6日目 朝情報!

■稀勢の里
6日目の19日から休場することが決まった。
師匠の田子ノ浦親方が同日、明らかにした。
3日連続で金星を与え、5日目まで1勝4敗と不振だった。
田子ノ浦親方によると、5日目の嘉風戦で、かつて痛めた左胸を負傷したという。
親方は「まずはけがを治して、一日も早く土俵に立てる体、状況をつくらないといけない。自信もつけ、心も鍛え直さないと」と述べた。

■御嶽海
無敗をキープした。
玉鷲との激しい押し合いも、タイミングよく両ハズを入れて押し出した。
初日からの連勝を自己最長の5に伸ばしたが、「しっかり前に出ることができた。自分の相撲ですね。一日一番、自分の相撲を取る。それだけです」と飄々(ひょうひょう)と語った。

■栃ノ心
豪栄道との力相撲を制した。
右四つに組んで差し手を返されたが、前に出ながら左上手を取った。
最後は胸を合わせ、まわしを強烈に引き付けての寄り。俵に足を掛けて懸命に耐える大関が力尽きるのを待つだけだった。
幕内では自身初となる初日からの5連勝。
「重かったし、疲れたけど、うれしいね」と語った。

カテゴリー: News

5日目 朝情報!

■白鵬
4日目、嘉風にはたき込まれ2勝2敗。
左足親指を負傷し、18日の5日目の出場は当日朝の様子を見て判断するという。

■稀勢の里
4日目、琴奨菊に突き落とされて、序盤戦で3敗目となった。
黒星は2つも先行、連日の金星配給となり、不安が不振へ。途中休場の危機に直面する。

■御嶽海
貴景勝を引き落としで退けた。
初日からの4連勝は幕内では初めての好発進だが、「しっかり相手を押し出したい。これでは満足できない」と反省が口をついた。

カテゴリー: News

4日目 朝情報!

■鶴竜
16日、初日から3連勝。
嘉風に当たって、下がらずよく見て突き落とした。
初日から安定した内容で3連勝。
「よく見て、反応できた。流れでパッとね」と口調は軽い。
場所前は“進退場所”との声もあったのがウソのように、横綱で勝ちっ放しは1人だけ。
験担ぎか?少し伸びたあごひげを指摘され「伸びるの早いから。もうそりますよ」と照れていた。

■北勝富士
16日、横綱白鵬を初めて破り4場所連続で金星を獲得した。
1999年夏場所の元関脇土佐ノ海以来、昭和以降では2人目の快挙。

■逸ノ城
16日、稀勢の里から2場所連続の金星を奪った。
頭からきた横綱に当たり負けず、右で差し手争いを制し、左上手でまわしも引いた。
「うれしいですね。ああなったら自信あります」。
先場所の金星は8日目だったが、決まり手は同じ寄り切り。
幕内最重量の215キロ。前日も白鵬が「重たい」とこぼした巨漢は「ま、体重はあります」。
存在感を増してきた。

カテゴリー: News

3日目 朝情報!

■稀勢の里
当たりの強い北勝富士を相手に、踏み込みよく頭から当たった。
左は差せなかったが、終始前へ前へと攻め込んで最後は左をねじ込んで寄り切った。
初日は敗れたものの、内容は悪くなかった。
左も使えるようになって、力強さが戻った。

■鶴竜
初日に稀勢の里を破った貴景勝を難なく押し出した。
低い重心から繰り出される相手の突き押しを、ものともしなかった。
左から張り手をかまして右を差しつつ、相手のお株を奪うような押し相撲だった。
「初心を思い出していかないと」。
初日の北勝富士戦の最後は引き技。
この日は前に出続ける相撲を徹底した。


15日、現役を引退した元幕内北太樹の小野川親方が、両国国技館で記者会見し「一番一番、真剣に全力で取り組んだ。悔いなく相撲が取れた」とすがすがしく、約20年間の力士人生を振り返った。
思い出の一番には先代師匠の北の湖親方が死去した2日後の、15年九州場所千秋楽の佐田の富士戦を挙げた。
白星で飾り「北の湖部屋最後の相撲。勝たないとと思い、すごく記憶に残っている」と感慨深げだった。
断髪式は5月の夏場所後に国技館で実施する方向。

カテゴリー: News

2日目 朝情報!

