2019.01 本場所 11日目朝 情報!

■白鵬
1敗力士が消えた土俵で、白鵬が厳しい攻めを見せて全勝を守った。
実力者の隠岐の海にもろ差しを果たすと、一方的に寄り切った。
全休明けの序盤は逆転で星を拾う相撲も目に付いたが、勝負どころの終盤戦を前に横綱の威厳を示すような勝ちっぷりで弾みをつけた。
独走ムードが漂う中、「みんな一生懸命頑張っているから。一番一番です」と余裕たっぷりに話した。

■高安
大関の意地を見せた。
相手の貴景勝は次期大関の最有力とはいえ、まだまだそうはいかんぞと期するところがあったようだ。
立ち合いは体当たりにいったが、貴景勝が一歩も下がらず高安の体を起こした。
その後、激しい押し合いとなって高安も張り手を交えて応戦。
貴景勝としては密着して押したかったが、そうはさせず距離があったのでタイミングのいいはたきが決まった。

■貴景勝
高安に敗れ、手痛い3敗目を喫した。
持ち前の低い姿勢を生かして押し込んだ後、大関の思い切りのいいはたきを食って土俵の外へ。
「くるなと思っていたが、かかってしまった。結果が全て」と険しい表情を浮かべた。
先場所で初優勝。
大関昇進の期待も懸かる中、白鵬、豪栄道との対戦を前にこれ以上の黒星は食い止めたいところ。
「悔しいが、もう終わったこと。切り替えてやるしかない」と前向きに話した。

■琴勇輝
突き押しで攻めるも宝富士のいなしに体が回って送り出される。
西溜まりに落ちた琴勇輝はしばらく起き上がることができなかったが、宝富士の勝ち名乗りが終わると、こちらも親方の肩を借りて立ち、右脚をかばいながら用意された車椅子に乗った。
出場については現在不明。

■千代の国
11日目の23日、休場した。
2敗目を喫した10日目の勢戦で左膝付近を負傷していた。
休場は昨年名古屋場所以来で16度目。
11日目の対戦相手、阿炎は不戦勝。
千代の国は今場所、平幕で最初に勝ち越すなど好調だった。

※豪風
元関脇で東十両12枚目の豪風(39)が22日、現役を引退し、年寄「押尾川」を襲名した。
今場所は9日目で負け越して幕下陥落の危機だった。
今後は後進の指導に当たる。
豪風は「力士として潔さを出したつもり。悔いは一つもない」と述べた。

※宇良
元幕内の人気業師、幕下の宇良(26)が元横綱朝青龍のおい、豊昇龍(19)に掛け投げで逆転負けし3敗目(2勝)。
古傷の右膝を負傷したのか、取組後は車いすに乗り国技館内の診療所に直行。
その後、精密検査受けるため都内の病院に向かった。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 10日目朝 情報!

■白鵬
初日からの連勝を9に伸ばした。
立ち合いで琴奨菊に勝るスピードで踏み込むと、相手得意のがぶり寄りを封じてか突っ張りを見せた。
すきを見て差そうとしたものの、これを期に琴奨菊が反撃に出てきたと判断すると、すぐさま突き落とし。
瞬時の判断と引き出しの多さで、見た目以上に力量さを感じさせる相撲内容となった。

■両大関
高安はまた黒星が先行し、豪栄道は6敗目。
支度部屋では、ともに肩身が狭そうで硬い表情だった。

高安は過去11勝10敗と苦手な玉鷲に対し、安易に張って出たが、相手は「絶対くると思った」。
完全に読まれて先手を許すと、強烈な突きを受けて力なく倒れた。

豪栄道も完敗。
距離を取ろうとして引いて呼び込み、最後は尻もち。
「全然圧力が相手に伝わっていない」と苦々しそうに振り返った。

■貴景勝
錦木を圧倒して7勝目を挙げた。
もろ手で立ち、間髪入れずに突き上げて一方的に押し出した。
鶴竜と2大関を破った相手を問題にせず「自分の相撲を取ることだけを考えていた」と涼しい顔だ。
高安、豪栄道の両大関に元気がなく、2差で単独トップを走る白鵬に土をつける期待もかかる。
10日目は高安戦。「ここからが大事。1日、10分だけしっかり集中したい」と気持ちを高めていた。

