2019.01 本場所 千秋楽後朝 情報!

■貴景勝
27日、大関豪栄道関に一方的に押し出されて4敗目を喫し、場所後の大関昇進を逃した。
昇進問題を預かる日本相撲協会審判部の阿武松部長は「もう1場所、見させていただきたい」と明言した。
審判部は27日に臨時会議を開き、昇進について協議。
阿武松部長は千秋楽の一番に勝っていれば、大関とりが実現したと明かした。
関係者によると、会議では敗れても昇進に賛成する意見が出たものの、2場所前が9勝止まりと物足りなかったことなどから、千秋楽の勝利を条件とする案に一本化されたという。

■玉鷲
遠藤を突き落としで下し、13勝2敗で初優勝を決めた。
34歳2カ月での初優勝は年6場所制では2番目の年長記録。
初土俵から90場所、新入幕から62場所は、ともに史上4位のスロー記録となった。
くしくもこの日の朝に第2子の男の子が生まれ、二重の喜びに「最高です」と声を弾ませた。
福島県は、大相撲初場所で初優勝した関脇玉鷲に知事賞の表彰状と賞金50万円、優勝杯の「あかべこトロフィー」、副賞の県オリジナル米「天のつぶ」1トンなどの県産農畜産物を贈った。

■御嶽海
史上初めて途中休場がありながら、3横綱撃破を評価されての三賞(殊勲)受賞。
「とれると思ってなかった。昼寝して起きたら“三賞とれた”と言われた」と喜んだ。
この日は錦木に敗れたが、右膝負傷の影響もあり無理にこらえる動きはなかった。
また昨年の自分を含め、貴景勝、玉鷲という初優勝ラッシュに「時代は動いてますよね。でも、玉鷲関はベテラン。そう考えるとまだまだ譲ってくれないな、というのもあります」と話した。