■稀勢の里
4場所連続休場からの再起を目指すが、いきなりつまずいた。
新小結の貴景勝を左おっつけから攻めたが、土俵際で逆転のとったりを決められ、出場した4場所連続で黒星発進となった。

■御嶽海
4場所連続で関脇を務める御嶽海は、西前頭2枚目の琴奨菊と対戦。
寄り切りで勝ち、新年最初の相撲を白星で飾った。

■貴景勝
横綱撃破という最高の結果で18年をスタートさせた。
行司差し違えで1度は軍配が相手に上がっただけに「ガムシャラにやった結果。たまたま逆転できただけ」と、最後は自然に体が動いたという。
稀勢の里からは、昨年11月の九州場所に続き2場所で白星を挙げた。

カテゴリー: News

初日 朝情報!

■白鵬
13日、土俵祭りを終え「いよいよ。今年1年もいろいろあると思うけれど」などと話した。
前人未到の幕内1000勝まであと30勝として新しい年を迎えた。
一方で横綱審議委員会から、張り手、かちあげが目立つ立ち合いに苦言を呈されている。
初日は阿武咲、2日目は逸ノ城が相手で「いつも通りやるだけです」と余裕を感じさせた。

■稀勢の里
初場所への意欲を問われ「頑張るだけですね。(状態は)いいんじゃないですか」と話した。
鶴竜と同じく4場所連続休場からの復活がかかる。
出場は11日まで状態を見て決断した。
「集中して相撲を取ることを意識して、一生懸命、しっかりやるだけです」といつも通りの言葉で、力みを感じさせなかった。

■鶴竜
土俵祭り後「ファンの人、支えてくれる人のために頑張ります」と4場所連続休場からの復活をあらためて誓った。
昨年名古屋場所で途中休場した際、師匠の井筒親方は「次に出る時は結果を出さないといけない」と進退問題に及ぶ可能性を口にした。
だが「そこまで意識せず、1日1日集中して」と自然体で臨む。

■御嶽海
「体調は悪くない」と新年から実戦的な稽古に積極的に励んできた。
初場所を終えると、後援会などが主催する関脇昇進の「祝賀会」が2月12日に松本市で開かれる。
「祝ってもらえる場を盛り上げる結果を残したい」と気を引き締めた。

■阿武咲
初日に横綱白鵬戦が組まれたことに「楽しみでしかないです。(初場所初日から)最高ですね」と喜びを隠せなかった。
張り手、かちあげなどの多用で横綱審議委員会から苦言を呈された白鵬の立ち合いにも注目が集まる。
「それは何も考えていません。自分は挑戦者ですからね」と全力でぶつかる覚悟を明かした。


13日、幕内経験者で西三段目31枚目の双大竜の現役引退を発表した。
福島県出身の双大竜は、東農大を経て2005年夏場所初土俵。
09年秋場所新十両。
幕内在位は前頭15枚目で新入幕を果たした13年春場所の1場所。

13日、元幕内で東幕下3枚目の北太樹の現役引退と年寄「小野川」襲名を理事会で承認したと発表した。
北太樹の小野川襲名に伴い、元幕内大道の小野川親方が年寄「音羽山」に名跡を変更した。

カテゴリー: News

お詫び

GET掲載コンピ君予想の8点力士に誤りがありました。
正しくは「豪風」です。
大変ご迷惑をお掛け致しまして誠に申し訳ございませんでした。
訂正しお詫び申し上げます。

本場所1日前情報!

