2018.11 本場所 千秋楽 翌朝情報!

■高安
25日、福岡市博多区の福岡国際センターで行われ、土浦市出身の大関高安は関脇御嶽海に敗れて3敗目を喫し、初優勝を逃した。
結びの一番で御嶽海のすくい投げに屈した。
相手に押し込まれながらも耐えたが、右上手を取って前に出たところをすくわれた。
取組後の支度部屋で高安は、悔しさを押し殺すように無言を貫いたが、支援者らを前にした打ち上げでは「近い将来、優勝報告できるように頑張る」と来場所以降の活躍を誓った。

■御嶽海
初優勝を目指した大関高安の夢を打ち砕いた。
勝てば小結貴景勝との優勝決定戦に持ち込める高安を、すくい投げで破って7勝目。
すでに負け越しが決まっている中での一番だったが、意地を見せた。
長期戦を覚悟していた。
高安のかち上げに負けず、立ち合い左差しで土俵際まで後退させたが残られた。
それでも「すぐには決まらないと思っていたから焦らなかった」。
その後は互いにまわしをつかんで探り合い。
1分を過ぎたところで右を巻き替え、すくい投げで大関を転がした。
前日14日目に負け越しが決まったが、関脇在位の可能性も残した。
今年最後の一番を会心の相撲で飾り「良かったです。次につながる良い相撲だった」とうなずいた。

■貴景勝
25日、東小結の貴景勝が13勝2敗の成績で初優勝を果たした。
22歳3カ月での初制覇は、年6場所制となった一九五八年以降に初土俵を踏んだ力士で六番目の年少記録。
初土俵から所要二十六場所での賜杯獲得も、幕下付け出しを除けば年6場所制では曙に並んで4位のスピード記録となった。
貴景勝は9月の秋場所後に所属していた貴乃花部屋が消滅し、千賀ノ浦部屋に移籍して臨んだ九州場所での賜杯獲得となった。

■妙義龍
千代大龍を圧倒して勝ち越した。
2日目に稀勢の里を破って約5年ぶりの金星を獲得した場所を「本当に良かった。勝ったり負けたりだったけど、15日間のトータルだから」と振り返った。
来場所は19場所ぶりの三役復帰が確実。
この間、けがで十両落ちも経験した32歳は「今から強くなるわけじゃないから、この状態を維持できるようにしたい」と静かに意気込みを示した。

■松鳳山
昨年名古屋場所以来となる2桁白星を挙げた栃ノ心との一番は、立ち合いが3度目で成立。
怪力の大関から計3発のかちあげをもらい、ぱっくり切れた上唇からの流血が痛々しかったが、「勝利の勲章」と胸を張った。
最初は手つき不十分。
藤島審判長が手を挙げたのに気付かず、10秒ほど相撲を取って松鳳山が土俵下へ転がった。
行司待ったとなった後の3度目は、物言いが付いたものの、相手の右爪先が蛇の目をはいており、軍配通りに勝ち名乗り。
苦労して手にした白星に「うれしいが、頭がくらくらする」。

■阿武咲
敢闘賞をもぎ取った。
勝てば受賞が決まる一番は2戦負けなしと好相性の豊山。
立ち合いで低く当たって相手を起こすと、持ち味の突き押しで一気に土俵下まで運んだ。
今年初場所で右膝を痛め、十両陥落も味わった。
それだけに11勝での受賞に「素直にうれしい」と笑顔。
「膝の状態も良くなった。けがをしてから、ここまで前に出られることはなかった。自信になる」と話し、来年の飛躍を予感させた。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 千秋楽 朝情報!

