千秋楽翌日朝!情報!

■白鵬
千秋楽に横綱日馬富士を寄り倒して14勝1敗とし、歴代最多勝利(通算1050勝)の大記録に花を添える、自身の持つ最多記録を更新する39度目の優勝を果たした。
2場所連続制覇で、40度の大台まで「あと1」に迫った。

■稀勢の里
白鵬との力相撲で屈し、1年ぶりの賜杯奪還を目指した場所を4敗で終えた。
連敗スタートとなったことで「先が見えず、いろいろと考えさせられた。気持ち的に疲れた」。
虚脱感がありありだった。
2横綱1大関が途中休場した中、千秋楽まで務めたが、「本当に一日一日、一生懸命だった。やれるだけやってみたいと。今は休みたい」と本音が漏れた。

■稀勢の里
田子ノ浦親方は23日、岐阜市で30日に始まる夏巡業に、稀勢の里が当面は参加しないことを明らかにした。
「本人とは話していないが、当面は。ただ場所に出るだけでなく、結果を出さないといけないので」と話した。

■高安
千秋楽、豪栄道との大関対決に勝ったものの、優勝を目標に掲げながら9勝止まり。
「勝っても内容は褒められたものではない。稽古が足りない」。
支度部屋では反省の弁を繰り返した。

■御嶽海
2場所連続で殊勲賞を獲得。
白鵬に土をつけただけでなく、初日には稀勢の里も破っており、「自信になる」と話した。

■碧山
千秋楽、自己最多の白星を13に伸ばし優勝決定戦進出へ望みをつないだ。
支度部屋へ戻ると、白鵬-日馬富士戦をテレビで見届けた。
白鵬が勝ったことで優勝決定戦は実現しなかった。
「残念。ここまで来たらもう一番相撲を取りたかった」とときおり笑みを浮かべながら振り返った。
東前頭8枚目で優勝争いに加わった事で、新入幕だった2011年九州場所以来2度目の敢闘賞を獲得。


名古屋場所の懸賞の総本数は1677本で同場所の最多となった。
過去の最多は15年の1509本だった。今年の春場所で記録した地方場所最多の1707本には及ばなかった。