2018.05 本場所 千秋楽翌日朝 情報!

■鶴竜
自身初の連覇を成し遂げた。
昨年名古屋場所以来、5場所ぶりの横綱同士の対戦で、白鵬を外四つから寄り切り。
14勝1敗で2場所連続5度目の優勝を飾った。
モンゴルからは両親がサプライズで来日。
妻と2人の子供とともに喜びを分かち合った。

■栃ノ心
栃ノ心らしい相撲だった。
勢と右四つで胸を合わせ、左上手を引きつけての寄り。
大関昇進の目安、3場所計33勝を大きく上回る37勝は、3代目若乃花らに並ぶ史上最多。
結びで白鵬が鶴竜に敗れたため優勝決定戦は実現しなかったが、最後まで盛り上げた。
「ドキドキしながら(結びを)見ていましたね」。
13日目の正代戦で右手首を痛め、病院で検査すると、以前に骨折した痕が2カ所も見つかった。
「いつやったのかな。気づかなかった」。
前夜はジョージア風の鍋などを作り「料理はリフレッシュできる」。
気持ちを切り替えて千秋楽に臨み、笑顔が戻った。

■松鳳山
鶴竜に土をつけた一番を評価され、初の殊勲賞を手にした。
受賞の条件は自身が勝ち越し、鶴竜が優勝することだった。
速攻で宝富士を下して給金を直した後、結びで鶴竜が勝ったのを見届けると、「ドキドキして吐きそうだった」と言って胸をなで下ろした。

■千代の国
12勝3敗の成績を残し、自身初の敢闘賞を受賞した。
今場所は初日から白星を重ね、九日目で勝ち越しを決めていた。
この日の取組は輝を突き落としで破り、白星の数を幕内で自己最高の12に伸ばして三賞受賞に自ら花を添えた。
受賞インタビューでは「(12勝は)自分でもびっくりするくらい、いい成績なのでうれしい。今場所はしっかり当たって先手を取って動けていたし、落ち着いて相撲が取れていた。また、稽古を頑張って、万全の状態で来場所に挑みたい」と語った。

■旭大星
北海道出身として26年ぶりの新入幕だった旭大星は、素早い動きで千代丸を圧倒し、晴れて敢闘賞を受賞した。
勝てば三賞をもらえることを取組前に知っていたというが、硬くならなかった。
「負けても9番だから。気持ちいい」と自然と笑みが広がった。
かつては「相撲王国」と呼ばれた故郷の期待を背負い、連日生きのいい取組を続けた。
6月9日には芳恵夫人との挙式披露宴を控え、土俵外でも充実の日々。
「(敢闘賞の賞金は)披露宴に回す。こんなに勝てるとは思っていなかったのでうれしい」と上機嫌だった。

※阿武咲
十両は元小結の阿武咲が11勝3敗で並んだ剣翔をはたき込んで優勝した。
右膝の負傷の影響もあり十両に落ちていたが、2場所ぶりの幕内復帰が確実。

※照ノ富士
元大関で東十両8枚目の照ノ富士は、今場所を9敗6休で終えた。
来場所の幕下転落は確実だが「誰もやめるとは言ってないよ」と現役続行に意欲を示した。
再起を期し、当面は故障を抱える左膝や内臓疾患などの治療に専念する。
大関経験者の幕下転落は、昭和以降初めてとなる。
師匠の伊勢ケ浜親方は「若い(26歳)から下に落ちたからといってやめさせるとかじゃない」と説明した。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 千秋楽朝情報!

■鶴竜
綱の意地をみせた。
大関昇進を確実にし、2度目の優勝も現実味を帯びていた栃ノ心の挑戦を退け、単独トップに立った。
自身初の連覇へ大きく前進し、「そういう気持ちは抑えて集中していきたい」と静かに闘志を燃やした。

■栃ノ心
鶴竜の投げに屈すると、土俵を右の拳で一度たたき、悔しさからか、しばらく動けなかった。
千秋楽に向けて「思い切り行く」と気合を入れ直す。
阿武松審判部長は、連敗にも「評価は変わらない」と述べ、場所後の大関昇進が確実な状況は変わらないとの考えだ。

■逸ノ城
白鵬を破って給金を直した。
立ち合いですぐに左上手を取り、右をのぞかせて前へ。
「先に先にと思って出た」。
225キロの巨体で圧力を十分に伝え、最後は強引な下手投げにも乗じて横綱を投げ捨てるようにして仕留めた。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 14日目情報!