■高安
千秋楽を前に、高安がようやく貴景勝を捕まえた。
敗れれば22歳で幕内最年少の貴景勝に初優勝を許す大一番で大関の意地を示した。
劣勢からの鬼気迫る逆転劇に、「紙一重だった。体がよく反応してくれた」と安堵(あんど)感をにじませた。

■栃ノ心
14日目、今場所1番の内容で、勝ち越しを決めた。
立ち合いですぐ左まわしをとり、関脇御嶽海を一気に押し込んで寄り切った。
「う~ん、いい立ち合いだったね。高かったけど、勝っても負けてもあれぐらい当たれたらいいよな」と喜んだ。

■貴景勝
勝てば初優勝の大一番に敗れた貴景勝は、ショックを隠せなかった。
支度部屋では沈んだ表情のまま。
高安を土俵際まで攻め込む場面もあっただけに「悲観する内容ではない。そう簡単にうまくいくとは最初から思っていなかった」と、気を取り直すように自分に言い聞かせた。

■錦木
錦木が自己最高位の東3枚目で勝ち越し、5連勝と弾みをつけて千秋楽へ。
高安とトップで並ぶ貴景勝との一番に向け、「すごく乗っている力士。対戦したいというのはあった」と不敵な笑みを浮かべた。
給金を直した相撲は宝富士に得意の左四つを許したものの、巻き替えると迷わずに寄った。
「あそこしかなかった。思い切って出ようと思った」と振り返り「自分でもびっくり」と喜んだ。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 14日目 朝情報!

■高安
1差で追う高安は自力優勝の可能性を残すためには落とせなかった。
その重圧を振り払うように攻め抜いて、大栄翔を退け「全開でいけた」と納得した。
相手の低い突きに、いなしやはたきで応戦。
機を見て前傾姿勢となって押し込み、最後は土俵下へ吹っ飛ばした。
14日目には貴景勝との直接対決を迎える。
八角理事長が「気迫があった。あすに向けて勢いがつく」とうなれば、阿武松審判部長は「きょうの高安を見て読みづらくなった。良い勝負になる」と期待した。

■貴景勝
13日目、平幕碧山を押し倒して12勝目を挙げ、1敗で単独首位を守った。
14日目の直接対決で貴景勝が高安に勝つと、千秋楽を待たずに初優勝が決まる。
激戦の末に元関脇の32歳、碧山を下し、初の賜杯に大きく近づいた。
それでも支度部屋に戻った貴景勝はいつもと同様、表情を変えることもなく、淡々とこの日の一番を振り返った。
「気持ちでいけた。パワーも経験も全て負けているので、気持ちでいこうと思った」

■魁聖
13日目、8敗目を喫した竜電戦で左ふくらはぎを再び負傷した。
取組後は自力で歩きながらも「前に出たときに左足が滑って、『パキッ』と音がした。めちゃくちゃ痛い」と話した。
14日目の出場については、当日朝の様子を見て判断する。
魁聖は場所前の稽古で左ふくらはぎを負傷。
2日目まで休場し、3日目から途中出場したが、3勝にとどまっている。

■琴奨菊
福岡県柳川市出身の琴奨菊が九州場所で3年ぶりに勝ち越した。
12歳下の阿武咲に土俵際まで押し込まれたが、外四つでがぶってきめ出した。
「状況状況で体も反応して、意識も反応できた」と納得の表情で振り返った。
連日大きな声援を受けての土俵。
「福岡ではいろいろなものを背負っている。ちょっとほっとしたね」と正直な胸の内を明かした。

■隠岐の海
13日目、松鳳山をすくい投げで破って10勝目を挙げ、少しではあるが優勝の可能性を残した。
「微妙ですね。やりにくい」と内容には不満げだったが、11勝を挙げた昨年九州場所以来の2桁勝利に「久しぶりでうれしい」と喜んだ。
7日目から7連勝の快進撃にも「たまたま勝っているだけ」と33歳の実力者は淡々とした様子。
残り2日間へ意気込みを聞かれると「目立たないように、こそこそいきます」と控えめに意欲をのぞかせた。

※里山
23日、里山浩作(尾上部屋)の引退と、年寄「佐ノ山」の襲名を発表した。
鹿児島県出身の里山は日大を経て、2004年春場所で初土俵。
07年夏場所に初入幕し、幕内在位は計6場所だった。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 13日目 朝情報!

