2018.11 本場所 6日目 朝情報!

■貴景勝
巨漢の逸ノ城をうまく攻略した。
立ち合いから捕まらないよう相手の右差しをおっつけで封じ、左からうまくいなし体勢を崩して土俵外へ追いやった。
「重いのは分かっている。その中でどう戦うか。差させないように、取らせないように」と納得の一番だった。
この日は稀勢の里が休場し、3大関が相次いで敗れた。
そんな中での5連勝に「考え過ぎず、相撲の内容を意識したい」と冷静だった。

■栃煌山
五日目、高安との全勝対決を制し、3日連続で横綱・大関陣を撃破した。
立ち合いから低く当たって「押し込めた分、相手の腰が伸びた」と攻め、高安に左四つを許さず、強引に出てきた相手を左からすくった。
栃ノ心とは同部屋のため対戦がなく、この日で大関以上との戦いを終えた。
2012年夏場所で12勝し、旭天鵬に敗れたものの優勝決定戦に進んだ実力者は「まだ5日目。一日一番やっていく」と気を引き締めた。

■錦木
豪栄道を破り、初日を出した。
もろ差しを許して一気に出られたが、逆転の小手投げ。
支度部屋では「ノーコメント」と冗談を飛ばすほど上機嫌で「全力を出せた。土俵際で思った以上に残せた」と振り返った。
自己最高位の東3枚目で挑む今場所。
初の横綱戦は稀勢の里の休場でなくなったが、大関戦を1勝2敗で終え、「実力が足りないと思った」。
貴重な経験を中盤戦以降に生かしたいところだ。

■阿武咲
5日目、西前頭11枚目隠岐の海を押し出しで破り、4勝1敗とした。
ベテラン相手に盤石の相撲を見せた。
のど輪で相手の上体を起こし、左ハズも効いた。
「しっかり下から、下からの意識ですね。やっと良い感覚になってきた」。
1度も止まらず、隠岐の海に何もさせなかった。
若手の期待株が1敗をキープして前半戦を終えた。
西前頭6枚目だった先場所では4勝11敗と苦しんだが、今場所は「集中力をしっかり維持できている」と話す。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 5日目 昼情報!

■稀勢の里

5日目の15日、休場を表明した。

初の一人横綱で臨んだ今場所は1931年春(1月)場所の宮城山以来87年ぶりとなる横綱の初日から4連敗(不戦敗を除く)を喫し、不振に陥っていた。

8場所連続休場明けの9月の秋場所では10勝5敗。

土俵人生の危機をひとまず脱したが、進退問題の再燃が必至の情勢となった。

白鵬、鶴竜は初日から休んでおり、一年納めの今場所は3横綱全員が不在。

7月の名古屋場所以来で昭和以降6度目の事態に陥った。

稀勢の里の休場は名古屋場所以来2場所ぶり10度目。

5日目の対戦相手、玉鷲は不戦勝。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 5日目 朝情報!

■稀勢の里
行司軍配差し違えの末、平幕栃煌山に敗れ、初日から4連敗を喫した。
気迫の出場に打って出たものの、すくい投げに屈し、勝ち運もスルリ。
横綱の初日から4連敗(不戦敗を除く)は11日制だった1931年春(1月)場所の宮城山以来87年ぶりの屈辱。
金星配給は自身3度目となる3日連続で計16個目となった。
10度目の途中休場を決断する時は迫り、引退危機が再燃する。

■高安
大関陣でただ一人、無傷の4連勝。
この日は初顔の錦木をかち上げ気味の体当たりで押し込んでから、タイミング良くはたきが決まった。
「相手の頭が低かったから引いてしまった。本当なら前に押して勝ちたかった」と納得はしていないが、初日から2横綱が不在の場所は初優勝のチャンスでもある。
しかし、兄弟子の稀勢の里が不振にあえいでいるのもあってか、「まずは勝ち越せるよう頑張る」。控えめに目標を語った。

