2018.03 9日目 朝情報!

■鶴竜
先場所で痛めた右手薬指に不安を残しながらも無敗で折り返した。
「慌てないことだけを意識してやりました。いろいろとやってくる相手だから」。
松鳳山がつっかけ、立ち合いは2度目で成立。
動き回る相手を冷静に突き押しで攻め、最後はタイミングよくはたいた。

■魁聖
隠岐の海を下して無傷の8連勝を飾り、横綱・鶴竜と堂々の首位並走。
友綱親方(元関脇・旭天鵬)との師弟平幕Vの夢が膨らんできた。
久々の中日勝ち越しがかかった一番に「メッチャ緊張した。力出ないと思った。こんなの、久しぶり」。
それでも205キロまで増えた体重をフルに生かし、好調な相手も寄せ付けなかった。

■大奄美
幕内3場所目で快進撃。
幕尻で千秋楽にやっと勝ち越した先場所とは違い、前半戦を1敗で折り返した。
好調の要因は「分からない」と言うが、過去2戦2敗だった錦木を183キロの体で力強く寄り切り、連勝を6に伸ばした。
9日目の相手は、先場所敗れた朝乃山。
「年下には負けたくない」と意地を見せながらも、「あと1回勝てば勝ち越しなので気が楽。あと一番でいい」と控えめだった。