2018.07 本場所 11日目 朝 情報!

■御嶽海
輝を勢いよく寄り切り、初日からの10連勝で単独首位をキープした。
ただ一人1敗だった平幕朝乃山が敗れたため、後続とは2差がついた。

■琴奨菊
11日目の18日、休場した。
7敗目を喫した10日目の玉鷲戦で左肘を負傷していた。

■栃煌山
御嶽海を追い掛けなければいけない1、2敗勢に次々と土がつく中、栃煌山だけが2敗を死守した。
優勝争いへの関心をぎりぎりのところでつなぎ止め、「しっかりついていくしかない」と課せられた責任の重さを自覚する。