2018.07 本場所 千秋楽翌日 朝 情報!

■御嶽海
悔しい初賜杯を大関獲りにぶつける。
14日目に初優勝を決めていた関脇・御嶽海は、平幕・豊山に掛け投げで敗れ、13勝2敗の成績で終えた。
初めての表彰式に喜びを感じながらも、千秋楽を白星で締められなかった悔しさも味わった。

八角理事長は秋場所が大関獲りの場所となる御嶽海の昇進の可能性について改めて言及した。

表彰式で初めて天皇賜杯を抱いた。
館内から浴びせられた大きな拍手。
「メチャクチャ重かった。こんなに声援を受けると思っていなかったので、メチャメチャうれしい」。
平成生まれの日本出身力士では、誰よりも早く、賜杯の重みを感じた。

■豊山
御嶽海を渾身の力で裏返した。
館内は優勝力士を倒した“番狂わせ”に大歓声。「最後まで出し切れたと思います」と顔を紅潮させた。
御嶽海に寄り立てられたが、土俵際でこらえて逆襲。左上手を取って投げの打ち合いに勝った。
自己最多の12勝。
初三賞となる敢闘賞も受賞した。
同期の朝乃山との同時受賞に「もっと上で(一緒に)やれると思う」と目を細めた。
これで時津風部屋で豊山を継承した力士は、大関になった初代から3代続けて三賞を獲得。
2代目も三役を経験しており、来場所で三役を狙える番付になる豊山にも期待が懸かる。

■貴景勝
10勝目を挙げ、来場所の再三役を濃厚にした。
「千秋楽なので、変な相撲を取ると(次場所までの)2カ月、悔いが残ってしまう。それだけは嫌だった」と2桁星は意識せず、高い集中力で今場所好調の朝乃山を圧倒した。
勝っても厳しい表情は変わらなかったが、兄弟子の十両・貴ノ岩が優勝したことについては「気になっていた。本当に良かった」と口元を緩めていた。

■阿武咲
再入幕場所を10勝目で締めくくった。
9勝同士の妙義龍を寄り切った。
「張り手を食らって、ちょっとイラッと…。ボーッとしたけど、このまま負けたら格好悪いと思った」と1度は土俵際に押し込まれたが、押し返した。
御嶽海が優勝し、豊山が12勝、朝乃山が11勝、貴景勝も10勝。
若手の活躍が目立った場所を振り返り「次の世代といわれる中で、自分が先頭を切って引っ張るつもりでいきたい。だからこそ誰よりも稽古しないとダメ。足りない点は明確に見えているので、それは強みと思っています」。
番付が上がる秋場所へ、早くも闘志を燃やしていた。

■朝乃山
22日、11勝4敗となり、新入幕だった昨年秋場所以来で2度目の敢闘賞を受賞した。
貴景勝に寄り切りで敗れた。
終盤まで優勝争いに踏みとどまり、11勝は幕内6場所目で自己最多となった。

カテゴリー: News

2018.07 本場所 千秋楽 朝 情報!

■御嶽海
14日目で平幕の栃煌山を寄り切って13勝目を挙げ、初の幕内優勝を決めた。
長野県出身力士の優勝は優勝制度が定められた1909(明治42)年以降で初めて。
3横綱と新大関が休場する事態となった中、小結から2場所ぶりに関脇に戻った御嶽海は初日から連勝街道を突っ走った。
相手の取り口を冷静に分析して前に出る自分の相撲を貫き、中日8日目に幕内で初のストレート勝ち越しを決めた。
10日目には10場所目を迎えた三役で初の2桁勝利を達成。
12日目に大関高安に敗れたものの、13日目には大関豪栄道を破って持ち直した。
3敗の平幕2人に追われた14日目の白星で、千秋楽を待たずに優勝が決まった。

日本相撲協会の八角理事長は御嶽海について、次の秋場所が初の大関とりになるとの見解を示した。
新大関となれば、1795(寛政7)年に昇進した旧大石村出身の雷電以来となる。

■豊山
御嶽海が優勝を決めた一番を土俵下で見届けた後の結び。
鋭く当たってから、右をはずに掛けて一方的に押し出した。
場所前に胸を借りた大関に恩返しを果たし、「最高です」と充実感をにじませた。
終盤まで優勝争いに加わり、「きょうまでいい夢を見させてもらった」。
自己最多の11勝目を挙げ、千秋楽は御嶽海戦。
「これから先の相撲人生で大事な一番になる」と闘志を燃やした。

■朝乃山
遠藤に勝って幕内で自身初の11勝目を挙げた。
「人気力士を倒したかった。あと1番楽しくやるだけ。三賞が一つ欲しい。」と語る。

カテゴリー: News

2018.07 本場所 14日目 朝 情報!

