2018.07 本場所 10日目 朝 情報!

■両大関
カド番の両大関は危ない相撲ながらも白星を拾って優勝争いに踏みとどまった。
高安は左からおっつけられて後退したが差していた左腕を抜いて一回転すると勢い余った相手は土俵の外へ。
豪栄道は右四つから前に出るも勝負を決められない。
逆襲を受けて俵に詰まったが上手投げで逆転。

■御嶽海
大翔丸に寄り切りで勝った。
好調を維持し、初日から九連勝で引き続き幕内単独トップに立っている。
立ち合いを頭から強く当たった御嶽海は、左に体を開いて避けようとする大翔丸を逃さずもろ差しに。
素早く足を運んで体を寄せ、上体の起きた相手を寄り切る危なげない取り口で、力の差を見せつけた。

■朝乃山
会心の相撲で石浦を圧倒し1敗を守った。
3横綱、1大関が休場し平幕勢にもチャンスが広がる中で、V候補に名乗りを上げた。
自己最速、9日目の給金は通過点にすぎない。
朝乃山が石浦を問題にせず押し出した。
まわしにこだわらず前に出て、最後は右手一本で吹き飛ばした。
前日から「チャンスはものにしないと。優勝を狙います」と宣言。
優勝を意識しながらの完勝は成長の証だ。