■御嶽海
四日目、東前頭筆頭の妙義龍に寄り切りで敗れ、二勝二敗となった。
相互に腕を出し合った立ち合いの後、御嶽海は、妙義龍の頭を起こして土俵際まで詰めた。
しかし、こらえられて土俵中央で右四つに。
左腕で巻き返そうとしたところを、前に出られた。
苦しい体勢ですくい投げを打とうとしたものの、妙義龍に体を預けられ、勢いで土俵下まで落ちた。

■貴景勝
初めての初日から4連勝。
正代を一方的に押し出し、「自分の相撲をやった。差させない、(まわしを)取らせないことを意識して」。
会心の内容を充実感たっぷりに振り返った。
稀勢の里、豪栄道を連破した後も、前へ出続けるきっぷのいい取り口が続く。
「負けて腐らない、情けない相撲は取らない。力を出し切れたらいい」との心意気で臨み、勢いに乗っている。

■栃煌山
4日目、横綱稀勢の里をすくい投げで破り、勝ちっ放しの4連勝を飾った。
2関脇、大関に続く上位陣撃破。
金星は昨年夏場所に稀勢の里を破って以来通算5個目となった。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 4日目 朝情報!

■稀勢の里
4日目に出場することが決まった。
師匠の田子ノ浦親方が福岡県大野城市の田子ノ浦部屋で明言。
初の一人横綱として臨んだ今場所は初日から3連敗と不振が続いている。
稀勢の里は8場所連続休場明けの先場所で10勝を挙げ、進退問題の危機をひとまず乗り切った。
だが完全復活を目指した今場所は取り口に精彩を欠き、横綱としては1992年初場所の旭富士以来となる初日から3連敗を喫した(不戦敗を除く)。

■高安
納得の内容で3連勝とした。
魁聖に思い切って当たり、押し込んでからのはたきで仕留めた。「しっかりと当たれた。踏み込んで前に出ようと思っていた。きょうが一番、立ち合いが良かった」と自賛した。
横綱、大関陣ではただ一人の勝ちっ放しだが、表情を変えずに「あしたも頑張ります」と話した。

■栃ノ心
呼び出しの次郎が栃ノ心のしこ名を前の取組で勝利した同じ春日野部屋の栃煌山と言い間違えるハプニング。
栃ノ心は「あれっと思った。完璧(に間違えていた)」と大笑い。
相撲では相手の頭が低くなったところを、下がりながらはたき込んだ。
次郎も同じ春日野部屋だけに、栃ノ心は「わざと言っているのかなと思った。負けたら次郎さんのせいにしていたけど、勝ったからいいかな」と笑顔だった。

■貴景勝
初顔合わせの竜電を圧倒して3連勝。
立ち合いから勢いよく前に出て、持ち味の力強い突き押しで攻め切り、「積極的に行けたのがよかった。でもあと全部負けたら意味がない」と、淡々と振り返った。
初日から上位陣がぴりっとしない場所で、その充実ぶりが際立つ。

■北勝富士
北勝富士は大きくうなずいた。
うまく距離を取り、足を使いながら右からおっつけて左差しを封じた。
徐々に横綱の腰を浮かせると、左からは喉輪攻め。
最後は右から突き落とし、「あれしかないでしょ。右おっつけというイメージしかなかった」。
支度部屋に戻ると気持ちよさそうに大粒の汗をぬぐった。
初場所で白鵬を破って以来となる通算5個目の金星で飾った。
その初場所は4勝11敗と大きく負け越しただけに「気を引き締めてやりたい。まだ上位戦もある」と口元を結ぶ。

■佐田の海
昨年初場所以来となる幕内での3連勝発進。
豊山の突っ張りを下からあてがい、いなしも残すと、右を入れて攻め返した。辛抱の利いた取り口に「体が動いているから結果につながっていると思う」と言葉に実感を込めた。
今年は十両も含めて5場所連続で勝ち越し、納めの準ご当所に臨んでいる。
「九州だからとかではなく、毎場所勝ち越しは目指している」。
さらりと語る口ぶりに自信がにじんだ。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 3日目 朝情報!

