2018.03 7日目 朝情報!

■鶴竜
鋭い勝負勘を見せた。
琴奨菊が左四つで一気に出てきたところで、見透かしたように体を開いて突き落とし。
無傷でまた一つ白星を重ね、「しっかり集中できている。うまく回り込めた」とうなずいた。
順調な白星街道に「これを続けていきたい」。
先場所で痛めた右手薬指も「大丈夫」と、心配はなさそうだ。

■逸ノ城
215キロの逸ノ城は、197キロの千代大龍との“400キロ超対決”で快勝した。
相手の突き放しに下がることなく、前に出ながらもろ差しでつかまえ、難なく寄り切った。
「いい相撲でした。前に前にいけた」。
過去3度の対戦では1勝だったが「(苦手意識とか)そういうのはない」と自信を持って臨んだ。
16場所ぶりの三役復帰で好調をキープ。
その巨体は日に日に存在感を増してきている。

■魁聖
大栄翔を押し出し、6連勝とした。
初日からの6連勝は新入幕だった2011年5月の技量審査場所以来。
「どうしたんだろう」とご機嫌そのものだが、土俵での快進撃の裏で、故郷ブラジルでは経験しなかった日本ならではの春の悩みと闘っている。