■鶴竜
1敗を守り、栃ノ心に並んだ。
立ち合い鋭く右を差し、一気の寄り。
幕内最重量225キロの逸ノ城に粘られはしたが、最後は落ち着いて腰を落とし、寄り切った。
14日目は栃ノ心との一番。
優勝と横綱のプライドをかけた戦いを前に「いつも通り集中してやるだけ」と静かに語った。

■栃ノ心
大関昇進と優勝へ、初日から破竹の12連勝中だった関脇栃ノ心が、ついに止まった。
3月の春場所で右肩を痛めた上に敗れた、因縁の前頭正代に再び黒星を喫した。
立ち合いから攻めながらも、土俵際の引き落としで逆転された。
前日12日目に横綱白鵬を破った勢いを持続できなかった。
それでも今日14日目は、1敗で並んだ横綱鶴竜と対戦。
勝って2度目の優勝に王手をかけ、勢いを再加速させるつもりだ。

■御嶽海
2場所ぶりに給金を直した。
左を差して琴奨菊の出足を止め、右も入れてもろ差しに。
小手に振られて一瞬体が離れたものの、すぐにまたもろ差しとなって元大関を寄り切った。
昨年春場所から三役を守り続け、大関候補と期待されながら、三役での最高は9勝どまり。
8勝目は通過点か、と問われると「ここからですね」と答えた。

■千代の国
佐田の海を寄り切りで下し、幕内で自己最高の10勝目を挙げた。
十三日目の取組を終えた時点で、3敗は平幕で千代の国だけ。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 13日目朝情報!

■鶴竜
自分の相撲を取り切って優勝争いに踏みとどまった。
頭で当たってから攻め続け、右前ミツを切られても構わず出て押し出した。
「相手にまわしを取らせず、自分で動いて攻めようと思った。体もよく動いていた」と納得の内容だった。

■栃ノ心
優勝争いの先頭を走る関脇栃ノ心が力の入った相撲で横綱白鵬を寄り切り、土つかずの12連勝。
過去の対戦で全敗だった横綱を26度目の挑戦で初めて破り、場所後の大関昇進に限りなく近づいた。
「がっちり(上手を)つかんだから大丈夫。力しかないんで。横綱に勝って一番うれしい。いい1勝ですね」

■正代
うまく下から攻め、うるさい松鳳山を中に入れさせずに快勝。
4日ぶりに白星を挙げ、13日目は勝ち越しを懸けて無敗で単独トップの栃ノ心に挑む。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 12日目朝情報!

■鶴竜
劣勢をはねのけて優勝争いに踏みとどまった。
小結・御嶽海の逆襲に俵に足がかかったが、右に回り込みながらはたき込み。
1敗を死守し、優勝の翌場所では初めて2桁勝利に乗せた。

■白鵬
正代を寄り切って1敗を死守した。
当たった瞬間に目を痛め、患部を手で押さえながら勝ち名乗りを受けたが、表情には充実感が漂った。
「ま、いい相撲だったけど(当たる)角度が悪かった。肩にどーんと目ん玉が当たっちゃって、最初見えなかった。温かいものも流れていたし、破裂したのかと思った。だんだん見えてきてよかった」
12日目の結びの一番では両者の直接対決が実現。
白鵬が勝てば1敗で並び、逆転のV41が現実味を増してくる。

■栃ノ心
琴奨菊を力強い上手投げで転がし11連勝。単独トップのまま、12日目の結びで、1差の白鵬との対戦が組まれた。
08年九州場所での初顔以来、25戦全敗という天敵中の天敵。
大関昇進は濃厚で、重圧からは解放された。
苦い過去を払しょくするには最高のタイミング。
「気合入ります。やってやろうという気持ち」。
白鵬の休場などもあり、対戦は昨年7月の名古屋場所が最後。
優勝を占う大一番で、成長した姿を見せるチャンスだ。
八角理事長も「(白鵬が)上手をとられたら簡単にはいかない」と栃ノ心にもチャンスありとみる。

■旭大星
十両の臥牙丸を豪快な下手投げで破り、勝ち越しを決めた。
旭大星は北海道旭川市出身。
北海道出身力士の新入幕での勝ち越しは、91年名古屋場所の大翔鳳以来27年ぶりとなった。
取組直後にはNHKのインタビュールームへ。
息を弾ませながら勝ち越しインタビューを受け「うれしいですね。心地いいですね」と振り返った。
高校までは柔道で汗を流し、道大会で優勝した経験もある。
体を開いて巨漢の臥牙丸を土俵に転がし「柔道の体落としみたいなものですね」と笑った。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 11日目朝情報!

