輪島大士氏が死去!

大相撲史上ただ一人の学生出身横綱で幕内優勝14回を遂げた第54代横綱・輪島大士(ひろし)の輪島博(わじま・ひろし)さんが70歳で死去した。

13年12月には咽頭がんの手術を受け、発声が困難な状況に。

15年11月20日、北の湖前理事長が多臓器不全で62歳で死去した翌日には、発声不可能のため、文書でコメントを寄せ「俺はもう少し頑張る。(理事長には)よく頑張ったね、お疲れさまと言いたい」と弔いの言葉を贈っていた。