2018.09 本場所 千秋楽 朝 情報!

■白鵬
14日目、大関豪栄道を上手投げで下してただ一人14戦全勝とし、前人未到の幕内千勝を達成した。
5場所ぶり41度目の優勝も成し遂げ、大記録に花を添えた。
休場明けの今場所は勝負強さが光り、後続に3差をつけて千秋楽を待たずに賜杯獲得を決めた。

■稀勢の里
14日目8場所連続休場から復帰した稀勢の里は鶴竜を寄り切り。
昨年3月の春場所で横綱へ昇進して以来、初めて横綱対決を制して10勝目を挙げた。
進退をかける場所で白星を2桁へ乗せ、横綱として説得力を持つ数字を示したとみられる。

■栃ノ心
14日目で、大関かど番を脱出した。
左を深く差して阿炎をつかまえ、投げで裏返しに。
大きな8勝目を手にし、「今までの勝ち越しで一番うれしい」と素直な思いを口にした。
新大関だった先場所に痛めた右足親指は万全ではなく、「場所前の稽古で勝てなくて自信をなくしていた。プレッシャーは毎日あった」と明かした。
いつもの笑顔も取り戻し、「場所が終わったら巡業もあるので良い稽古をして自分の相撲に自信をつけたい」と精進を誓った。

■貴景勝
14日目、ベテラン妙義龍を下し、小結で初めて勝ち越し。
来場所で新関脇の可能性も出てきた。
張り手にも動じず、右に動いて引き落とし「大事な相撲だった。弱い自分が出てきそうになったが勝てて良かった」とほっとした様子だった。
新小結で挑んだことしの初場所は5勝10敗。
師匠の貴乃花親方は「技術的にはまだまだ」と評するが、今回の勝ち越しで成長を示したといえる。
千秋楽の朝乃山戦に向け「とにかく後悔なく場所を終わらせたい」と意気込んだ。


アニメ「火ノ丸相撲」スタートに向け、キャストたちのコメントがありました!
https://news.walkerplus.com/article/163204/こちらに載ってます。