■高安
大関同士の意地のぶつかり合いは、初優勝を狙う高安に軍配が上がった。
豪栄道の休場で、今場所唯一の大関戦。
不戦勝を除けば過去8勝8敗と互角の栃ノ心を「力を出し切って勝ちたかった」と、言葉通りに全力で土俵の外へ投げやった。
星一つの差で追う貴景勝とは直接対決を残しており、残り3日にして自力優勝もちらつき始めた。
だが、直近の2場所は14日目と千秋楽に連敗している。
「集中して、浮つかないようにしたい」と力を込めた。

■貴景勝
12日目、小結貴景勝は玉鷲を突き落とし、11勝1敗で単独首位を守った。
突き、押しで玉鷲の上体を起こし、左から一撃の突き落とし。
初優勝の重圧を感じさせず、1敗を守った。

■嘉風
12日目、阿炎の強烈な突きにも、押しにもひるむことなく、前に前にと出続けた。
最後は力強く押し出し、7勝目。
36歳の気迫あふれる戦いに、館内は大声援に包まれた。

■松鳳山
ご当所場所で2年ぶりに勝ち越した。
5連敗中と苦手にしていた千代大龍との一番は、互いに張り合う激しい相撲。
「(相手が)頭を上げてくれなかったから」と、ボクシングのアッパーのような張りも見舞って、最後は寄り切りで仕留めた。
10月の巡業中に祖父を亡くしたという。
自身を熱く応援してくれていただけに「今場所はどうしても勝ち越したかった。良かった」としみじみと話した。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 12日目 朝情報!

■豪栄道
12日目、日本相撲協会に休場を届け出た。
11日目に勝ち越しを決めて8勝3敗の成績だった。
12日目の対戦相手、御嶽海は不戦勝。
休場は、途中休場した今年夏場所以来で、通算8度目。

■高安
11日目、物言いの末、関脇逸ノ城をはたき込んで9勝目を挙げ、優勝戦線に踏みとどまった。
結びの一番が揺れて、壊れた。
自身初優勝を狙う高安の一番には物言いがつき、土俵そのものも崩落する異例の事態に館内が2度、沸いた。
高安の右足と逸ノ城の左足の踏み越しに物言いがついたが、ビデオ室の係には大関の師匠、田子ノ浦親方がいた。
「(高安の)足は残っていた。それにしても大きな逸ノ城を引き、はたく意味がよくわからない。でも、白星は大きい」。
反省が頭をよぎるのだろう。
高安は支度部屋では一度も口を開かず、無言で引き揚げた。

■栃ノ心
11日目、今年57勝目を挙げ、初めての年間最多勝を決めた。
53勝で追う高安が並ぶ可能性はある。
秋場所を終え、51勝でトップに並んでいた鶴竜は九州場所初日から休場している。
栃ノ心は初場所で14勝を挙げて初優勝を遂げ、13勝をマークした夏場所後に大関昇進。
新大関だった名古屋場所は右足親指のけがで途中休場していた。

■貴景勝
栃煌山に快勝。
三役で初の2桁勝利を挙げた。
しっかり当たると、差し身がいい相手を中に入れさせず、はたき込んで料理。
「余裕はないが、白星につながって良かった」と冷静に振り返った。
単独トップのまま11日目を終え、初賜杯への期待も高まる中、「意識する前に自分でやることがある。気持ちを切り替えて、あしたの準備をするだけ」。
一戦必勝の気持ちは初日からぶれない。

■碧山
3日目から9連勝。
豊山を突き放し、反撃に遭うと右から強烈な喉輪で応戦した。
最後は押し込んでからのはたき。
「体重が同じくらいなので立ち合いで負けないよう意識した。先に攻めていけた。稽古の成果が出ている」とうなずいた。
昨年の名古屋場所で白鵬と優勝争いをした。
再び大きなチャンスが訪れているが「それはまだ早いでしょ。一日一番」と冷静だった。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 11日目 朝情報!

