7日目朝!情報!

■高安
1分半を超える我慢の相撲で、白星をもぎ取った。
栃ノ心に右前まわしを許し、頭もつけられると、半身で上体も起きた。
だが「左1本取っているから、焦ることはなかった。有利になるまで我慢しようと思った。自分がバタバタする必要はない」。
寄りをこらえ続け、強引な出し投げも踏ん張ると、左四つで胸が合った。最後は、相手の巻き替えに乗じて寄り切り。

■御嶽
嘉風に4度目の対戦で初めて勝った。
上手まわしを許して投げに揺さぶられたが、「相手がよく見えていた」。
慌てず振りほどくと左を差してつかまえ、右上手を引いて一気に寄り切った。

■宇良
幕下時代から一度も勝てなかった貴景勝に通算7度目の対戦で初勝利。
右に動いて低い突進をかわし、左腕を手繰るようにして引き落とした。

■碧山
貴ノ岩を退けて、自身初の初日から6連勝。
互いに右へ変わる立ち合いとなったが、慌てずに先手を取った。
「圧力をかけて、はたいたからね」。丸太のように太い腕で突っ張って、勢いよくはたき込んだ。