2018.03 本場所 1日前情報!

■御嶽海
8場所目となった三役での初の2桁勝利を狙う。
先場所(1月の初場所)は初日から7連勝したものの、精神面にほころびが出て8勝7敗にとどまった。
今場所は同じ轍(てつ)を踏まないよう、稽古で積極的に体を追い込んできた。

■栃ノ心
大関昇進への足掛かりをつかもうと春場所に意欲を燃やしている。
初場所後は祝宴などさまざまな行事に参加し忙しい日々を過ごしたが、場所前の稽古(けいこ)ではようやく持ち前の力強い相撲が戻ってきた。
5日には、春日野部屋宿舎(大阪府交野市)に出稽古に来た大関・豪栄道と激しく手合わせし、ほぼ互角に渡り合った。
特に前半は速攻から得意の四つに組んで一気に寄り立てる力強さを見せ、「自分の相撲をしっかり取って、どこまでやれるか」と慢心はない。
豪栄道も「今の力なら(大関に)上がっても不思議じゃない」と警戒を強める。


貴乃花親方が内閣府に協会告発 立ち入り検査を要求
9日、部屋のホームページを更新し、代理人の弁護士を通じて、日本相撲協会を監督する内閣府の公益認定等委員会に告発したと発表した。
元横綱日馬富士関による暴行事件に関連して、1月に理事を解任されたことや、同事件への協会の対応について「重大な疑義が生じています」と訴えた。


9日、大阪市内で理事会を開き、道交法違反(無免許運転)で略式起訴されていた、エジプト出身の幕下大砂嵐に対し、引退勧告の処分を決めた。
理事会に呼ばれた大砂嵐は「今日、引退します」と、処分を受け入れる意向を示した。