2019.03 本場所 千秋楽 朝 情報!

■白鵬
立ち合いが1度成立せず、2度目も呼吸がなかなか合わず、両者腰を下ろさない。
それでも白鵬は高安を見下ろすかのような冷静さだった。
「最後はちゃんと合ったでしょう」。
厳しい攻めで14連勝とした。どんな思いで42度目、そして平成最後の優勝へ向かうのか。
「それは言わないでください。今日は今日で。また明日」。
大きな時代の転換期を締めくくる舞台は整った。

■栃ノ心
負ければ大関陥落の土俵で、栃ノ心が息を吹き返した。
玉鷲の剛腕をぬって右が入ると寄った。
最後は赤鬼の形相。
右手で胸を殴るようにして押し出した。
師匠の春日野親方に「負けてもいい!思い切っていけ!」とハッパをかけられたという。
焦りばかりが先立った場所で、7勝7敗。
千秋楽は皮肉にも大関昇進を狙う貴景勝戦。
「多分、緊張すると思うけど、勝っても負けてもいいから、思い切りいく。こんな気持ちで毎日やれればいいのに」と、吹っ切れたような笑みを浮かべた。

■貴景勝
大関取りに挑む関脇貴景勝が幕内逸ノ城にはたき込みで敗れ、痛恨の黒星を喫した。
今場所の大関取りの目安は「10勝以上」。
14日目を終えて9勝5敗となり、千秋楽の一番で勝つしかなくなった。
取組後の貴景勝は「(内容は)悪くはなかったと思う。明日、集中していくだけ」と気合を入れ直した。

■逸ノ城
関取最重量226キロの逸ノ城がみせた、2歩半ほどの素早い引き足に相手はついてこられなかった。
変化を警戒した貴景勝が、もろ手突きで立ち合った。
受け止めた逸ノ城は同時に右腕を相手の頭に巻きつけ下へ、下へ。
貴景勝を押しつぶすようにはたき込んだ。
「自分の方は迷いはなかった。(はたきも)考えていた」。
1敗を守り、千秋楽まで優勝の可能性を残し、「千秋楽の一番に集中する」。