■高安
10日目、千代大龍を右四つに組み止め、胸を合わせて寄り切った。
8勝目を挙げて勝ち越し。
貴景勝を1差で追う、2敗を守った。
立ち合い、千代大龍の激しいぶちかましに当たり負けせず「押し込まれないように踏み込もうと思った。落ち着いて前へ出られた」。
貴景勝とは直接対決を残しており、終盤戦へ向かう。
「一日、一日。前向きに、上向きに…」。
3横綱の休場で、大関の責任感を漂わす。

■御嶽海
10日目、平幕正代に押し出されて5勝5敗となり、場所後の大関昇進が事実上消滅した。
昇進の目安とされる直前3場所合計33勝に届かないことが決まった。
残り5日間を全勝しても合計32勝にとどまる。
昇進問題を預かる日本相撲協会審判部の阿武松部長は、高い次元の成績を求めていた。
昇進について明言を避けたが「最初から何勝というものもない。とにかく自分の相撲を取り戻してほしい」と話した。

■貴景勝
北勝富士を難なく押し出し、1敗を堅持した。
「1敗とか2敗とか関係ないんで。自分がどう戦っていくかだけ考えてました」と無心であることを強調したが、この9勝目は価値ある白星となった。
新入幕した2017年初場所から在位12場所目で幕内100勝目に「そうなの。頑張らないといけないと思います」。
疲れもたまる終盤戦「大丈夫です。全然。疲れるの当たり前なんで。あしたの準備をしっかりして備えたい。負けて後悔しない相撲を。それだけ考えたいと思います」と弱音は吐かない。

■大栄翔
持ち味を発揮し、給金を直した。
低い当たりで隆の勝を押し込み、土俵際のはたきにも構わず前進。
「白星が多いので気持ち的に楽に取れている。とりあえず一安心」と喜んだ。
10日目で勝ち越しを決めるのは、今年初場所に並び自己最速だが、その場所は9勝止まりだった。
それだけに終盤戦が重要。
「負けた次の一番はより気合を入れて連敗しなかったのが良かった」とここまでを振り返り、「一日一番、集中したい」と残り5日間を見据えた。

■碧山
10日目、初の8連勝を飾り、勝ち越しを決めた。
西前頭8枚目宝富士にまわしを与えず、小刻みな突き押しを約330発見舞って体を起こし、最後ははたき込んだ。
「押し切りたかった。相撲は良くないけど、押していたから(はたきが)効きましたね」。
7連勝は13年名古屋場所6日目からと、優勝次点だった17年名古屋場所初日からの2度あったが、自己記録を更新して2場所ぶりの勝ち越しを決めて表情は緩む。

■阿武咲
10日目、千代翔馬を出足で圧倒し、10日目で勝ち越しを決めた。
立ち合いで相手の得意の左を差されたが、「下手を殺せた」と右肘を絞り、まわしを遠ざけて前へ。
左を差して自慢の馬力で一気に出ると、相手の苦し紛れの投げに乗じて寄り切った。
得意の押し相撲に加え、四つに組んでも強さを発揮し、「落ち着いて対応できた。集中できている」と充実の表情だ。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 10日目 朝情報!

■高安
優勝争いに食らいついている。
平幕・嘉風を立ち合いから攻め、余裕を持ってはたき込み。
2敗を守った。
3横綱不在の中、看板力士として踏ん張り、悲願の初優勝を目指していく。
嫌な相手を危なげなく仕留めても、高安は満足していなかった。
支度部屋の風呂から上がっても、表情は険しいまま。
相撲内容については「前に出て勝ちたかった」と答えただけだった。

■御嶽海
竜電に寄り切られて4敗目。
大関獲りが出直しとなることが決定的となった。
数字上は残る6番を全勝すれば昇進の目安とされる直近3場所33勝に届くが、審判部の阿武松部長は「結論は言えないが、かなり厳しい」と見解を示した。

■貴景勝
栃ノ心を寄せつけず、一番乗りで勝ち越しを決めた。
鋭く踏み込み、出足を利かせて前進すると、相手にまわしを取らせず押し倒した。
横綱、大関戦は3戦全勝。
再び連勝街道に乗っても、「ここから負けたら8勝7敗。15日間の戦いというのは10日目から(が勝負)だと思う」と気を引き締めた。
支度部屋を引き揚げ外に出ると、2人の男性ファンが「貴景勝~、優勝~!」と絶叫した。
期待が高まっても、本人は極めて冷静で「15日間の勝負。9日目が終わった時点での成績は何一つ参考にならない。あてにならない。あとどう向き合うか」ときっぱり。
未体験ゾーンに突入しても浮足立つことはない。