■鶴竜
1敗を守った鶴竜はまるで敗者だった。
圧力のある琴奨菊に対して選択したのは、立って右に飛ぶ注文相撲。
はたき込んで白星こそ手にしたものの、支度部屋に戻ると「絶対にやらないと思っていたんだけど、これだったら負けた方がよかった」と反省の言葉ばかりが口をついた。

■白鵬
この日から再出場した遠藤を下して1敗を守った。
立ち合いで一気に土俵際まで追い込んだ際にいなされたが、左に逃げる遠藤をさらに追いかけ、中に潜ってきたところをいなして送り出した。
「いなされて離れた分、間をとりながらね」と余裕があった。
1差で関脇栃ノ心を追う展開に「今まで通りついていくだけです」と淡々と話した。

■栃ノ心
念願の大関へ、迫力と説得力を前面に押し出す完勝だった。
かち上げを持ち味とする千代大龍の立ち合いを、貫禄たっぷりに受け止めた。
外四つから、自身より21キロ重い190キロの相手を2度つり上げ、問題にせず寄り切り。
土つかずで10勝目をガッチリつかんだ。
立ち止まる気配は全くない。
支度部屋では「まだまだ、明日(11日目)からが大事でしょ? もっと頑張らないと」と先を見た。

■遠藤
右上腕二頭筋遠位部断裂で7日目から休場していた新小結が再出場で奮闘した。
「遠藤コール」が湧き起こる中、結びで白鵬と対戦。一気に押し込まれたが回り込み、懐に入ろうと試みた。
最後は送り出しで敗れたが、サポーターを巻いた右腕を気にするそぶりもなく取り切った。
「(声援に)応えられれば良かったが、勝負なんで。再出場でも変わらず応援していただけるのはうれしい。明日以降の励みにもなる」。
4日ぶりの土俵でファンに感謝していた。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 10日目朝情報!

■栃ノ心
危なげなく大栄翔を退けた。
負けなしの9連勝に「気持ちいいね。疲れてないよ」と笑顔を見せた。
大関昇進の目安とされる3場所計33勝にも到達。
それでも平成以降に誕生した大関は、全て昇進を決めた場所で10勝以上を挙げている。
今日の10日目は師匠、春日野親方の誕生日。
栃ノ心は「目標は2桁。あと1勝やな。勝たないと」と力を込めた。

■阿炎
204キロの魁聖を破り、4勝5敗とした。
立ち合いから225キロに次いで幕内2番目に重い相手を押し込むと、相手が押し返してきたところで引き落とした。
6日目に横綱白鵬から金星を挙げ、7日目に大関豪栄道を破ったものの、前日の中日は琴奨菊にいいところなく敗れていただけに「昨日は考えすぎちゃったから、今日は考えないようにした。(自分は)考えて相撲を取る人じゃないから」と、相手の動きをよく見て繰り出した、タイミングの良い引き技を振り返った。

■千代の国
平幕でただ一人、1敗を守る千代の国の勢いが止まらない。
2日目に黒星を喫したものの、豪風を下しての7連勝で自己最速となる9日目での勝ち越し。
4場所ぶりに給金を直し、「自分でもびっくり」と端正なマスクをほころばせた。

■安美錦
史上最高齢の39歳6カ月で再入幕を果たしたが、阿武咲に負けて負け越しが決まった。
正面からぶつかるも耐えきれず、引いてしまい押し出された。
負傷している膝の影響からか、今場所は思うような相撲が全く取れていない。
それでも「しっかり当たってどんどん押していこうと思った」と言い訳はしない。
両膝のテーピングの量が、負傷具合を物語っているが「やめることは簡単なこと。いつでもやめられる。しっかり向き合って今できることをやる。まだまだできることがあるから頑張ります」と、これからも土俵に上がり続ける。

※遠藤
10日目の22日から再出場することになった。
結びで白鵬と対戦する。
6日目の御嶽海戦で右腕を負傷。
「右上腕二頭筋遠位部断裂」との診断書を提出し休場していた。
師匠の追手風親方は21日、「20日の夕方に稽古をして、今朝(出場を)決めた」とコメント。
痛みや違和感は残るが、遠藤自身の希望もあり、手術をせずに再出場することが決まった。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 9日目朝情報!