■千代の国
9日目、前頭15枚目の千代の国が躍動感たっぷりの相撲で土俵をにぎわしている。
12勝して初の三賞となる敢闘賞に輝いた昨年夏場所以来の勝ち越しで、9日目での給金直しは自己最速タイ。
九重親方が「満足してもらっては困る」と発破をかければ、千代の国も「番付を上げていかないと」。
おごりは一切ない。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 9日目朝 情報!

■白鵬
天皇皇后両陛下の前で、白鵬が無傷で勝ち越しを決めた。
碧山と突き合った後に右四つで組み止めると、すかさず下手出し投げ。
これで横綱昇進後の天覧相撲では6戦全勝とし、「何か縁があるのかな」。平成最後の天覧相撲も白星で飾り、喜びに浸った。
2010年名古屋場所では野球賭博問題の影響で優勝した白鵬への天皇賜杯授与が取りやめになった。
その際、陛下からお祝いの書簡が届いたことを思い返し、「あの手紙があったからこそ頑張れている」としみじみ。
「寂しい。平成に育ててもらった」と感慨深げに話した。

■貴景勝
同じ22歳の阿武咲を押し出して6勝目を挙げた。
自身初の天覧相撲で、1敗と勢いに乗る相手を気迫でねじ伏せた。
かつてのライバルの真っ向勝負を、力強くはじき返した。
貴景勝が阿武咲を一蹴。
「相手の一番いい武器と自分の一番いい武器、どっちが強いかという思いで戦った」。
白、黒をつける気持ちで挑み、同学年対決に勝利した。

■矢後
3日目から6連勝で7勝目を挙げた。
大奄美に後ろを向かされたが、体勢を立て直すと、右上手を引いて反撃。
引き付けて寄り切り、「体がうまく反応した。しっかり出られていたのが良かった」。
自身も動きの良さを感じているようだ。
目標としていた勝ち越しに早くも王手をかけても「特に変わらない。自信を持ってできているし、毎日同じことをやるだけ」。
自然体を貫けているのも好調の要因の一つだろう。
優勝争いでも白鵬を星一つの差で追う立場にいる。
上々の折り返しにも「まだまだ相撲が遅いし、上にはついていけない。目いっぱい頑張っていきたい」。
現状に満足せず、向上心は忘れない。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 中日朝 情報!

■白鵬
過去14戦全勝の松鳳山を問題にしなかった。
中に入ろうとする相手を軽々と突き放し、最後はタイミング良くはたき込み。
「相手は動くからね。その動きを上回るという気持ちだった」と涼しい顔だった。
阿武咲が敗れて単独トップに立ったが、「一日一番だからね。その気持ちはいつもと一緒」と泰然。
「角界の父」と慕っていた大鵬さんの命日に盤石の取り口を見せた。

■貴景勝
60キロ近く重い226キロの巨体に、もろ手で真っ向から当たった。
先手の一突きで逸ノ城の上体を起こすと、次は膝をぐっと曲げて再び突進。
小細工なしに5秒足らずで押し出した。
身長は幕内では2番目に低い175センチ。
これが下からの攻めを生み、突いた手がよく伸びるから、相手とまわしを遠ざけている。
自分の体に合った取り口に迷いはない。

■矢後
新入幕の「やごちゃん」が絶好調だ。
前頭13枚矢後は立ち合いで左を差せなかったが、力強く突き放した。
6連敗中と不振の大翔丸が引いたところで、迷わず前に出て押し出し。
今場所の成績を6勝1敗とした。
場所中は体重が落ちがちだが、今場所はキープできているのも好調の要因。
支度部屋で大勢の記者に囲まれると「自分みたいなやつが…」と謙遜して笑いを誘った。

■千代の国
持ち前の動きの良さを発揮した。
激しく突き合った後、豊山に右を差されて出られたが左から首投げを決めた。
「とっさだった。思い切りいってよかった」。
逆転での6勝目を喜んだ。
2場所続けて2桁黒星と苦しんできたものの、その不振は脱した。
「稽古もしっかりできた。集中できている」と手応えを感じている様子だった。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 7日目昼 情報!

