2019.01 本場所 中日朝 情報!

■白鵬
過去14戦全勝の松鳳山を問題にしなかった。
中に入ろうとする相手を軽々と突き放し、最後はタイミング良くはたき込み。
「相手は動くからね。その動きを上回るという気持ちだった」と涼しい顔だった。
阿武咲が敗れて単独トップに立ったが、「一日一番だからね。その気持ちはいつもと一緒」と泰然。
「角界の父」と慕っていた大鵬さんの命日に盤石の取り口を見せた。

■貴景勝
60キロ近く重い226キロの巨体に、もろ手で真っ向から当たった。
先手の一突きで逸ノ城の上体を起こすと、次は膝をぐっと曲げて再び突進。
小細工なしに5秒足らずで押し出した。
身長は幕内では2番目に低い175センチ。
これが下からの攻めを生み、突いた手がよく伸びるから、相手とまわしを遠ざけている。
自分の体に合った取り口に迷いはない。

■矢後
新入幕の「やごちゃん」が絶好調だ。
前頭13枚矢後は立ち合いで左を差せなかったが、力強く突き放した。
6連敗中と不振の大翔丸が引いたところで、迷わず前に出て押し出し。
今場所の成績を6勝1敗とした。
場所中は体重が落ちがちだが、今場所はキープできているのも好調の要因。
支度部屋で大勢の記者に囲まれると「自分みたいなやつが…」と謙遜して笑いを誘った。

■千代の国
持ち前の動きの良さを発揮した。
激しく突き合った後、豊山に右を差されて出られたが左から首投げを決めた。
「とっさだった。思い切りいってよかった」。
逆転での6勝目を喜んだ。
2場所続けて2桁黒星と苦しんできたものの、その不振は脱した。
「稽古もしっかりできた。集中できている」と手応えを感じている様子だった。