■稀勢の里
2日目の12日、一人横綱の稀勢の里が妙義龍に寄り倒され、初日に続いて黒星を喫した。
初日からの2連敗は、大関時代の2015年春場所以来。
横綱昇進後、初めて連敗発進となった稀勢の里は支度部屋に戻って風呂場へ入るなり、言葉にならない叫び声をあげた。
妙義龍との対戦が2年ぶりなら、敗れたのは3年半ぶり。
支度部屋でだんまりを決め込む横綱の姿に悔しさがにじんだ。

■高安
ひやりとさせられながらも星を拾った。
かち上げで押し込めず、北勝富士のおっつけで左差しも封じられる苦しい流れ。
1勝3敗と分が悪かった難敵に背中も取られかけたが、向き直って相手が出てきたところではたいて難を逃れた。
上位陣でただ一人の連勝スタートも、内容が悪かったためか、支度部屋では険しい顔。報道陣の問い掛けにも応じなかった。

■貴景勝
2日連続で殊勲の星を挙げた。
初日の横綱・稀勢の里に続き、2日目は大関の豪栄道から白星。
両肘を絞って差し手を封じ、突き放した上でのいなしで勝負を決めた。
前日に続いて相手にまわしを取らせない取り口が光った22歳の成長株は「身長が174センチしかないし、工夫するしかない」。
横綱、大関の連破にも「あと全部負けたら終わり。集中していく」と笑顔も見せず、気持ちを引き締め直していた。

■妙義龍
横綱稀勢の里を寄り倒しで破り、自身33場所ぶり3度目の金星を挙げた。
左四つから右でおっつけ、素早く巻き替えてもろ差しになった。
「パッと右を差し替えられたのが良かった」。
じわりじわりと寄り、最後は横綱を寄り倒した。
左膝半月板損傷で、昨年の九州場所14日目から休場し、次場所は十両に陥落した。
「去年休場した場所で、まだ1年もたっていないけど、戻ってきて結びを取ることができてうれしい」と語る。

■朝乃山
2日目の12日、西前頭5枚目の朝乃山は輝との北陸対決を制し2連勝とした。
過去4戦全敗だった相手を初めて破った24歳の若武者は「あいくちは考えないようにしていた。指が上手に掛かってくれたので、思い切り投げるだけだった」と語った。

■阿武咲
碧山を押し出し、2連勝を飾った。
「よかったですね。1発1発が重い相手なので、そこを気をつけた」というが、立ち合いから一気に巨漢の相手の上体を起こし、突き押しをもらう間もなく勝負を決めた。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 2日目 朝情報!

■稀勢の里
小結貴景勝にはたき込まれて、いきなり土がついた。
初の一人横綱は、波乱の船出になってしまった。
突き押し合いに応じた稀勢の里が、貴景勝の左からのはたきこみでバランスを崩し、うつぶせで倒れ込んだ。
大歓声から悲鳴そして沈黙へ、一瞬で静まり返った土俵上でうつむくしかなかった。
相手得意の展開でも、どっしりした足腰でこらえて押し込んだ末、逆転を許した一番。
支度部屋に引き揚げ、攻めの手応えを問われると「そうっすね」と悔しさをにじませるようにポツリ。
その後は闘志を持て余すように目を見開き、無言を貫いた。

■豪栄道
北勝富士をさばき、白星発進。
左で張って相手の出足を止め、しつこい突き押しにも引かなかった。
右喉輪もよく伸びて、埼玉栄高の後輩に貫禄を見せた。
「我慢できたのがよかった。今日はいい具合に(相手が)見えていた」と胸を張った。
12勝の先場所は、結果的に初日の黒星が響きV逸。
それだけに「慢心せず、一番一番引き締めて取りたい。いい相撲で勝ちに結びつけたい」と、言い聞かせていた。