■御嶽海
13日目で大関豪栄道を送り出しで破って12勝目(1敗死守)を挙げ、初優勝に王手をかけた。
21日の14日目で平幕の栃煌山に勝てば優勝が決まる。
負けても、3敗の平幕豊山と朝乃山がそろって敗れれば、御嶽海の優勝が決まる。
御嶽海が優勝すれば、優勝制度が定められた1909(明治42)年以降、長野県出身で初の優勝力士になる。
名古屋場所で御嶽海は初日から11連勝とし、12日目に大関高安に惜敗して初黒星を喫したが、連敗はしなかった。
大関昇進は三役3場所で33勝以上が目安とされ、先場所9勝の御嶽海は、優勝によって来場所で大関とりが懸かる可能性が高くなる。

■勢
千代の国の休場により、勢が不戦勝で勝ち越した。
場所前にプロゴルファー、比嘉真美子との婚約が公になったばかり。
思わぬ形とはいえ、秋に予定している結婚へ弾みもついた。
「7勝までしていたわけですから。運も実力のうちと言いますし」と語る。

■豊山
栃煌山を賜杯争いから引きずり下ろした。
左はず押しと右喉輪で実力者を一気に土俵下へ追いやった。
「一日一番、勝っても負けても(気持ちが)変わらない。それが白星につながっている」と自己分析した。
14日目は結びで高安戦。
出番前に御嶽海が2敗に後退すれば、逆転優勝に望みをつなぐ一番となるが「失うものは全くない。思い切っていくだけ」と無心を強調した。

■朝乃山
20日、10勝目を挙げ、優勝の可能性を残した。
立ち遅れて妙義龍に押し込まれたが、回り込みながら懐の深さを生かして左上手を取り、最後は寄り切った。
「土俵際で体が動いたので残れた」と朝乃山。
14日目は遠藤と対戦する。
トップを走る御嶽海とは2差があるため、優勝争いの重圧は感じていないようで、「明日は人気力士を倒して、僕が人気力士になりたい」と口も滑らかだった。

カテゴリー: News

2018.07 本場所 13日目 朝 情報!

■高安
式守勘太夫の軍配は御嶽海に上がるが、勝負審判から物言いがつき、協議した結果議、審判長の阿武松親方が「高安の指が残っており、行司軍配差し違え」とアナウンスすると、大歓声が上がった。
押し出されたかに見えた高安は、俵にかかった右足一本で残り、起死回生の突き落としを見舞っていた。
「気持ちですね」高安の一言に、大一番が凝縮されていた。
高安は勝ち越しを決め、カド番を脱出した。

■千代の国
玉鷲戦で左肘付近を負傷した。
取組後、13日目の出場の見通しについては語らなかった。
玉鷲が右小手投げを放った際に痛めたとみられ、左肘を押さえながら土俵に転がった。
支度部屋では患部を氷で冷やし「(状態は)分からない。ボキボキ、バキバキという音がした」と険しい表情だった。

■3敗力士
栃煌山は実力者の妙義龍の圧力に屈し、「やることをやれていない。立ち合いがふわっとして硬かった」と伏し目がちに話した。
朝乃山は左からおっつけて出たが、魁聖のすくい投げで体勢を入れ替えられて逆転負けを喫し、「急ぎ過ぎた。ああいうところがまだまだ」と意気消沈。
結びで御嶽海に土がつき、2差で変わらなかったことを前向きに捉えられるか。

カテゴリー: News

2018.07 本場所 12日目 朝 情報!