■碧山
9日目、碧山が存在感を発揮している。
191センチ、197キロの巨体を生かし、明生を立ち合いから圧倒。力強く前進して押し倒し、2連敗後に白星を七つ並べた。
「足も動いていたし、相手も見えていた。落ち着いていた」と納得顔だった。
前日の九州場所8日目は、晩ご飯にもつ鍋を食べるのが恒例になっているという。
英気を養って2場所ぶりの勝ち越しへあと1勝とし「いつもより親方がもつを多く入れてくれたと思う。食べて元気がついた」と目尻を下げた。

■阿武咲
大奄美を押し出し、2敗を守った。
「しっかり立ち合いから足を運ぶことができました。思い通りの相撲が取れました」。
右膝後十字じん帯損傷で初場所を途中休場し翌場所も全休。
名古屋場所から幕内に復帰したが、先場所は4勝11敗と負け越していた。
「先場所は苦しかったのでその分、気持ちも体も充実している。攻めてしっかり前に出ることの大切さを身に染みて感じました」と振り返った。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 9日目 朝情報!

■高安
鬱憤を晴らすかのような豪快な押し出しだった。
正代を3秒ほどで退けた大関・高安。
前日は竜電に2分近い長い相撲の末に敗れただけに、「攻めないと相撲にならない」。
支度部屋で口調は淡々ながらも、言葉に強い意志がのぞいた。

■栃ノ心
竜電の初挑戦を退け、4日ぶりに白星を挙げた。
先に引いてしまい、右を深く差される苦しい展開。
左腕を引っ張り込んでしのぎ、相手が振りほどいてきたところで、うまく得意の右四つに。
最後は両まわしを引いての寄り切りで仕留めたが、「立ち合いで引いた。高くても前にいかないと」と反省した。
五分の星での折り返しに「落ち着いた」と一息つきつつ、後半戦に向け「まだまだですよ」と静かに闘志を燃やした。

■御嶽海
8日目、幕内最重量227キロの逸ノ城を圧倒し、関脇対決を制した。
呼吸が合わずに3度目で立ったが、低い姿勢で当たって懐に入り、自身より57キロも重い巨漢をもろハズで一気に押し出した。
序盤で3敗も、その後は3連勝で5勝目を挙げ、復調気配を見せている。
立ち合い不成立に反省しながらも「体の調子はいい。いつも通りしっかり取るだけ」。
混戦模様の場所で、名古屋場所の覇者が巻き返しを誓う。

■貴景勝
妙義龍を引き技で仕留めて1敗を堅持し、単独トップに立った。
仕切りの合間に土俵上で締め込みを締め直すハプニングがあった。
2回目の仕切り後に呼び出しから締め直してもらったが、「水にぬらして硬く締めてる」という締め込みに呼び出しも苦戦。
2人がかりで1分以上かけてなんとか締め直した。
長さ調整に失敗したといい、貴景勝は「全部おれが悪いです。ああいうことも15日間あったらある。
勉強になった。
あれで精神がぶれたらそこまでです」と反省しきりだった。


カテゴリー: News

2018.11 本場所 中日 朝情報!

■高安
7日目、竜電に寄り切られ、2敗目を喫した高安は支度部屋で厳しい表情を浮かべ、報道陣の質問にも無言を貫いた。
今場所は兄弟子の横綱稀勢の里が5日目から休場し、3横綱不在という異常事態。
大関として優勝争いを引っ張るどころか、後退してしまった。

