2019.03 本場所 11日目 昼 情報!

■白鵬
玉鷲を破って単独トップを堅持した。
左下手を取って寄って出たところを、左腕を小手に振られて体勢を大きく崩した。
体を右に一回転させて窮地をしのぎ、再び正対して突き落とした。
「反応がよかったね」。
9日目の御嶽海に続き、1月の初場所で敗れた2人に雪辱を果たした。
11日目も初場所で敗れた貴景勝と対戦するが、「この10日間のような相撲を取れれば」と受けて立つ。

■貴景勝
角界にいよいよ新ヒーロー誕生か。
10日目、関脇貴景勝が横綱鶴竜を引き落としで撃破。
過去3戦全敗の横綱を倒して大関昇進へ向けて大きく前進した。
取組後は「自分の相撲を取ろうと思った。精神的に負けないように。初対戦のつもりで胸を借りるつもりでいった」と会心の相撲を振り返った。
審判部は今場所の大関取りのノルマとして「10勝以上」を課している。
10日目を終えて8勝2敗。
残り5日間で合口の良い大関栃ノ心、幕内逸ノ城との取組を残しているだけに、大関昇進が現実味を帯びてきた。

■逸ノ城
大関高安を突き落とし、1敗を守った。
けんか四つの立ち合いは、逸ノ城が得意の右四つに組み勝った。
まわしには手が届かなかったが、大関が寄ってきたところを下がりながら左から突き落とし、「ああなったら中途半端では意味がない。思い切ってやった」。
11日目は1敗同士の碧山と直接対決。
「とりあえず2桁(10勝)に」と目の前の目標に集中する。