2018.03 中日 朝情報!

■鶴竜
薄氷の勝利だった。
土俵際。鶴竜は貴景勝を押し出す際に左足の親指が土俵を出たかで物言いがつき、長い協議が続いたが、行司軍配通りで7連勝とした。
「(土俵の)中の砂をはじいているだけで。確かに俵の上には(左足が)乗りました。(相手を)よくみてね。落ち着いていたのがいい」

■魁聖
約200キロの巨体を生かし、輝を押し込みながら土俵際で前に落ちた。
「落ちたときは負けたと思った」と敗戦を覚悟したが、輝の足が一瞬早く土俵の外に。
土つかずの7連勝とし「明日勝ち越しを決めたい」と笑みが絶えなかった。
初日からの7連勝は、新入幕だった平成23年5月の技量審査場所で9連勝して以来。
勢いに乗っているときは全てがうまく回っていく。
際どい一番でも白星をもぎ取り「ラッキーがあるね」と声がはずむ。

■大翔丸・大奄美
追手風部屋勢がともに5連勝で6勝目を挙げ、1敗を守った。
相乗効果はあるようで、大翔丸が「刺激になる」と言えば、大奄美は「先輩も勝っているので勝たないと」と話した。
大阪出身の大翔丸は出足を利かせた攻めで蒼国来を押し出す快勝。
「地元なのでいい成績を残したい」と意欲的だった。
大奄美は千代の国の激しい突っ張りをしのぎ、豪快な上手投げを決めて「(突っ張りの)痛みに耐えました」。
気温の変化による体調を報道陣から心配されると「大丈夫。冬でも裸で寝ているから」と冗談交じりに笑い飛ばした。