■栃ノ心
玉鷲に完敗。
頭からの低く鋭い当たりで起こされると、一気に土俵外へ追いやられた。
支度部屋に戻っても表情は険しいまま。「当たれなかった」と悔しさをにじませた。
初のかど番で、右足親指のけがも抱えながら9勝した先場所と比べれば重圧は少ない。
白鵬、鶴竜が休場しており、優勝の好機と言える場所で初日に痛い黒星を喫した。

■御嶽海
痛恨の黒星発進だ。
立ち合いで当たって左右の喉輪で押し込むまでは良かったが、あと一歩で栃煌山にいなされて前のめりになり、突き落とされた。
内容、星数次第では大関獲りの可能性もある今場所。
「まだ始まったばかり。一日一番、しっかりやっていくだけ」。
昇進の目安になる直近3場所計33勝には11勝が必要。
気持ちの切り替えが大事になる。

■貴景勝
貴乃花部屋の消滅に伴い千賀ノ浦部屋へ移籍した小結貴景勝が、一人横綱の稀勢の里をはたき込み、白星発進した。
支度部屋に戻っても収まらない荒い息、額や鼻ににじむ血が激闘を物語る。
貴景勝は稀勢の里に張られ、突かれても前に出続けた。
最後は左に回り込み、はたき込みで横綱を土俵に転がした。
「何も考えずに夢中でいった。あの状況で勝ち切れたのは良かった」と語る。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 初日 朝情報!

■稀勢の里
10日は福岡国際センターで土俵祭りが開催された。
一人横綱で本場所を迎える心境を問われた稀勢の里は「やることは変わらない。最後までしっかり務め切りたい」と柔和な表情で話した。

■御嶽海
10日、土俵祭りに参加し「始まってみないと分からないが自分の相撲を取るだけ」と淡々と語った。
横綱白鵬と鶴竜の2人が休場。
3横綱不在の中で初優勝した今年の名古屋場所と状況がかぶる。
「横綱がいなくても自分たちが盛り上げていきたい」と意気込んだ。
星次第では今場所での大関昇進の声も上がる。
「プレッシャーはいつも感じているが、前回よりは気持ちは楽。稽古してきたものを出せれば」と話した。

■貴景勝
10日午前、福岡国際センターで土俵祭りが開かれた。
22歳の小結貴景勝は元貴乃花親方の日本相撲協会退職に伴い、千賀ノ浦部屋へ移籍して初の本場所に臨む。
環境の変化を心配する声もあるが「場所が始まったら、やることは変わらない。新しい部屋で成績を残さないと始まらない。結果を残せば、そういう心配もなくなってくる」と新天地での再出発へ決意をにじませた。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 1日前 情報!

■稀勢の里
初の一人横綱として、稀勢の里が本番モードに突入した。
福岡県大野城市の田子ノ浦部屋での朝稽古に、今場所の取組で使う予定のなす紺色の締め込み姿で登場。
相撲こそ取らなかったが、約1時間をかけて、四股やすり足などで、じっくりならしていった。
8場所連続休場明けで進退を懸けた秋場所前は“本番仕様”を披露することがなかっただけに、若い衆の稽古を見守る笑顔と相まって余裕たっぷり。
結びの一番を担い続けることになる重圧は、感じさせなかった。

■栃ノ心
年間51勝で最多勝争いのトップに立つ栃ノ心は福岡・東区の春日野部屋で朝稽古。
終了後に食品メーカー「フジッコ」から、同社の商品で独特の粘りが特徴の「カスピ海ヨーグルト」にちなんだ『ねばり勝ち!』の文字が入った化粧まわしが贈呈された。
九州場所の11日目から披露する予定で「最後の5日間は大事だからね。粘りが大事」と感謝していた。

■御嶽海
昇進問題を預かる日本相撲協会審判部の阿武松部長は9日、関脇御嶽海の大関昇進について具体的な条件を示さず「高い次元の白星が求められる」と話した。
名古屋場所で13勝して初優勝。
秋場所で大関とりに挑んだが、9勝6敗で失敗した。
今場所で11勝すれば昇進の目安とされる直近3場所合計33勝に届くが、機運を再燃させるには成績や内容面のアピールが必要となりそうだ。

■魁聖
9日、大相撲九州場所を初日から休場する診断書を公表。
「左腓腹筋内側の肉離れで約2週間の安静加療を要する見込み」との内容だった。
場所前の稽古で左ふくらはぎを負傷した。
魁聖の休場は昨年の春場所以来2度目。
師匠の友綱親方は途中出場させる方針を示している。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 2日前 情報!

