2018.07 本場所 5日目 朝 情報!

■白鵬
4日目の11日から休場した。
日本相撲協会に「右膝蓋腱(しつがいけん)損傷、右脛骨(けいこつ)結節剥離骨折の疑いにより2週間の安静を要する」との診断書を提出した。
白鵬の休場は3月の春場所以来で通算9度目。
今場所は3日目まで3連勝していた。

■御嶽海
出足のいい相撲で全勝を守った。
立ち合いで下から低く当たって玉鷲の上体を起こすと、すかさず右を差し、回り込もうとする相手を力強く押し出した。
昨年春場所から9場所連続で三役を務めているが、2桁勝利には一度も届いていない。
今年の初場所では初日から7連勝するも8勝7敗で終わるという経験もしただけに、「いつも通りでしょう。前半は調子がいいから」と4連勝にも慎重な物言いだった。

■勢
鶴竜を一方的に押し出した勢の興奮が支度部屋に戻っても収まらない。
会心の一番で今場所の初日を出し、「しっかり踏み込んで頭から思い切っていけた。横綱相手にああいう相撲が取れたのは自信になる」と喜びを爆発させた。
場所直前にプロゴルファーの比嘉真美子との婚約を発表。
相撲界で金星は平幕が横綱から挙げる「白星」以外に、「美しい女性」をも意味する。
場所前に続き本場所でも金星を挙げ、「うれしいです」と照れ笑いを浮かべた。