千秋楽翌日 朝情報!

■高安
8連勝で締めて、自己最多に並ぶ12勝目を挙げた。
左四つで前に出てくる御嶽海の攻めをこらえ、最後は右からの上手投げで転がした。
8日目からは相手をはじくような力強い立ち合いが光った。
「次こそ自分が優勝したいという気持ちを持って取り組みたい。ひたすら稽古(けいこ)するしかない」と決意を新たにした。

■栃ノ心
前日に初優勝を決めた栃ノ心が、遠藤を破って千秋楽を白星で締めた。
左上手を引けなくても、前に圧力をかけて攻めた。
力強く右からすくって相手の上手を切ると、勝機とみて押し出した。
「ここで負けたら気合が足りないとか言われる。勝ててよかった」と、一息ついた。
28日、三賞選考委員会で初の殊勲賞、2度目の技能賞に決まった。
三賞ダブル受賞は2015年秋場所で殊勲、技能賞の平幕嘉風以来。
前夜はジョージアに帰省中の夫人とテレビ電話で話し、喜びを分かち合った。泣いていた愛妻の姿を見て、幸せを感じたという。
幕内優勝力士に名を連ねたが、「これからも稽古を一生懸命し、親方の言うことを聞いて、来場所もいい相撲を取れるように頑張りたい」と気持ちを引き締め直した。

■照ノ富士
8敗7休で白星なしに終わった。
右の相四つの蒼国来を相手に簡単に寄り切られ、以前の力強さは全く見られなかった。
来場所は十両転落が決定的。
昭和以降で大関経験者が十両に落ちるのは大受、雅山、把瑠都に続いて4人目となる。
けがで幕下まで番付を下げながら、幕内優勝を果たした栃ノ心に共感する部分があるようで、「自分もそうやって次に向けて頑張るしかない」と前を向いた。

■阿炎
新入幕、東前頭14枚目で千秋楽に勝って白星を2桁に乗せ初の敢闘賞受賞。
千秋楽、松鳳山を押し出して三賞を引き寄せ「力が通じないわけじゃないと思えた」と手応えを口にした。

■竜電
新入幕、東前頭16枚目で10勝を挙げ初の敢闘賞受賞。
千秋楽、千代丸の引き技に落ち、「きょうの相撲は良くなかった」。
複雑な表情を浮かべながら、「まだまだ始まったばかり。これから番付を上げたい」と先を見据えた。


・新入幕の三賞受賞は昨年秋場所の朝乃山以来となる。

・大相撲初場所は千秋楽の28日も入場券が完売し、15日間満員札止めとなった。
昨年起こった元横綱日馬富士の傷害事件以降、不祥事が次々と明らかになっている中でも盛況だった。
取組への懸賞は当初2200本以上申し込まれていたが、白鵬と稀勢の里が休場した影響もあって1988本にとどまり、過去最多だった昨年夏場所の2153本には届かなかった。

カテゴリー: News

千秋楽 朝情報!

■栃ノ心 【初優勝
ジョージア出身力士として初の幕内優勝を果たした。
右膝のけがで幕内から一時、幕下まで落ちた苦労人は「人生でも忘れられない日になった」と喜んだ。
松鳳山を寄り切った瞬間は、部屋の教えを守り、顔に感情を表さなかった。
だが、テレビのインタビュー中に感極まって顔をぬぐった。「うれしい涙です」

平幕優勝は、1958年の年6場所制定着以降18例目。
平成以降では9例目。
30歳3カ月での初優勝は、年6場所制では7番目の年長。
新入幕から所要58場所は、2000年春場所の貴闘力に並ぶ4番目の遅さ。

■鶴竜
高安に押し出されて4連敗。
激しい動きの中で、最後は引いて相手を呼び込んでしまった。
4場所連続で休場した影響が終盤に出たようで「15日間取る難しさを感じた。精神面、体力面の両方で」と話した。

■豪栄道
14日目でようやく勝ち越した。
左を差して御嶽海を一気に寄り切った取り口には「立ち合いが良かった」と及第点だったが、成績については「全然、納得できない。星数が上がっていないから」と渋い表情だった。

カテゴリー: News

14日目 朝情報!

■高安
立ち合いで荒鷲をはじき飛ばすと、二の矢、三の矢の突きを見舞って圧勝した。
「しっかり踏み込めた。理想の相撲」と満足そうに振り返った。
大関昇進後4場所目で初めて白星を2桁に乗せた。
これまでを「大関らしい相撲ができず、成績も伴わなかった」と反省しつつ、「残り2日もきょうみたいな相撲を取りたい」と気を引き締めた。

■御嶽海
2敗の鶴竜を押し出しで破り、勝ち越し。
印象度抜群の横綱斬りで2桁の勝ち星に望みをつなげ、来場所以降の大関とりに視界が広がってきた。

■栃ノ心
マジック「1」が点灯した。
逸ノ城との平幕対決を制して1敗を守った。
2敗だった鶴竜が御嶽海に敗れたため、14日目に松鳳山に勝てば初優勝が決まる。
平幕優勝となれば、12年夏場所の旭天鵬以来で、15日制では通算20人目。
平幕が14日目以前に優勝を決めれば、01年秋場所の琴光喜以来となる。

カテゴリー: News

13日目 朝情報!