■豪栄道
夏場所9日目の21日から休場することが決まった。
師匠の境川親方が明らかにした。
豪栄道は8日目まで3勝5敗で、再出場して勝ち越さなければ名古屋場所は7度目の大関かど番となる。
9日目の対戦相手、逸ノ城は不戦勝。

■栃ノ心
大関昇進を目指す栃ノ心は逸ノ城との関脇同士の対戦を力強く寄り切り、8戦全勝で勝ち越しを決めた。
力と力の激突を楽しむように、栃ノ心が攻めまくった。
右四つがっぷりから逸ノ城につられても、まったく動じない。
右下手からの投げで揺さぶり、もろ差しに持ち込んで危なげなく寄り切り。
48秒に及んだ濃厚な真っ向勝負を制し、無傷で勝ち越しを決めた。
「勝ち越しが目標じゃないからね。これからが大事」。
自身初のストレート給金も、まだまだ通過点。
そう言い切るだけの充実感を支度部屋で漂わせた。

■千代の国
平幕でただ一人1敗を守る。
「意識は特に変わらない。一番一番、しっかり集中できている」と実感を込めて。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 中日朝情報!

■栃ノ心
不戦勝で7連勝。
自身もけがで苦しんだ時期があるだけに遠藤を気遣いつつも「大きいよね」。
大関昇進が懸かる場所での1勝の重みをかみしめた。
支度部屋では普段通り入念に四股を踏むなどして汗を流し「気持ち的にね。やることを変えたくなかった」と緊張感を保った。
ストレート給金を懸けた8日目の逸ノ城戦へ「ここ3日は元気がなさそうだけど重いから」と気を引き締めていた。

■大翔丸
1敗を守った。
立ち合いで貴景勝の圧力に負け、いったん後退したが、土俵際で踏ん張った。
そこから逆襲に転じ、右からの強烈な突きで一気に形勢を逆転。
吹っ飛んだ相手を押し出した。4連勝で区切りの幕内100勝目を挙げた。

■阿炎
豪栄道を破って、上位陣を連破。
もろ手で大関の出足を止めると、すかさず思い切りの良いはたきを決めた。
「相手が当たってくるのを感じた。落ち着いていた」。
6日目に白鵬を押し出して金星を挙げたのに続いて、土俵を沸かせた。

※遠藤
ようやくつかんだ新三役の場所で、昨年の名古屋場所以来、5度目の休場となった。
7日目の19日に「右上腕二頭筋遠位部断裂で今後約3週間の加療を要する見込み。治療方針決定後に治療期間が変更になる可能性あり」との診断書を相撲協会に提出。
師匠の追手風親方は「この部分を完全に断裂しているのは3%くらいらしい」と、極めて珍しい部位の負傷であることを明かした。

カテゴリー: News

2018.05 本場所 7日目朝情報!

■白鵬
自身19個目の金星を配給した。
初顔合わせの前頭2枚目・阿炎を相手に、立ち合いの喉輪でのけ反るとそのまま後退。
一方的に敗れて初黒星がついた。

■栃ノ心
大関とりの栃ノ心は初顔合わせの豊山に土俵際まで押されたが、振り払うような突き落としで白星を拾った。
ヒヤヒヤの内容で初日から6連勝を決め、開口一番「焦った~」。
白鵬、正代が敗れて単独トップに立ったが、その質問には左手を左右に振って無言。
平常心をアピールした。

■遠藤
7日目の19日、日本相撲協会に休場を届け出た。
新三役となった今場所、6日目までで3勝3敗だった。

■阿炎
自慢の長い手を伸ばす突き押しにスピード。
すべての武器を生かし、白鵬にぶつかっていった。
立ち合いで鋭く踏み込むと、左上手でまわしを許す前にもろ手突き。
頭もつけて突進を緩めず、横綱に何もさせずに押し出し、初金星をもぎ取った。

■旭大星
2日目から5連勝。
関脇経験もある碧山の突き押しを受けて後退したが、右へ左へと回り込んで圧力をかわし、右上手に手が掛かると勝機を逃さずに出た。
「あれだけ逃げ回って勝てた。調子が悪いと押し出されている。体がよく動いている」と振り返った。

カテゴリー: News