■稀勢の里
12日、取組編成会議では2日目までの取組を決め、4場所連続休場からの再起を期す稀勢の里は初日に新小結の貴景勝、2日目に北勝富士との顔合わせとなった。
稀勢の里はこの日、田子ノ浦部屋には姿を現さなかった。
部屋付きの西岩親方によると休養に充てたもようだ。
ここまでは精力的に番数をこなし「しっかり戦える準備はできた」と場所前の調整に自信をのぞかせていた。


12日、十両・貴ノ岩はこの日までに初場所の休場届と「頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣(ほうそう)炎痕」との診断書を提出した。
摘要には「繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり」と添えられた。

※大相撲LIVE(Abema TV)
2018年1月からはAbemaTVで生放送が開始される様です。
興味のある方は見てみてください。
■大相撲LIVE 初場所(序ノ口~十両)【初日】
https://abema.tv/channels/world-sports/slots/8WFadN4vTcNCJb
■大相撲LIVE 初場所【初日】
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9UmUC9gjdwwGoh

カテゴリー: News

本場所2日前情報!

■白鵬
11日、友綱部屋に出稽古した。
初場所に向けて、魁聖、十両旭秀鵬、山口を相手に計13番取って全勝だった。
横綱審議委員会から取り口について苦言を呈されていたが、この日は立ち合いの張り手やかち上げはなかった。
「前に出るとやっぱり、次にチャンスにつながっていく。流れというかね」と、手応えを感じた様子だった。

■稀勢の里
11日、田子ノ浦部屋で初場所に向け「しっかり戦える準備はできた」と出場を明言した。
汚名をそそぐためにもやるしかない。
この日、出稽古は行わず、田子ノ浦部屋で四股にすり足、立ち合いの確認など軽めの調整をこなした。
そして稽古後。
「しっかり戦える準備はできた。あとは微調整して初日を迎えたい」と初場所の出場に踏み切ることを明言した。

■鶴竜
11日、初場所の出場を表明した。
結果次第で進退を問われる可能性もある中、約半年ぶりとなる本場所復帰に踏み切り、「一日一日集中してやるだけだと思う」と決意を語った。
昨年は足首に続いて腰も痛め、稽古を十分に積めない悪循環に陥った。
師匠の井筒親方が「稽古の貯金がなくなっている」と心配する状態だったが、今場所前は土俵で久々に元気な姿を見せた。


宮内庁長官は11日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が昨年まで3年連続で観戦されている大相撲初場所について、今年は取りやめとなった、と明らかにした。
昨年10月に日本相撲協会から招待を受け、検討していたが、元横綱・日馬富士による暴行事件などを受け、今週に入って協会から「昨今の情勢を踏まえて辞退したい」と申し入れがあった。

カテゴリー: News

本場所3日前情報!

■稀勢の里
八角部屋に出稽古し、昨年11月の九州場所で金星を配給した北勝富士と精力的に稽古をこなした。
相手の右おっつけに苦戦するなど12番で8勝4敗。
最初の5番は2勝3敗と劣勢だった。
昨年3月の春場所で左腕を痛めてから、左からの攻めが影を潜めているだけに不安が残る内容。
それでも「いい稽古になった。突き、押しの力士とやると体が動く。いい仕上がりになってきた」と前を向いた。

■鶴竜
初場所に出場することが11日、決まった。
本人が「場所は出ますから」と明らかにした。
4場所連続休場からの再起を期す。


新弟子検査が10日、両国国技館で行われ、史上2位の優勝32度を誇る元横綱・大鵬(故人)の孫、納谷幸之介ら受検した9人全員が身長1メートル67、体重67キロ以上の体格基準を満たした。
納谷は身長、体重とも9人の中で最も大きい1メートル88、166キロでパス。
内臓検査の結果に問題がなければ初場所初日に合格が発表され、3日目(16日)の前相撲でデビューする。

カテゴリー: News