14日目 朝情報!

■高安
立ち合いで荒鷲をはじき飛ばすと、二の矢、三の矢の突きを見舞って圧勝した。
「しっかり踏み込めた。理想の相撲」と満足そうに振り返った。
大関昇進後4場所目で初めて白星を2桁に乗せた。
これまでを「大関らしい相撲ができず、成績も伴わなかった」と反省しつつ、「残り2日もきょうみたいな相撲を取りたい」と気を引き締めた。

■御嶽海
2敗の鶴竜を押し出しで破り、勝ち越し。
印象度抜群の横綱斬りで2桁の勝ち星に望みをつなげ、来場所以降の大関とりに視界が広がってきた。

■栃ノ心
マジック「1」が点灯した。
逸ノ城との平幕対決を制して1敗を守った。
2敗だった鶴竜が御嶽海に敗れたため、14日目に松鳳山に勝てば初優勝が決まる。
平幕優勝となれば、12年夏場所の旭天鵬以来で、15日制では通算20人目。
平幕が14日目以前に優勝を決めれば、01年秋場所の琴光喜以来となる。