2019.05 本場所 10日目 朝 情報!

■鶴竜
隠岐の海に低く当たって左を差し、一気に走った。
相手に何もさせない完勝に「とにかく自分のタイミングで当たっていく意識がよかった」。
土がついた8日目の玉鷲戦は立ち合いで考え過ぎて失敗したが、この日は迷いがなかった。

■栃ノ心
9日目、貴景勝が再休場したため、不戦勝となり、勝ち越しを決めた。
大関復活まであと2勝。
残りの取組に期待が高まる。

■朝乃山
休まず攻めた。
しっかり圧力をかけると、はたきを交えて竜電を崩して右を差し、最後は体を預けて寄り倒した。
5連敗していた苦手を内容の伴った取り口で撃破し、「踏み込めた」と納得の表情で振り返った。
9日目での勝ち越しは、終盤まで優勝争いに絡んだ昨年名古屋場所に並ぶ自己最速。
「もう考えている暇はない。どんどん攻めていきたい」と言葉にも勢いがあった。

■照強
2001年に決まり手に追加された送り掛けを十両以上の取組で初めて記録した。
もろ差しを果たし、千代丸を右下手投げで崩して後ろに回ると、右足を掛けて転がした。
取組直後は送り倒しと発表されたが訂正された。
照強は「狙ってはいなかった。たまたまです」と涼しげに振り返った。
今場所は新入幕で99キロの炎鵬が多彩な技で盛り上げているが、同学年で116キロの照強も負けじと奮闘している。

※米国大統領杯
安倍晋三首相は20日の自民党役員会で、25日から28日までの日程で令和初の国賓として来日するトランプ米大統領が、26日に大相撲夏場所千秋楽を観戦し、優勝力士に「米国大統領杯」を贈呈する予定だと明らかにした。
トランプ氏が来日中に行う日米首脳会談に関し「日米同盟の結束を確認し、世界に発信したい」とも語った。