■豪栄道
7度目のカド番を脱出した豪栄道の口から「ほっとした、というのはある」と本音が飛びだした。
横綱不在の場所で、大関として最低限のノルマを果たし胸をなで下ろした。
この日、土俵下で見ていた藤島審判長は「カド番のプレッシャーから脱出して、伸び伸び行けると思う」と期待を寄せた。

■御嶽海
Vへ無傷11連勝。
過去4戦全敗の魁聖に対し、当たりながら左に動いて左差し。
巻き替えられても前に出て、左手が万歳となりながら体を預けて押し出した。
「しっかり考えてやれたかなと思う。足はよく出ていた。(勝てたのは)大きい」。
これまで204キロの巨漢にまわしを与えて敗れてきたが、同じ轍(てつ)は踏まなかった。

■遠藤
出直しの場所で勝ち越した。
この日は馬力がある貴景勝のまわしが取れず、離れて見合う場面が何度もあった。
だが、最後は相手が出てきたところを、ひらりと体を開いての引きで土俵にはわせた。
「勝ち越しを前向きに考えて、明日を迎えられれば良いかな」。
昨年秋場所以来の2桁白星も見えてきた。

■栃煌山
千代大龍を押し出しで破り、2敗を守った。
過去2勝4敗と分が悪く、強烈な当たりに定評がある相手に当たり負けせず、引き技にもこらえ、白星をもぎ取った。
「ちょっとバタバタしました。もう少し膝を曲げて低くいきたかったけど、当たり負けしなかった。(相撲は)よくなっている」と初Vへ闘志。

■北勝富士
今年4場所目で初の勝ち越しを決めた。
妙義龍を突き落としで破った。
「けががあって、いろいろ悔しい思いをしてきたけど、ようやく“北勝富士らしい相撲”をとれるようになってきました」。
素直な喜びを口にした。

カテゴリー: News

2018.07 本場所 11日目 朝 情報!

■御嶽海
輝を勢いよく寄り切り、初日からの10連勝で単独首位をキープした。
ただ一人1敗だった平幕朝乃山が敗れたため、後続とは2差がついた。

■琴奨菊
11日目の18日、休場した。
7敗目を喫した10日目の玉鷲戦で左肘を負傷していた。

■栃煌山
御嶽海を追い掛けなければいけない1、2敗勢に次々と土がつく中、栃煌山だけが2敗を死守した。
優勝争いへの関心をぎりぎりのところでつなぎ止め、「しっかりついていくしかない」と課せられた責任の重さを自覚する。

カテゴリー: News

お詫び

9日目成績照会では大変ご迷惑をお掛けいたしました。

現在、改善出来ていないサービスは下記の通りです。
・キャンペーン商品購入版の会員専用室内、速報印刷で9日目が表示されない場合がある状態
・集計版の簡易成績照会が表示されない状態

大変ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳御座いませんが、もうしばらくお待ち頂きます様お願い申し上げます。

2018.07 本場所 10日目 朝 情報!

■両大関
カド番の両大関は危ない相撲ながらも白星を拾って優勝争いに踏みとどまった。
高安は左からおっつけられて後退したが差していた左腕を抜いて一回転すると勢い余った相手は土俵の外へ。
豪栄道は右四つから前に出るも勝負を決められない。
逆襲を受けて俵に詰まったが上手投げで逆転。

■御嶽海
大翔丸に寄り切りで勝った。
好調を維持し、初日から九連勝で引き続き幕内単独トップに立っている。
立ち合いを頭から強く当たった御嶽海は、左に体を開いて避けようとする大翔丸を逃さずもろ差しに。
素早く足を運んで体を寄せ、上体の起きた相手を寄り切る危なげない取り口で、力の差を見せつけた。

■朝乃山
会心の相撲で石浦を圧倒し1敗を守った。
3横綱、1大関が休場し平幕勢にもチャンスが広がる中で、V候補に名乗りを上げた。
自己最速、9日目の給金は通過点にすぎない。
朝乃山が石浦を問題にせず押し出した。
まわしにこだわらず前に出て、最後は右手一本で吹き飛ばした。
前日から「チャンスはものにしないと。優勝を狙います」と宣言。
優勝を意識しながらの完勝は成長の証だ。

カテゴリー: News