■白鵬
8日夜、福岡市中央区内のホテルで開催された、宮城野部屋九州後援会主催による部屋の激励会に、師匠の宮城野親方はじめ全力士ら部屋関係者ととも出席した。
既に「主役」の場所休場はニュースで午前中から伝えられており、出席した後援者らは「早く治して、また元気な姿をみたい」など励ましの声が飛んでいた。
後援会関係者、師匠らに続いて白鵬があいさつで登壇。
「このたび、九州場所を休むことになりました。夏からずっと膝の痛み、傷、違和感が残っていました。やっと四股を踏めるようになりましたが」と経緯などを説明。
今後に向けて「場所中も体を動かし、冬巡業も初日から出ます」と話した。
また、自分以外の出場する力士の奮闘を期待し、また後援者らへは力士への応援を求めていた。

■鶴竜
全休することが8日、決まった。
右足首に不安を抱えており福岡市内の病院で「右距踵関節損傷で約2週間の安静加療を要する見込み」と診断された。
師匠の井筒親方が明らかにした。

■稀勢の里
横綱白鵬、鶴竜が九州場所を全休することを受けて稀勢の里が初めて一人横綱になることが確定。
横綱ワースト記録の8場所連続休場から復帰し、秋場所で10勝を挙げて引退危機を乗り切った稀勢の里が、ひときわ大きな期待と注目を集めることになった。
稀勢の里はこの日、福岡市内での前夜祭に出席した。
九州場所の会場と同じ福岡国際センター。
約4200人のファンが詰めかけて本番さながらの熱気に包まれた中、横綱でただ一人、登場した稀勢の里は力強い土俵入りを披露した。
この日の朝に白鵬、午後には鶴竜の休場が決定。
初の一人横綱となっても、いつも通り淡々としていた。
「やるべきことを、しっかりやるだけだから」

カテゴリー: News

2018.11 本場所 3日前 情報!

■白鵬
出場可否の判断は8日に持ち越された。
福岡県篠栗町の所属部屋での朝稽古に姿を見せたが、四股やテッポウにとどめた。
師匠の宮城野親方は出場の可否について「明日、相談して決める」と話した。
白鵬は先月18日に右膝の骨片と右足首の遊離軟骨を除去する手術を受けて以降は相撲を取れておらず、休場の可能性が高まっている。

■稀勢の里
7日、福岡県大野城市の境川部屋に出稽古し、東前頭筆頭の妙義龍との三番稽古で13勝2敗と上々の仕上がりを見せた。
この日は7年前に急逝した先代師匠の鳴戸親方の命日。
そのことを問われると「はい」と神妙にうなずいた。
思いは心にとどめたものの、師が旅立った九州で完全復活を遂げる。
前日も出稽古で西前頭筆頭の北勝富士を圧倒し「優勝」を宣言。
本場所で当たる相手と連日、稽古を重ね「悪くない。力のある相手とやるようにしている」と力を込めた。
8場所連続休場から再起を期した先場所、10勝を挙げて再起。
故障に苦しんだ左腕にも力は戻っている。
「左?いいんじゃないですか」と自信があふれた。

■栃ノ心
7日、福岡県新宮町の出羽海部屋に出稽古し、関脇御嶽海との9番で7勝するなど計13番を取って11勝2敗。
「(九州場所へ)気持ち良くいきます」と手応え十分だった。
先場所前は「相撲にならなかった」と状態は良くなかったが、なんとか9勝を挙げてかど番を脱出。
窮地を乗り越え「あとは上に行くしかない」と気を引き締めた。

カテゴリー: News