千秋楽 翌朝情報!

■日馬富士
11勝4敗で並んだ優勝決定戦で豪栄道を寄り切り、7場所ぶり9度目の優勝を果たした。
2度目の制覇に向けて首位だった豪栄道を本割で寄り切って追い付いた。
11勝で制するのは1996年九州場所の大関武蔵丸以来で、1場所15日制が定着した49年夏場所以降で3度目の最低成績。

■三賞受賞
殊勲賞は、1横綱1大関を破って9勝を挙げた貴景勝が獲得。
敢闘賞は、新入幕から3場所連続で2桁勝利を挙げた阿武咲が2度目、新入幕で10勝を挙げた朝乃山が初の獲得。
技能賞は、関脇で8勝を挙げた嘉風が4度目の獲得。

■御嶽海
嘉風にはたき込みで勝って8勝7敗とし、5場所連続の勝ち越しを決め、幕内通算100勝を達成。