■御嶽海
7日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。

初黒星を喫した6日目の妙義龍戦で左膝を負傷した。

師匠の出羽海親方は「靱帯(じんたい)ではなく、けんを痛めていた。本人の痛み次第だが、様子を見て再出場も考えている」と話した。

休場は2016年初場所以来で2度目。

7日目の対戦相手、北勝富士は2日続けての不戦勝。

今場所の十両以上の休場者は4人となった。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 7日目朝 情報!

■白鵬
好内容で無傷の6連勝。
左前まわしを取ると、しっかり体勢を整えてから正代を寄り切った。
前日までの2番は土俵際の逆転で星を拾ったことから「修正というかね」。反省を生かして攻めた。
全勝は早くも平幕阿武咲と2人だけ。
鶴竜が休場し、横綱としてただ一人出場する立場にもなった。
「締めなきゃいけない、また引っ張っていかないといけないという二つの気持ちがあった」との言葉通りに結びを締め、「まあ、一番一番」と余裕たっぷりに語った。

■御嶽海
妙義龍に押し出されて、初黒星を喫した。
敗れた直後は土俵下で左膝を抱えてしばらく動けず、花道は車いすに乗って引き揚げた。
都内の病院で診察を受けた後、松葉づえをついて取材に応じ、「大丈夫。筋肉疲労みたいな感じ。あしたは出られる」と気丈に話した。

■阿武咲
引退の喪失感が残る土俵をホープが盛り上げている。
22歳の阿武咲が自身初の6連勝発進で、白鵬にただ一人食らいつく。
「状態はいいと思う。また明日も頑張ります」と力強い。

■矢後
6日目、新入幕の矢後が好調を維持し、琴恵光を寄り切って1敗を守った。
突き、押しから得意の左を差して右上手を引いた。
187センチ、178キロの大きな体を生かして圧力をかけ「脇を締めて、前に出ることを徹底してやった。いい流れだった」と自画自賛した。

※稀勢の里
4日目の16日に現役を引退し、年寄「荒磯」を襲名した元横綱稀勢の里が、4月に行われる春巡業で横綱土俵入りを披露する可能性が18日、急浮上した。
荒磯親方の断髪式は9月の秋場所後、同29日に行われる。
引退相撲で取組なども実施されるため、本場所同様に1万人超えの「満員御礼」は必至とみられる。
平成で引退した横綱は、稀勢の里が11人目。
初場所限りで引退した横綱は旭富士(平成4年)、曙(13年)、貴乃花(15年)、朝青龍(22年)に続いて5人目だ。
旭富士、曙、朝青龍はいずれも同年秋場所後、貴乃花は夏場所後の6月に断髪式を催した。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 6日目昼 情報!

■鶴竜

東横綱鶴竜が初場所6日目の18日、休場した。

場所前から右足首に痛みがあり、5日目を終えて2勝3敗と苦しい土俵が続いていた。

鶴竜は昨年11月の九州場所も右足首の故障で全休した。

休場は2場所連続12度目で、横綱としては在位29場所で11度目。

既に引退した稀勢の里に続く離脱で、白鵬が一人横綱を務める。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 6日目朝 情報!

