2018.07 本場所 2日目 朝 情報!

■白鵬
玉鷲を退け、4場所ぶりの優勝へ好スタートを切った。
相手の突き放しに張り差しを阻まれながらも左四つに。
「見てしまった感じ」と、もろ差しを許して土俵際に追い込まれるピンチに陥ったが、すくい投げで逆転した。
冷や汗の勝利を「落ち着いて取れた感じじゃなかったかな。なんだかんだで初日ですよ」と振り返った。

■鶴竜
年6場所制になった1958年以降で8人目になる3連覇に向けて、白星でスタートした。
松鳳山を相手に「自分のタイミングで当たることを考えた」と語る。
松鳳山とは二所ノ関一門の連合稽古でも胸を合わせていた鶴竜は「体も自然と動いている」と納得した表情だった。

■豪栄道
先場所は途中休場して7回目のカド番で迎えた大関・豪栄道は初日から土が付いた。
立ち合いから押し込んだものの、差した左が浅く、正代に巻き替えられると、双差しを許して後退。
逆転を狙った右の上手投げも不発に終わり、背中を押されて土俵を出た。

■高安
昨年の九州場所以来、自身2度目のカド番を迎えた高安は、土俵際に追い込まれながらも、詰めに来た琴奨菊に対して足を浮かしてくるりと反転。
最大のピンチをしのいでの白星に「本来の相撲ではないが、気持ちは前向きになりました」と安どした。
先場所は場所前の稽古で左肩を負傷して全休。
調整を不安視する声もあったが「明日また堂々と」と前を向いた。

■栃ノ心
初めて聞く「大関、栃ノ心」の館内コールに「うれしい」と気持ちが燃えた。
踏み込み鋭く、左上手を素早く引けば無敵。
そのまま豪腕に力を込め、5秒2の速攻で寄り切った。
「落ち着いていたな。(重圧は)ないことないけど、相撲を取る時は忘れた。いい相撲が取れた」と、会心の大関1勝を振り返った。