力士になりたい」という貴景勝にとって遠藤、琴奨菊に対するイメージは悪くない。

平成以降に昇進した25人の新大関場所初日は15勝8敗2休。
このうち連敗スタートとなったのは5人(休場2人含む)いるが、最終的に勝ち越したのは平成21年初場所の日馬富士だけ。

一方、優勝を遂げた14年初場所の栃東、18年夏場所の白鵬はいずれも連勝発進した。
貴景勝も初日から波に乗り、白鵬以来となる昭和以降7人目の新大関優勝を狙いたい。

この日発表された力士指定の懸賞申込数で、貴景勝はトップの340本。
横綱以外の300本超えは異例で、担当者は「すごいこと。期待の表れでは」と分析。

貴景勝は場所前の本格的な稽古は9日で終了しており、この日は「自分の一番良い状態に持っていく」と治療や疲労回復など体のケアに努めた。
「注目されるのはありがたいこと」と口にする新大関が、「令和」最初の本場所に挑む。

■千代大龍、千代翔馬
スイスの高級時計メーカー「フランク・ミュラー」と、江戸時代中期から300年の伝統を誇る技法「加賀友禅」がコラボレーションした、特製の染め抜き(着物)を贈呈された。
贈呈した部屋の支援者が掛け合ったところ、フランク・ミュラーの国内代理店担当者、加賀友禅を手がける奥田染色の関係者が、いずれも故人で先代九重親方の元横綱千代の富士と親交があった縁で実現した。
加賀友禅が海外ブランドに協力するのは初めてで、世界で2人しか着用していない歴史的にも価値のある一品。
関係者は「値段はつけられない」というものの、加賀友禅は高価なものは1着1000万円程度になるという。
千代大龍は「かっこいいですね。これを着て夏場所は良い成績を残したいですね」と、活力にしていた。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 2日前 情報!

■白鵬
夏場所を休場する。
師匠の宮城野親方は9日、白鵬の状態について「右上腕二頭筋断裂で全治まで3週間以上。休場します」と説明した。
休場は14日目から休んだ1月の初場所以来、12度目となる。

■鶴竜
昨年夏場所以来、ちょうど1年ぶりとなる通算6度目の優勝を目指す横綱鶴竜が、心身とも充実した状態で本場所に臨む。
9日、都内の井筒部屋で稽古。
熱の入った関取衆との稽古は前日までに終え、軽めに最終調整した。
白鵬の休場で1人横綱に。
それは「(6日の横審稽古)総見でも(相撲を取る稽古は)出来ていなかったし」と想定内のこと。
昨年3月の春場所も白鵬、稀勢の里が全休した1人横綱の場所で4度目の優勝を果たしており「全然、初めてじゃないし『1人横綱』ということで特に思うことはない。変な感覚もないし、しっかり集中してやるだけ。場所で100%を出せるかは分からないけど、そのための準備はしっかりしてきた」と話した。

■高安
9日、両国の時津風部屋へ出稽古。
やはり出稽古に来た巨漢の関脇逸ノ城と連続22番の三番稽古を行ったが、5勝17敗と不安を感じさせる結果に終わった。
取り始めから4連敗。
その後も白星はとびとびでしか奪えず、5連敗も。
まわしを取ろうと飛び込んだところで体当たりされ、一気に吹っ飛ばされる場面もあった。

■貴景勝
9日、千賀ノ浦部屋で稽古を行った。
7、8日に行われた二所ノ関一門の連合稽古で40番相撲を取った疲労を考慮して、この日は相撲は取らず。
スクワットなど基礎運動で、じっくり汗を流した。
状態について「治療も行って、体も膨らませて栄養もしっかりとった。悪くない」とした。
稽古後に、サプライズが待っていた。
部屋に届いたのは、20キロ超の長崎・壱岐産の本マグロ。
すし店の職人による「マグロ解体ショー」が始まった。
師匠の千賀ノ浦親方や部屋の関取衆らと共に、マグロが解体されていく様子に興味津々。
中落ちの部分をスプーンですくい、食べた感想は「うまい!」の一言。
「やっぱり切り立ては違うわ」と、新鮮なマグロに舌鼓を打っていた。

■炎鵬
9日、東京都墨田区の宮城野部屋で本格的な稽古を打ち上げた。
非公開の稽古では三段目力士と15番程度をこなしたそうで「やれることはやれた。あとは硬くなり過ぎずに頑張る」と意気込んだ。
兄弟子の横綱白鵬の休場は残念そうだったが「(横綱)土俵入りもなくなったので、自分の相撲に集中する」とプラス思考。
対戦したい力士に、石川・西南部中で同期の輝を挙げ「子供の頃から数え切れないほど対戦した。結果は五分五分だった」と懐かしんでいた。

カテゴリー: News

2019.05 本場所 3日前 昼 情報!

■白鵬

右上腕に負傷を抱える大相撲の東横綱白鵬が夏場所を休場することになった。

9日、師匠の宮城野親方が明らかにし、けがについて「右上腕二頭筋の断裂で全治3週間以上」と説明した。

宮城野親方によると、白鵬と8日夜に話し合い、横綱自身が「休場します」と申し出た。

同親方は「1カ月程度で治る。昨日の時点で(回復具合は)7割程度と言っていた。(長期休場は)ない」と述べ、7月の名古屋場所での復帰を目指す方針を示した。

カテゴリー: News