2018.09 本場所 7日目 朝 情報!

■白鵬
白鵬が行司差し違えの際どい勝負をものにした。
正代を追い詰めながら捨て身の投げを食って土俵下へ転落。
軍配は正代に上がったが、「知らなかった。悪くてもう一丁かなと思った」。
負けた感じはなかったようだ。
しぶとく残った要因を「身に染みている相撲勘だと思う」と自己分析。
稀勢の里に土がついたが、決意を新たに「引っ張っていきたい」と話した。

■稀勢の里
6日目、初黒星を喫した。
初日からの連勝は5で止まり、土俵上に舞う座布団を見ながら口を一文字に結んだ。
支度部屋では「また、あしたはあしたで。やっていく」。一言だけ口にした。

■御嶽海
6日目、大関豪栄道に寄り切られて連勝が5で止まった。
支度部屋でグッと目を閉じて悔しさをかみしめた。
「大関相手なので集中できていたが、立ち合いも動きも駄目」。
相手に立ち合いで張られ前に出られると、両上手をがっちり取られて土俵の外へ運ばれた。
大関昇進の目安とされる11勝まで、あと6勝。
「また明日から」と気持ちを切り替えていた。

■千代大龍
6日目、連続休場から復帰し進退を懸ける横綱稀勢の里を押し出してやぶり、3個目の金星を挙げた。

■北勝富士
6日目、26歳の北勝富士が平幕でただ一人、全勝を守った。
栃煌山をしっかり押し込んでから、はたき込んだ。
「絶対に差させないようにと思った。がむしゃらですよ」と笑顔だ。
学生時代からしのぎを削った同学年の御嶽海が、大関昇進に挑戦していることが刺激になっているという。
東前頭9枚目の北勝富士は今場所、対戦圏外だが「御嶽海に当ててもらえるように、連勝を続けていきたい」と張り切っていた。