■白鵬
前日の北勝富士戦に続き、平幕相手に薄氷を踏む思いで星を拾って5連勝。
錦木の初挑戦を受けた結び。
3度目で成立した一番は左を差して出たところで逆転の小手投げに泳いだ。
軍配をもらえず、物言いの末取り直しとなったが、これもふわりと立ってまわしが取れず離れる展開。
最後ははたきに乗じて出てきた相手にかろうじて左上手を引っ掛けてもつれながら投げた。
鶴竜と2大関を破るなどした好調な力士だっただけに過度に警戒したか、「詰めが甘いね、まだ。感覚というのがありますから」と思わず苦笑い。

■鶴竜
本来の動きを見せられず、早くも3敗目。
立ち合いで狙ったまわしが取れず、引いたところで一気に不利な体勢に。
226キロの逸ノ城に左上手をがっちりと引かれて寄られた。
「頭をつけて中に入りたかった。立ち合いが良くない。右足が出なかった」と振り返った。

■高安
再び黒星が先行とさえない。
平幕の正代を土俵際に追い込み小手投げを狙ったが、体をうまく入れ替えられた。
寄り倒されて土俵下に転げ落ち、ゆがんだ表情で右腕をさすった。
前日に兄弟子の稀勢の里が引退し、師匠の田子ノ浦親方からは「高安は稀勢の里の背中を見てやってきた。これから自覚が出てきてほしい」と求められていた。
支度部屋では無言を貫き、無念の思いをにじませた。

■貴景勝
埼玉栄高の先輩、妙義龍を圧倒した。
立ち合いは互角もその後の攻めが良く、休まずに突き押しで攻め立てて何もさせなかった。
前日は御嶽海に敗れていただけに「大事な一番。出し切れた。白星につながったのがよかった」と納得の様子だ。
今場所の結果次第では大関昇進の可能性もある。
序盤は4勝1敗と上々の滑り出しも「これに満足しないようにしたい」と気を引き締めた。

■御嶽海
5日目、立ち合いでやや押し込まれたものの、玉鷲の突き、押しをあてがって足を進めた。
右が入ると左はずも利かせ、腰を落として土俵から出した。
序盤戦で2横綱1大関を破り、4日目には先場所優勝の貴景勝に勝利。
稀勢の里引退後の土俵を盛り上げる5連勝にも「この後ももっと集中し、存在感を出していけるようにやっていきたい」と控えめだった。

■矢後
好調な千代の国に土をつけた。
強烈な突っ張りに突き起こされても我慢して前傾姿勢を保ち、機を見て右前まわしに手を掛けて逆襲。
最後は俵に詰まった相手を引き技で仕留めた。
「余裕はなかったけど、よく対応できた」と汗をぬぐった。
序盤戦を1敗で乗り切る上々のスタート。
「一日も気は抜けなかったけど、緊張感を持ってここまでこられた。一日一日必死で目いっぱいの相撲が取れている」と納得の表情。
「目標」と言っていた勝ち越しまで半分の白星を手にしても「そのことは考えずにしっかりいきたい。これからが大事」。
地に足を着けたコメントを発した。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 5日目朝 情報!

■稀勢の里
稀勢の里が16日、現役を引退した。
東京・両国国技館で師匠の田子ノ浦親方とともに引退記者会見に臨んだ稀勢の里は、「土俵人生において、一片の悔いもございません」と、声を詰まらせながら現役生活を振り返った。

■鶴竜
星を五分に戻した。
返り小結妙義龍のいなしにも、素早く立て直して土俵の外へ。
「自分の相撲を思い出そうと思った。立ち合いを修正できたかな」と手応えを口にした。
同じ横綱として、1歳年下の稀勢の里の引退には思うことが多かったはず。
「彼の方が早い出世だったが、自分は追い付きたい気持ちでずっとやってきた。けががなければ、もっとやれたと思う」と惜しんだ。

■栃ノ心
5日目の17日、休場することを決めた。
場所前5日の稽古中に右太ももに肉離れを起こした影響もあって、初日から4連敗。
5日目は不戦敗で、対戦相手の松鳳山は不戦勝になる。
師匠の春日野親方によると、4日目に玉鷲に敗れた後「力が入らない」と話したという。
「普段から弱音を吐かない男がそう言うんですからね。他にも少し悪いところがある。2月は巡業もないし、3月に向けてしっかり治そうということになりました」と説明した。
栃ノ心の休場は昨年名古屋場所以来8度目。
再出場せずに負け越せば、3月の春場所は昨年の秋場所に続いて2度目のかど番になる。

