2019.01 本場所 1日前 情報!

■稀勢の里
11日、大相撲初場所の取組編成会議を開き、進退が懸かる横綱・稀勢の里は初日に小結・御嶽海、2日目は平幕・逸ノ城と対戦することが決まった。
進退の懸かる場所に向けて、慌てる必要などなかった。
稀勢の里はこの日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で報道陣に非公開で調整した。
関係者によると、土俵には入らず前日同様に基本運動で汗を流したという。
相撲を取る稽古を再開した昨年12月27日以降、年末年始の休みを除いて2日連続で相撲を取らなかったのは初めて。
順調な仕上がりをうかがわせるように、稽古後は引き締まった表情で車に乗り込んだ。

■貴景勝
11日、大相撲初場所の取組編成会議で、新関脇の貴景勝は初日が正代、2日目は松鳳山と当たる事が決まった。
3横綱が出場する初場所で、先場所の優勝が勢いだけではなかったことを証明できるか。
「上の番付を目指したい」と、大関昇進も視界に入れる新関脇、貴景勝にとっては真価を問われる場所になる。
2018年の最後を締めくくった優勝を「良い意味で忘れている部分がある」。
新春の土俵で、さらなる高みを目指す。

■御嶽海
取組編成会議が11日、同所で行われ、初日に横綱稀勢の里と結びの一番で対戦することが決まった。
合口は1勝6敗。
稀勢の里と初日にぶつかるのは3度目だが、唯一の白星が17年名古屋場所の初日に挙げたものだ。
初日に結びで登場するのは、15年九州場所の新入幕から20場所目にして初めてになる。
御嶽海はこの日、都内の部屋で朝稽古を行い、四股など軽い基礎運動で汗を流した。
先場所は7勝8敗と4場所ぶりに負け越しただけに「気を引き締めて頑張ります」とコメント。
進退問題が浮上している横綱を相手に大関とりへの再スタートを切る。

■松鳳山
11日、都内で地元福岡の航空会社スターフライヤー(北九州市)から化粧まわしを贈呈された。
西前頭7枚目で臨んだ昨秋の九州場所では8場所ぶりの2桁白星(10勝)をマーク。
初場所には尾翼をデザインした、この化粧まわしを着用予定だという。
スターフライヤーは北九州空港を拠点に羽田便などを運航。
昨秋に日本生産性本部サービス産業生産性協議会が発表した2018年度の日本版顧客満足度指数の国内航空部門で10年連続1位に輝いた。
キャビンアテンダント(CA)から化粧まわしを手渡された松鳳山は終始笑顔。
「これを励みにしっかり稽古し、初場所では一番でも多く勝ちたい。しこ名にある鳳(おおとり)のように力強く羽ばたき、スターフライヤーさんのように高く昇りたい」と“追い風”に乗っての活躍を誓った。