2018.05 本場所 6日目朝情報!

■栃ノ心
大関昇進を狙う栃ノ心が観客をうならせる力強さを見せ、無傷で序盤戦を終えた。
体重204キロの魁聖に頭をつけて両まわしをがっちり取ると、引き付けながらじりじりと寄り立て何もさせなかった。
「動き、良いんじゃないですか」と語る顔は、自信に満ちあふれていた。

■遠藤
つぶれて乱れきった遠藤のまげが激闘を物語っていた。
度重なるけがを克服して初の三役に昇進した小結が、17場所ぶりに関脇に返り咲いた逸ノ城を大熱戦の末に破った。
八角理事長が「うまく取った」と評した一番に拍手は鳴りやまなかった。

■旭大星
新入幕の旭大星が返り入幕の佐田の海を引き落としで破り、4勝目を挙げた。
立ち合いから佐田の海に突っ張り続け、土俵際を回りながらこれをかわしていくと、最後は突っ込んでくる佐田の海を引き落とした。
花道を引き揚げてきた旭大星は「回り込めてよかった」と、ほっと一息。
序盤5日間で4勝も「体は動いているんですけど、攻める相撲が少ないことがここからの課題です」と言い残し支度部屋へ帰っていった。

■安美錦
昭和以降では最年長となる39歳で再入幕を果たした安美錦が、ベテラン対決を制して初白星を挙げた。
1歳下の豪風がつっかけた後の立ち合い。
「思い切って何でもやろう」と開き直り、当たると同時に手を首の後ろに掛けて手前に引き落とした。