2018.05 本場所 13日目朝情報!

■鶴竜
自分の相撲を取り切って優勝争いに踏みとどまった。
頭で当たってから攻め続け、右前ミツを切られても構わず出て押し出した。
「相手にまわしを取らせず、自分で動いて攻めようと思った。体もよく動いていた」と納得の内容だった。

■栃ノ心
優勝争いの先頭を走る関脇栃ノ心が力の入った相撲で横綱白鵬を寄り切り、土つかずの12連勝。
過去の対戦で全敗だった横綱を26度目の挑戦で初めて破り、場所後の大関昇進に限りなく近づいた。
「がっちり(上手を)つかんだから大丈夫。力しかないんで。横綱に勝って一番うれしい。いい1勝ですね」

■正代
うまく下から攻め、うるさい松鳳山を中に入れさせずに快勝。
4日ぶりに白星を挙げ、13日目は勝ち越しを懸けて無敗で単独トップの栃ノ心に挑む。