■御嶽海
初日から3連勝。
期待を集める若手同士の対決は、御嶽海が貴景勝に快勝した。
ほぼ互角の立ち合いから素早い攻めが奏功。
休むことなく下から押し込むと、いなしに乗じてさらに前へ。
先場所の初優勝で勢いに乗る22歳を破り、「よかったんじゃないか。しっかり相手を見ていた」と涼しい顔だった。
負けられない思いが強かった。
昨年は名古屋場所で初賜杯を抱き、大関昇進のチャンスを得たが、九州場所の負け越しで振り出しに戻った。
自身に代わって浮上したのが、新関脇の貴景勝。
活躍に刺激を受け、「張り合いがある」と稽古に励んでいたからだ。

カテゴリー: News

2019.01 本場所 4日目朝 情報!

■稀勢の里
現役引退を決断した。
師匠の田子ノ浦親方が初場所4日目の16日、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で発表した。
同日午後に都内で記者会見を開く予定。
今後は年寄「荒磯」を襲名し、田子ノ浦部屋の部屋付き親方として後身の指導にあたる。
進退を懸けて初場所に臨んだ稀勢の里は、初日から3連敗。昨年9月の秋場所から3場所にわたって8連敗(不戦敗除く)となり、横綱としては貴乃花を抜いてワースト記録となっていた。

■栃ノ心
妙義龍にもろ差しを許して寄り切られた。
「中に入られたから、何もできなかった」とがっくり。
前日は自分のふがいなさに怒っていたが、この日はうつろな目で、ショックの色が濃かった。

■貴景勝
関脇対決を制した。
玉鷲との突き合いの中、一瞬動きが止まると、相手のいなしに乗じて勝負をつけた。
一歩も引かない取り口を「気持ちで負けないつもりだった」と振り返った。
内容の伴う3連勝スタートに「まずまず」と納得の口ぶり。
4日目は3勝同士の御嶽海戦。
「誰から勝っても1勝ですし、負けても1敗。自分の力を出し切りたい」と平常心を強調した。

■御嶽海
稀勢の里、鶴竜の横綱連破に続き、大関豪栄道も撃破して3連勝だ。
左上手でまわしを取られ、前に出られたが、土俵際で体を入れ替え、右から逆転のすくい投げを決めた。
「前に出られた時は慌てたし、焦った。(すくい投げは)体がよく動いている証拠じゃないですか」。
同学年の北勝富士ほか世代の近い貴景勝、錦木、阿武咲らも3連勝と走るが「これからもしっかり気持ちを作ってやるだけ」とマイペースを強調した。

■栃煌山
通算6個目となる金星を挙げた。
前日は白鵬を追い詰めながら勝利寸前で逆転された31歳だったが、稀勢の里戦は立ち合いからの流れもよく反撃を許さなかった。
先場所に続き稀勢の里を撃破。
ようやく初日も出て「当たってから流れで攻めたかったけど、いい踏み込みができたから中に入れた」と、ホッとした表情を見せた。
進退の懸かる横綱との一番にも「勝負なんで、周りは関係ない」と話した。

■錦木
横綱初挑戦で鶴竜を破った。
得意の左四つになると、上手を取られても構わず一気に走った。
場所前によく稽古をつけてもらっている横綱から初金星を挙げ、「ずっとお世話になっていた方。恩返しになった」と感慨深げに話した。
自己最高位の東前頭2枚目で大関も連破して3連勝スタート。
4日目の稀勢の里との結びに向け、「自分の調子が良いので、ちょっとはチャンスがあると思う」と不敵に笑った。

■北勝富士
自身初の3日連続大関撃破にも気を引き締めた。
立ち合い自慢の高安相手に正面からぶつかり、左のおっつけで体勢を崩して背中に回り込んで送り倒した。
3大関総ナメに「びっくりですね」と自分でも信じられないようだったが「これで全部負けたり休場したりしたら意味が無い。勝負はこれから」と気合を入れた。

カテゴリー: News