2018.05 本場所 4日目朝情報!

■白鵬
圧巻の強さを見せつけた。
立ち合いで一気に押し込み、松鳳山にいなされても反応良く押し出した。
1秒6で仕留め「体が動いている」と納得の表情。

■栃ノ心
「ライバル」と認める玉鷲に快勝した。
強烈な突きに一歩も引かず、攻め込みながらのはたき込み。
「下がらなかった。よく攻めましたね」と自画自賛した。

■逸ノ城
関脇に返り咲いた逸ノ城が命拾いした。
大栄翔との一番は「取り直しかと思った」と振り返った物言いがつく勝負。
我慢し切れず、相手の頭が下がったところでまともに引いて、ずるずる後退させられたが、左足が土俵の外に出るより大栄翔の手がつくのが早く、軍配通りとなった。
3連勝の好スタートにも「悪い癖が出ている。繰り返さないように、あしたこそ前にいく」と反省しきりだった。

■遠藤
成長を印象付ける一番で満員の館内を沸かせた。
豪栄道を終始攻め続けての快勝。
連勝で白星も先行させ、「気持ちよかった」。短い言葉にも実感がこもった。
前傾姿勢を崩さず、圧力をかけ続けた。
たまらずはたいて回り込む相手に、しっかり足を運んで逃がさないように対応。
最後はのぞいた右で間髪入れずに肩透かし。
場所前に連日胸を借りた大関に最高の形で恩返しを果たした。

■御嶽海
初顔の阿炎を圧倒。
突いてからのいなしが武器の新鋭を正面に置いて攻め続け、豪快に押し倒した。
「相手が逃げているのが見えている。体は良いと思う」と自信たっぷりに話した。