■貴景勝
7日目、全勝で単独トップに立っていたが、関脇御嶽海にはたき込みで敗れて、今場所初黒星を喫した。
立ち合いから何度も突いて、いなしたが勝負を決められなかった。
それでも粘って突き続け、左に回り込もうとしたタイミングで、御嶽海に反応されてはたき込まれた。
両手を土俵につけて立ち上がる瞬間に、左手でまげを触った。
すると物言いが付いた。
御嶽海がまげをつかんだのではないかと物言いが付いたが、協議の結果、つかんでおらず軍配通りとなった。
今場所初黒星にも「早からずこういう日が来るとは思っていた。勝った時もそうだけど、終わったことなので明日に向かって準備したい」と淡々と話した。
折り返しの8日目に向けては「前半戦は何もなかったことにして、クリーンにしていくだけ。明日も一生懸命やれたらいいかな」と平常心を心がけた。

■竜電
7日目、28歳の竜電が高安を破り、大関戦初勝利。
右股関節の大けがで十両から序ノ口に転落する挫折を味わっており「やってきて良かった」。
苦労人の左目から涙が流れた。
右前まわしを引いて頭をつける。
大関に左で振られても、しがみつくようにして1メートル90の長身を折り曲げた。
愚直に寄り切って2分近い熱戦を制し、「余計なことをしないで前に前に、と思った」と喜びに浸った。

■嘉風
7日目、連日果敢な取り口で会場を沸かせている。
この日の相手は栃ノ心。
大関との対戦は今年1月の初場所6日目に豪栄道をはたき込みで破って以来で、燃えないわけがない。
立ち合いから鋭く当たり、頭をつけてじわじわと攻める。
最後は相手が強引に右小手投げにすくい投げを打ち返し、左手を土俵につかせた。
気迫あふれる勝利に場内は拍手喝采だ。
嘉風も「勝つためには弱い方がおじけづいていられない」と胸を張る。
これで4勝3敗と白星が1つ先行した。
8日目も豪栄道との大関戦。
この日の勢いをさらに加速させる。

カテゴリー: News

2018.11 本場所 7日目 朝情報!

■貴景勝
6日目、魁聖を突き落とし、初日から無傷の6連勝。
平幕栃煌山が敗れたため、単独首位に立った。
横綱が不在となった場所で、小結貴景勝がますます乗ってきた。
身長で20センチ高い1メートル95、体重では37キロ重い207キロの魁聖に頭から低く当たって喉輪で押し上げると、素早く左へ回り込んで突き落とした。
「差されたくなかったし、四つにもなりたくなかった。相手の形になると勝てないですから」
57キロも重い227キロの関脇逸ノ城を押し出した前日に続き、またも巨漢力士を問題にせず、無傷の6連勝だ。
それでも22歳の若武者は冷静だった。
栃煌山が敗れたことで単独首位に立ったことにも「相撲は6日で終わるわけではない。納得したら終わり。明日に集中するだけです」と浮かれた様子はなかった。

■錦木
6日目、初の上位戦を闘う28歳の錦木が全勝の栃煌山を破った。
もろ差しを許しながら、力強くきめ出し。
5日目に大関戦初勝利を挙げた豪栄道戦に続いて存在感を発揮し「良かったです。次は(全勝で単独首位の)貴景勝を止めますか」と黒縁眼鏡の奥の目を細めた。
大の芋焼酎好きで知られ、5日目の夜は当然のように祝杯を挙げた。
4連敗からの2連勝に気分も上々で「今日もいいお酒が飲めそう。まあ、勝っても負けてもお酒はいつも同じ味だけどね」と冗舌だった。

■嘉風
6日目、相手は今年3度対戦し、1勝2敗とやや苦手にしている輝。
しかし、この日の嘉風は勝利への執念が違った。
立ち合いで当たった後、体を起こされ、土俵際まで追い込まれた。
だが、ここで踏ん張り、右に回って体勢を入れ替えると頭をつけて逆襲。
最後は相手の右膝の裏を左手で取り、引きつけながら押し倒した。
決まり手は「渡し込み」。
「引かなかったのが良かった」と納得の表情で振り返る。

■松鳳山
6日目、長い相撲の末、琴奨菊とのご当所力士対決を制した。
互いに34歳のベテランの意地がぶつかった。
土俵際に追い込まれたが、左からすくいながら上手をひねって逆転した。
九州場所では0勝4敗だった相手から待望の初白星。
それでも「感慨よりもきつかった」と肩で息をした。

カテゴリー: News