■逸ノ城
12日目、嘉風を豪快に押し倒し、7連勝で勝ち越しを決めた。
関取最重量215キロの体を存分に生かし、西前頭筆頭で勝ち越し、16場所ぶりの三役復帰が見えてきた。
「よかった。気持ちいい。しっかり動いている」とニッコリ。
体重については、「できればもう少し落としたい」と願望を口にした。
三役復帰へ「あと残りしっかりがんばる。そのために残り勝ちたい」と意気込んだ。

■栃ノ心
12日目、玉鷲を寄り切って1敗を守り、結びの一番で横綱鶴竜が遠藤に押し出されて2敗に後退したため、単独トップに立った。
所属する春日野部屋の不祥事が表面化するなか、初優勝に向けて前進した。
12日目終了時点で平幕が単独トップなのは平成16年夏場所の北勝力以来。

■照ノ富士
12日目、2型糖尿病のため3日目から休場し、前日に再出場した照ノ富士は5敗(7休)となり、来場所での十両転落が決定的となった。
大関経験者が十両に落ちれば昭和以降で大受、雅山、把瑠都に次いで4人目。
この日は大奄美に一方的に寄り切られ「芯から力が出ていない。千秋楽まで相撲を取って、もう一回体をゼロから鍛え直したい」と話した。

カテゴリー: News

12日目 朝情報!

■玉鷲
鶴竜に土をつける殊勲星。
持ち前の馬力十分の突き放しで前まわしを与えず、たまらず引いた横綱を押し出し、「自分も低くして中に入れさせないようにと思った」と喜んだ。
関脇に返り咲いて既に7敗を喫していたが、「優勝争いを面白くできてよかった。あしたも楽しみ」と不敵な笑み。

■栃ノ心
宝富士に土俵際まで追い詰められたが、起死回生の突き落としで10勝目を手にした。
物言いがつく辛勝に「あぶなかったねー」。
結びの一番で全勝の鶴竜が敗れたことで、1敗で首位に並んだ。
平成24年夏場所の旭天鵬以来、6年ぶりの平幕優勝も見えてきたが「まだまだ早いでしょ。やることをやって」と気を引き締め直した。

■栃煌山
12日目の25日、休場した。
11日目を終えて6勝5敗で、左肩付近の負傷とみられる。
休場は2014年名古屋場所以来4度目で、12日目の対戦相手、豊山は不戦勝。

■照ノ富士
石浦の注文相撲にはまって簡単に送り出された。「やっぱり体幹から力が出ていない」。
糖尿病の悪化に加え、インフルエンザも患った後だけに言葉にも元気がない。
東前頭10枚目で、白星もなく、幕内残留の道は険しいが「大関から落ちたら、どこまで番付が落ちても一緒。復活したくて感覚を取り戻したい気持ちで出ている」と胸中を明かした。

カテゴリー: News

11日目 朝情報!

■鶴竜
危なげなく隠岐の海を退けた。
すぐに右上手を取り、出し投げで崩し送り出し。
「いいところが取れた。体がよく反応した」と納得の内容だ。
初日からの10連勝は自身最高で16年九州場所以来3度目。
進退の懸かった場所で2桁に乗せても「安堵(あんど)とか、そういう気持ちを持たず、一日一日、また明日から」と慢心はない。

■栃ノ心
過去に29度対戦して5度しか勝てていない合口の悪さを一切感じさせなかった。
琴奨菊を右四つで捕まえると、両まわしを強烈に引きつけ、力強く寄り切った。
ただ1人の1敗を守り、鶴竜の背中を追う。
優勝争いについて問われると、本人は「どうですかね。今日終わったのでまた明日」と語った。
すでに横綱、大関戦は終えているだけに、藤島審判長は「栃ノ心次第でしょう。どこまでついていけるか」と後半戦を展望した。

■照ノ富士
3日目から休場していたが、11日目から再出場することが決まった。
当初「2型糖尿病」で休場し、その後、インフルエンザを発症していた。

■大栄翔
「しっかり突き放して前に出ようと思った」と言う通り、もろ手で栃煌山を起こして右、左とテンポ良い突き。
三役経験豊富な実力者に完勝した。
自己最速となる10日目での勝ち越しを決めても、「喜び過ぎてはいけない。これも勉強したことの一つ」と語る。

カテゴリー: News

10日目 朝情報!

