6日目朝!情報!

■稀勢の里
6日目の14日、日本相撲協会に「左足関節靱帯(じんたい)の損傷で約3週間の安静加療を要する」との診断書を提出して休場した。
稀勢の里の休場は3度目で、2場所連続の途中休場となった。
愛知県長久手市内の宿舎で対応した師匠の田子ノ浦親方は「(本人が)相撲が取れる状況ではないと。昨日も話したが、今日最終的に決めました。簡単な決断でなかったのは確か」と話した。
6日目に対戦が組まれていた琴奨菊は不戦勝。

■照ノ富士
6日目の14日、休場した。
夏場所後に左膝の遊離軟骨を除去する手術を受けており、5日目まで1勝4敗と不振だった。再出場しなければ、秋場所はかど番となる。
休場は昨年初場所以来2度目で、6日目に対戦が組まれていた正代は不戦勝。