2018.03 3日目 朝情報!

■鶴竜
先場所敗れた遠藤を下し、2連勝とした。
右前まわしが取れず、突き、押しに後退したが慌てない。
回り込み、2度目のはたきで難敵を退けて「しっかりと相撲を取ろうと思ったから、体が動いた」と涼しい顔だった。
右手の薬指など指3本に痛みを抱え「自分との闘い。自分に勝ちたい」と言い切る。
横綱昇進からちょうど4年の春。最高位の責任感で土俵を引き締める。

■高安
逸ノ城に簡単にはたき込まれ、2連敗を喫した。
初日からの連敗は、2016年春場所以来、12場所ぶり。
首をかしげて引き揚げると、支度部屋では悔しそうな表情を浮かべ、質問に答えなかった。

■豪栄道
荒鷲に完勝し初日を出した。
立ち合いで右を差すと、鋭い出足で反撃を許さず寄り立てた。
2横綱不在の場所、優勝を期待するご当所の声援もひときわ大きいが、「何年やっても初日が出るとほっとする」と大きく一息。

■栃ノ心
玉鷲にはたき込まれ、1勝1敗となった。
「立ち合いは良かったけど、体が反ってしまった」。
場所5日前に痛めた左脚外側付け根をガードするためか、左太ももに前日はなかったテーピングをした。
「切り替えて頑張らないと」と話した。

■逸ノ城
2場所連続で高安を破った逸ノ城は「体重もあって動きもそんなに悪くない」と状態がいいという。
ただ「内容が良くない。まだまだという感じ」と反省しきりで「前に出る相撲を目指していきたい」と語った。