■鶴竜
荒鷲を問題にしなかった。
頭で当たって左前まわしを引き、右を浅く取り直してから寄り切った。
初対戦だった1年前の初場所は立ち合いに厳しさを欠き、不覚を取っただけに「今回はそういうことがないように」と油断しなかった。

■栃ノ心
御嶽海との1敗対決を制し平幕勝ち越し一番乗りとなった。
右のかち上げから突っ張り、右四つに組み止めると164キロの相手を豪快につり出した。
「うれしい。よかったね」と素直に喜んだ。
全勝の鶴竜を1差で追うのは栃ノ心だけ。
横綱、大関との対戦を終え初優勝の期待が膨らむ。
八角理事長は「今日の立ち合いをしていれば最後までいけるんじゃないか。強いね」と称賛した。

■阿炎
9日目の22日、新入幕の阿炎が今場所2度目の3連勝で6勝目を挙げた。
この日は、同じ23歳の朝乃山を相手に、回転の良い突っ張りから引き落とした。
「窮屈になったけど落ち着いていてうまく決まった」と自画自賛した。

■安美錦
6日目から休場していた幕内最年長、39歳の安美錦が23日の10日目から再出場することになりました。
初場所5日目に、幕内出場回数で歴代4位の寺尾に並ぶ1378回目の出場となりましたが、この日の取組で右ひざをケガし、6日目から休場していました。
同じ日に、師匠の伊勢ヶ濱親方は「ひざの炎症がおさまれば出られる。本人も出たいと言っている」と話していました。

カテゴリー: News

9日目 朝情報!

■鶴竜
8日目、正代を上手出し投げで退け、初日からの8連勝で勝ち越しを決めた。
御嶽海が逸ノ城に寄り切られて初黒星を喫したため、鶴竜が単独トップに立った。

■栃ノ心
7勝1敗で中日を終えた。
前日7日目は全勝対決で横綱鶴竜に敗れたが、この日は嘉風を突き出し、連敗を阻止。
昨年11月8日に生まれた長女アナスタシアちゃんに会いたい。
場所後の2月、西アジアの故郷ジョージアに帰国したい。
師匠の春日野親方に許可をもらうべく、V戦線に残って好成績を残す。


十両8枚目の大砂嵐が、無免許運転で追突事故を起こした疑いが浮上したことを受け、9日目の22日から休場することになった。
大嶽親方は22日未明、東京都江東区の大嶽部屋で取材に応じ、事故を知ったのは21日夕にあった協会からの連絡だったことを明らかにした。
休場の理由については「これだけの問題を起こして協会、私に報告しなかったということで休場をお願いした」と説明した。

カテゴリー: News

中日 朝情報!

■鶴竜
心技体が充実してきた横綱に隙はなかった。
栃ノ心との全勝対決に快勝だ。
「油断はできないので気を引き締めて集中していった」
過去20勝1敗と合口の良い相手だったが、落ち着いた口調で最高位の風格を示した。

■豪栄道
埼玉栄高の後輩、貴景勝に貫禄を示した。
相手の突き、押しを低い姿勢でこらえ、慌てず左下手を引くと一気に前進して押し出した。
5勝目に「悪くはない。まだまだ負けてられない」と涼しい顔で話した。

■御嶽海
勢いが止まらない。
2横綱1大関を破った嘉風に付け入る隙を与えず、先手先手と攻めた末、引き落として無敗を守った。
関脇の初日からの7連勝は、昨年春場所で10連勝した高安以来。

カテゴリー: News

7日目 朝情報!

■鶴竜
一人横綱の重圧もなんの、腰の重い琴奨菊に苦しみながらも、初日からの白星を6つ重ねた。
相手得意の左四つ。
一枚まわしの右上手が命綱になった。
寄られても上手投げで回り込んで耐え、体を入れ替えて逆襲し寄り切った。

■御嶽海
2場所続けて敗れていた北勝富士をぐいぐいと押し出した。
右手で腹、次いで胸を押し上げ、左からは強烈なおっつけ。
相手の重心をうまく浮かせた攻めには手応えがあるようで、「基本ですからね」と納得の表情だった。
2横綱が休場し、2大関が2敗に後退する中で、関脇の存在をアピールする6連勝。
「まだまだこれから。一日一番、集中していきたい」と気合が入っている。

■嘉風
3日連続の殊勲星を挙げた。
左脇を締めて豪栄道に差させず、大関の足がそろったところでタイミング良くはたいた。
「狙っていたわけじゃなく、たまたま。反応が良かった」と振り返った。

カテゴリー: News